シロギスの堤防&砂浜チョイ投げ釣りのおすすめ釣り竿、リール、仕掛けや選び方をご紹介!



初夏から秋にかけて砂地の浅場に寄ってくるシロギス。お手軽に釣れる美味しいターゲットとして人気ですが、そんな簡単な「チョイ投げ釣り」のタックルと仕掛けを丸ごとご紹介いたします!

シロギスのチョイ投げ釣りは海釣りの入門にも向いています

シロギス狙いのチョイ投げ釣りは道具はそれほどこだわらなくても楽しめます。30mも投げればじゅうぶんな釣り場も多いので、どこでも売っている海釣り用リール竿のセットでも釣れますし、軽量なライトタックル以外のルアー釣りの道具を流用することも可能です。ごく簡単な釣りなので、初心者にもおすすめです。

こちらでは、シロギスのチョイ投げ釣りにはどのようなタックルを揃えればいいのかという選び方と、少し本格的なおすすめの釣り道具をご紹介いたします。

シロギスのチョイ投げ釣り仕掛け図

シロギスのチョイ投げ釣りに向いている釣り竿

釣り竿の選び方

項目スペック
竿の種類スピニングリールがセットできるリール竿
竿の長さ1.8~3.6m程度
オモリ負荷5~20号程度
ルアーロッドだとエギングロッド

釣り竿はこだわらなければほとんどのリール竿を利用可能です。より適した道具で釣りを楽しみたいという方は、シロギスのチョイ投げ釣り仕掛けの重さに適合した「コンパクトロッド」がおすすめです。ルアーロッドだと「エギングロッド」が似た性格の竿になります。

釣り竿の形式は伸ばして使える「振り出し竿」、継いで使う「継ぎ竿」どちらでも構いません。海釣り道具売り場でコンパクトロッドの名称で売っている釣り竿は振り出し竿がほとんどです。

竿の長さは短いほうが取り扱いやすいですが、長いほうがより遠くに飛ばせます。キス釣り仕掛けはだいたい1mほどになるので、少なくとも1.8m程度はあると便利です。

小さいお子様は竿が長いと特に扱いづらくなります。

釣り竿の「オモリ負荷」とは、「号数」または「グラム」や「ポンド」で表示される仕掛けの重さに適合する強度を表しています。チョイ投げ釣りでは天ビンと呼ばれるオモリにアームが付いた仕掛けを使いますが、重さは5~20号程度になります。オモリ負荷が低いほうが小さな魚に対応した繊細な釣りが楽しめますが、重い仕掛けのほうが大型の魚に対応でき、より遠くに飛ばせます。竿によって対応負荷表示が異なるので、重さの換算はこちらを参照してみてください。

おすすめ釣り竿

チョイ投げ釣りはリールも釣り糸もひとまとめになった初心者向けセットが長さもオモリ負荷も適合していておすすめです。

初心者向けの釣り竿でも性能の良さや取り扱いやすさに長けたものが発売されています。



シロギスのチョイ投げ釣りに向いているリール

チョイ投げ釣りではリールの性能が釣果に大きく影響することはほとんどないといってよく、お手持ちのリールまたは手に入りやすいスピニングリールで問題ありません。他の釣りでも利用することを考えると、汎用性が高く使い心地の良いものを選択すればOKです。リールは大きさによって500番、1000番、2000番、2500番、3000番などと「番手」の数字があがりますが、他の釣りにも使える汎用性を考えれば2000番あたりがおすすめです。

シロギスのチョイ投げ釣りに使う仕掛け

チョイ投げ釣りには「天ビン」というアーム付きのオモリと、釣り針が2~3本程度ついた「投げ釣り仕掛け」を使います。天ビンは狙い方によって様々なタイプがありますが、まずは1尾釣ってみたい初心者の方であればどのようなものを使っても大きな差は出にくいです。

仕掛けについては針と糸を個別に購入することで自作もできますが、既製品を使うのがお手軽です。針数が多いほうが1度に多くのキスが釣れることがありますが、針数が少ないほうが扱いやすいです。釣り初心者には少ないほうがおすすめです。針の大きさは、「ピンギス」と呼ばれる初夏頃の10cmほどの小さいサイズが釣れるようであれば4~5号、夏以降の15cm以上であれば6~7号と大きめのものを使いましょう。

シロギスのチョイ投げ釣りに使う釣り糸

シロギスのチョイ投げ釣りに使う釣り糸は、ナイロン糸であれば太さ1.5~2.5号ほど、PEラインであれば0.6~1号ほどがおすすめです。難しいことを考えなければよほど太すぎなければ釣りは成立しますが、細いほうが空気抵抗が小さいため遠くに飛び、かつ水の抵抗が小さくなるので魚が食いついたアタリがわかりやすくなります。その代わり細いと切れやすくなります。

投釣りでは何m飛んだかを測るためにも、一定の長さごとに色が変わるタイプのPEラインを選択するのがおすすめです。長距離を飛ばすわけではないため、10mごとに色が変わるものを選ぶのがよいでしょう。

なお投釣りでは仕掛けを投げる際に強い力がかかるため、ライントラブルが発生しやすくなります。これを防ぐには「力糸(チカライト)」と呼ばれる太さが変わるテーパーラインを糸の先に結んで使います。近距離に軽く投げる程度のチョイ投げ釣りではそれほど必要性はないといえるでしょう。

糸の強度はこちらを参考にしてみてください。

初めての1尾にシロギス釣りはおすすめです!

他のシロギス釣りの情報はこちら!

ルアマガプラス