シマノから「シャローエリア」を制す渾身のフローティングバイブが登場!【バンタム アンジュレーター88F フラッシュブースト】

圧倒的な飛距離と激しい振動で広範囲に散らばるバスを短時間にサーチできるルアー、バイブレーション。しかし、全泳層をカバーするだけに基本的にはシンキング仕様で、注意して使わなければ根掛かりの餌食になりやすい。そこでシマノは泳層を2mまでに絞り、水中のウィードトップやシャローフラットを効率的にサーチできる“フローティングバイブレーション”を開発。それがここで紹介する『バンタム アンジュレーター88F フラッシュブースト』だ。

●文:ルアマガプラス編集部

バンタム アンジュレーター88F フラッシュブースト(シマノ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:88mm
  • 重量:17g
  • カラー:全10色
  • タイプ:フローティング
  • フックサイズ:#5×2
  • 価格:2,000円

「フローティング」の強みを活かして「タフ」なバスもバイトを誘発!

[写真タップで拡大]

フローティングモデルになったとは言え、基本的な使い方はバイブレーションと一緒。88mm×17gのボディは飛距離を出しやすく、あとは巻くだけでOK。しかし、一般的なシンキングバイブレーションにはない“浮く”という機能を活かさない手はない。ただ巻きの最中にもアクセントとして『止めて、浮かせる』を加えることで、シンキングバイブレーションには反応しづらいバスのバイトを誘発することができる。

[写真タップで拡大]

そして巻いているときはもちろんだが、止めて浮かせるときにこそ威力を発揮してくれるのがフラッシング機能であるフラッシュブースト。浮かび上がるときだけでなく水面でポーズ状態になっても、ボディ内部にスプリングを介して搭載された反射板がユラユラと振動。激しいフラッシングを広範囲に拡散して、バスに訴えかけることができる。

[写真タップで拡大]

アクション設定はハイピッチ&タイトで、スローに巻いて丁寧に探るのはもちろん、高速巻きでの素早いサーチも可能と、あらゆるスピード域で安定したアクションを持続できる。このバイブレーションとクランクベイトの“イイトコ取り”をしたようなフローティングバイブレーションを使いこなせれば、今まで反応しなかったバスも拾うことができるかもしれない。

気になるスイムアクションはこちらでチェック!


最新の記事

ルアマガプラス