ビッグベイトの弱点を克服した「メリットだらけ」のビッグベイト!【バンタム アーマジョイント 190SF(シマノ)】

釣れたときの達成感が、一般的なバス用ルアーとはひと味もふた味も違う、アングラーによってはある種“麻薬的”な存在とも言えるビッグベイト。しかし、その取り扱いはけっこう難しく、大きなボディゆえの空気抵抗がアダとなって飛距離が出しにくい、または滑空中に回転してしまう…などなど、課題が多いルアーでもある。そんなビッグベイトならではの弱点を克服し、さらなる使いやすさ、さらなる釣りやすさを追求したのが、今回紹介する『バンタム アーマジョイント190SF フラッシュブースト』だ。

●文:ルアマガプラス編集部

バンタム アーマジョイント 190SF フラッシュブースト(シマノ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:190mm
  • 重量:53g
  • カラー:全5色
  • フックサイズ:フロント#1、リア#2
  • 本体価格:4,800円

ビッグベイトのデメリットを克服する新機構「アーマーブースト」搭載!

[写真タップで拡大]

重量があるだけに投げやすくて飛距離も出るだろうと思われがちだが、一般的なビッグベイトは最大の武器であるはずの“大きさ”が原因で、少なくともキャスト時には少々気を使うルアーであることは間違いない。しかし、このアーマジョイントに搭載されている新機構“アーマブースト”は、空中に放たれるとフレキシブルに可動するジョイント部分から完全に折り畳まれ、空気の抵抗を軽減すると同時にボディの回転を抑制。アーマジョイント非搭載のビッグベイトを比較して、約35%の飛距離アップを達成している。

[写真タップで拡大]

また、アーマジョイントは可動域が左右ともに180度以上あるので、スイミング時も一般的なビッグベイト以上にライブリーでスムーズなアクションを実現。マッディウォーターならバスから認識されやすくするためにスローな展開に持ち込める一方で、クリアウォーターならば見切られないための高速サーチと、緩急いずれもの攻めに対応できる。

[写真タップで拡大]

ボディタイプはスローフローティングで、潜行レンジは水面直下~約30cmと浅め。それだけに太陽光を受けやすく、反射光で広範囲にアピールするフラッシュブースト&スケールブーストも機能しやすい。ビッグベイトビギナーにこそオススメできるのはもちろん、既存のビッグベイトでは「もう厳しいか…」と迷いを抱いているベテランアングラーにも、ぜひとも使ってほしいシン・ビッグベイトだ!

奥田さん、黒田さんにより実釣解説動画もチェックしよう!

最新の記事

ルアマガプラス