松本幸雄さんのエリアトラウトメインロッドを解説!『ホワイトウルフ 62MLS』

アングラーの成長に合わせて、次々と新しい世界を見せてくれるホワイトウルフ。ホワイトウルフの中には開発者・松本幸雄の「やりたいこと」のすべてが凝縮されている。今回はそんなホワイトウルフの中から「低伸度系ライン」に対応した「操作系ロッド」の世界を徹底解説! 2本目は松本さんがメインロッドとしても使用している、ヘビー級オールラウンダーな『ホワイトウルフ 62MLS』。

●文:ルアーマガジン・マス王編集部

松本幸雄さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

松本幸雄(まつもと・さちお)

ロデオクラフトスーパーバイザー。バリバスフィールドテスター。タレックスモニター。オプトさいとうフィールドテスター。伝説的エリアロッド『ホワイトウルフ』シリーズ開発者にして、ウッサ、BFの開発者。誰からの影響も受けていない、超個性理論は「独創性」の塊。一見「奇想天外」に思える松本理論も、実は王道を直撃しているため、のちにエリアの常識として定着することが多い。エリア業界に数多くの「常識」と「定説」を築き上げた、影響力マックスのプロアングラー。

『ホワイトウルフ 62UL-e』から『ホワイトウルフ 62MLS』へ

[写真タップで拡大]

エステルラインが松本さんの「ど真ん中」に君臨するようになって登場したロッドが62MLS。現在の松本さんのメインロッドとしてあまりにも有名! 62MLSからホワイトウルフ『第2期』の幕が開けた。

ホワイトウルフ62MLSというロッド!

写真は62MLS。他のホワイトウルフシリーズ同様に装飾がとてもカッコイイ。基本的には低伸度ライン用のロッドだが、実はナイロンラインと組み合わせることによって、まったく別の表情を見せてくれる。

現代のトラウト事情に即したロッドの登場!

開発に約5年の歳月を要したホワイトウルフ62MLS。ご存じ現在の松本幸雄さんのメインロッドとして有名。そして62MLSの誕生からホワイトウルフ『第2期』が始まったといえる。

操作系ロッドの前モデルである62UL-e開発当初、エステルラインは松本さんにとっては、スロー展開に特化した特殊なラインだった。そんなエステルラインが松本さんの釣りスタイルのど真ん中に君臨するようになって登場したのが62MLS。

松本「62MLSはエステルラインをど真ん中で使えるロッドです。開発に5年の年月を要した理由は、理想のトータルセッティングを出すのが難しかったからです」

振ったときには『張り』が感じられるシャープなアクション。なおかつアタリが出た瞬間に針先が残る適度な柔軟性。この2つのアクションは相反する要素といえる。針先を効果的に残すためにはロッドの柔らかさが必要。だが柔らかさはシャープさの邪魔になる。そしてシャープさがなくなると、ロッドの操作性も悪くなる。

松本「操作性と針先が残ることによるバレにくさ。これらの相反するアクションの両立は簡単ではありませんでした。結局、開発に5年もかかっちゃいました~(笑)。ですが、おかげで理想のトータルセッティングが出せました。62MLSは魚を掛けた瞬間に、別個性に変わるロッドです」

62MLSはエステルやPEなどの低伸度系ラインの使用を想定した操作性系ロッドだが、62MLS登場以前に松本さんがナイロンで行っていた釣り全般、そしてヘビーウエイトの速い展開の釣り、さらには掛けクランキングからミノーイングまでをこなせる。つまり62MLSはヘビー級のオールラウンダーロッドでもある。

松本「62MLSを開発した理由は色々あるのですが、その中のひとつとして、10年前のトラウトと現在のトラウトでは習性も釣り方も変わっています。具体的には、最近はルアーが近くを通過した瞬間だけスイッチが入るトラウトが増えました。こうしたトラウトの特徴は、普段はスローだけど食う瞬間だけ速いこと。普段の速度が遅いため、普通に考えると使用スプーンは軽量になります。ですが食う瞬間だけ速いので、軽量スプーンでは振り回されてしまい、フッキングが悪い」

松本「必要なのは重たいスプーンをスローに巻く方法論。62MLSはその解決にも使えます。ノアB(ロデオクラフト)などの重たいスプーンをキャストして、細かいシェイクを入れ続けることによって、巻き速度を極端に遅くすることが可能です。このときに重要なのは水をしっかりと噛める適切なタックルセッティング。水さえ噛ませることができれば、誰でも簡単に行えるメソッドです。ここで紹介した使い方は、あくまでも1例です。この他にもいろいろな使い方がありますが、それは別の機会に説明させて下さい」

張りが強い操作系ロッドだが、針先がしっかりと残るバレにくさもある! 魚を掛けた瞬間に別のロッドに変化するヘビー級のオールラウンダーモデルだ!

ホワイトウルフ 62MLS

松本幸雄×低伸度系ロッド[三号機]

エステル&PE対応のヘビー級のオールラウンダーロッドにして繊細な誘いにも最適。

現在、さらなる新しいホワイトウルフを開発中です♪

『エリアトラウト タックルガイド』発売情報

エントリーモデルからエキスパートカスタムまで、最前線のタックルをまるごと深堀り!!

驚異的なスピードで進化し続ける、エリアトラウト専用タックル。極限の世界でエキスパートを支えるのは、やはり「道具」だった!

超人気ブランドのロッド、ライン、フック、ギア……リールを、ルアーマガジンならではの深掘りで、AAA級アイテムたちの真価をまるごと紹介!

各パートごとには注目度の高いモデルをカタログ的に掲載する、取材記事とカタログスペースの2段構えで、エリア用タックルの全貌をお届けします。

●発売日:2022年4月18日
●定価:1,980円(税込)


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス