イヨケン流「フロッグ」で狙うバス釣りおすすめルアー【BTフロッグ&イヨケンフロッグ プロト】

今回、22バンタムタックルによる旬なスタイル……フロッグゲームを魅せてくれたイヨケン。彼が愛して止まないレギュラーサイズのフロッグゲームに関しては、アレコレ悩む必要のないワンタックルで押し通せるのも魅力。イヨケン開発のNEWフロッグも待ち遠しいところだ!!

●文:ルアーマガジン編集部

伊豫部健さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

伊豫部健(いよべ・けん)

1979年3月21日生まれ。愛知県常滑市出身&在住。中学2年の時に地元知多半島の野池で初めてバスを釣った感動を胸に、アメリカからヨーロッパに至るまで世界の第一線で活躍するプロアングラー。座右の銘は『Never Give Up』と『FISH it EASY!』。

今取材時、ファンの息子さんがイヨケンの目前で人生初フィッシュ!!

伊豫部「僕も初バスは今でも鮮明に覚えてる。この感動は一生モノ。良かったね~!」

【ルアー】BTフロッグ【シマノ】

カバーの奥にぶち込んでカバーの中で食わす対カバーゲームに特化したヘビーフロッグ

フックセットルームとボディ本体のルームが完全に分けられている、ツインルームボディ構造。 [写真タップで拡大]

ウェイトがボディ一点集中型ではなくフック一体型ウェイトシステムによるセンターバランス構造のため、スキッピングが非常にやりやすい。 [写真タップで拡大]

中空ボディの中に侵入する水を一切排除した、ルーム・イン・ルーム仕様。ダブルフックのセット箇所とボディ本体でそれぞれ独立した構造になっている。

伊豫部「使っていくうちに水が侵入して沈んでいく、なんてことは皆無。カバーに当たった衝撃によって変形したり潰れたりしないので、カバー奥に撃ってチョウチン釣りからのタテシェイクやテーブルターンドッグウォーク……なんてアワセ技に持ち込むこともできます」

【ルアー】イヨケンフロッグプロト【10FTU】

柔らかい素材でフッキング率が大幅にアップ!! 背中のふくらみを抑えた扁平タイプフロッグ

伊豫部「オーソドックスなレギュラーサイズフロッグ。僕が昔作ったアイオビーを今一度リファインさせてみた。ボディ素材が柔らかく、プレッシャーがかかっているような釣り場での控えめなバイトで、十分にフックアップする構造になっています。ライトカバーからオープンウォーターで、180度テーブルターンとスプラッシュで食わす、誘って楽しいフロッグ。あと少しで完成なので、皆さん、しばしお待ちを!!」

軽いトゥイッチで軽快なテーブルターンを演出できるイヨケンフロッグ。オープンウォーターでのフロッグゲームが一段と楽しくなるぞ。 [写真タップで拡大]

IYOKEN’S TACKLE DATA

  • ロッド:バンタム172H(シマノ)
  • リール:22バンタムXG(シマノ)
  • ライン:ステューター80lb(サンライン)
  • ルアー:バンタム・BTフロッグ(シマノ)& イヨケンフロッグ・プロト(10FTU)

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス