エリアトラウトロッドまず買うなら【ピーキーなハイエンドより汎用モデルを1本】

極めて繊細な魚のアタリ、そしてテクニックの違いで釣果に差がつくエリアトラウト。では難しいのかといえばさにあらず。どんなロッドを最初に買えば良いのか? その問いにズバっと回答してくれたのは、ヴァルケインの菊地さん。注目の新作ブレイクスルーゼロヴァージをもとに、どういう用途で選んでいけばいいのか実釣を交えて詳しく解説してくれた。様々な戦術の組み立てに向いたロッドを紹介していこう。

●文:ルアーマガジン・マス王編集部

エリアトラウトを知り尽くすエキスパートアングラー

菊地栄一(きくち・えいいち)

ヴァルケイン代表にしてルアー&ロッドのクリエイター。

数多くのこだわりアイテムを世に送り続け、多くのエリアアングラーから支持を受けるレジェンド。

[写真タップで拡大]

最初の1本は汎用性が高く扱いやすいものを重視!

エリアトラウトロッド、その最初の1本。このワクワクするような期待感に任せて、1点豪華主義のハイエンドモデルを…。そう考える人も少なくないはず。

菊地「いきなりハイエンドを買うのも良いんですが、どちらかというと用途が絞り込まれていてピーキーなものも多いと思います。そこで、最初の1本を買うならエントリーモデルから入るのをおすすめしています」

エントリーモデルが良い理由ってありますか?

菊地「たとえば、今回持ってきているブレイクスルーゼロヴァージはエントリーモデルなんですが、いろんなルアーや釣り方で使用できるように幅を持たせています。エントリーモデルはこういった汎用性の高いものが多いので、1本でいろいろやりたい! という初心者や中級者の方に扱いやすくなっているんです」

まずは1本!そんな方に最適なんですね。その中でもどの機種が良いってありますか?

菊地「まずは、ナイロンラインでスローな感じで幅広く釣りができる6ftほどのロッド。アクションはライトくらいのモデルが良いでしょうか」

まずはやはり汎用性の高いものが最適だという。では、次に買うべき1本とは? ここからは実釣を通じ、菊地流ロッドの選び方をじっくり解説していこう!

ヴァルケインの新作シリーズ「ブレイクスルーゼロヴァージ」8機種で実釣解説

[写真タップで拡大]

菊地さんが実釣で使用したのがこのブレイクスルーゼロヴァージ。ヴァルケインのロッドシリーズではエントリー用となっており、はじめてのロッドとして最適なモデルだ。

菊地「ダーインスレイヴといったハイエンドモデルを使う前にまず触れてもらいたい、初心者でも扱いやすいロッドになっています」

全モデルのテーパーを実際に曲げて解説

ヴァルケインのロッドは、GL(グランドライト)のように独自のテーパーデザインを採用。曲がり方の違いで使用感も大きく異なってくるので、各機種の曲がりをそれぞれ解説していく。

[写真タップで拡大]

はじめてのロッドは自分の基準それをベースに釣りの幅を広げよう

菊地さんは、はじめての人こそ自分の釣りの基準を持つのが大事だという。

菊地「ロッドもベースとなるものを、まず1本。それを基準にして、慣れていくことからはじめましょう」

今回紹介するエリアトラウトロッド

エリアトラウトロッド最初の1本買うなら?【スロー気味で巻きに特化した扱いやすい汎用モデル】

エリアトラウトロッド2本目買うなら?【よりマイクロルアーを扱えるor操作性に優れた硬めのロッド】

エリアトラウトロッド遠投するなら?【長めのロッドで中~大規模エリアで遠投できるモデル2選】

エリアトラウトロッド戦術の幅広げるなら【ソリッドティップの2本とモバイル性に優れたパックロッド】


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス