沢村幸弘、川村光大郎、川島勉に聞くバス釣りカバー攻略Q&A【テキサスとリーダレス、タフ攻略、ドラグ、でかバス、アドバイス】

「釣り場に行くとあっちもカバー、こっちもカバー。ルアーを投げられる場所がわからなくて困ってるんです!」な~んて嘆いているそこのアナタ! カバーが有るならカバーを撃てば良いのだ! え? カバー撃ちが苦手だって? もうひと安心。ここは行列のできるカバー相談所。あらゆるカバーの釣りに精通した3人のセンセイが、アナタの疑問をバッチリ解決して、カバーに対する苦手意識をなくしてくれるぞ! 今回は「テキサスとリーダレス、タフ攻略、ドラグ、でかバス、アドバイス」の5項目を聞いてみた。

●文:ルアーマガジン編集部

3人のセンセイをご紹介

沢村幸弘センセイ

[写真タップで拡大]

バスフィッシングの黎明期より活躍し、今なお数々のトーナメントで好成績を残すレジェンドアングラーにして二代目陸王。JBトップ50遠賀川戦では、圧倒的強さで連勝し「遠賀川の神」の異名を持つ。河口湖のショップ「キャリル」を経営するかたわら、リールのチューンやカスタムパーツの開発も行う。ベイトフィネスを日本に浸透させた張本人である。

川村光大郎センセイ

[写真タップで拡大]

最多陸王戴冠者にして、大人気メーカー・ボトムアップ主宰。オカッパリのみならず、ボートでもその実力を遺憾なく発揮し、あらゆるメディアで引っ張りだこの名実ともに人気ナンバーワンアングラー。カバーに対するあらゆる釣りに定評があり、中でも針先を完全に隠せる『スナッグレスネコリグ』を世の中に広めた功労者と言っても過言ではないだろう。

川島勉センセイ

[写真タップで拡大]

房総リザーバーのウルトラスーパーロコアングラー。これまでにも数々の名作ルアーを手掛け、ロコテクを全国レベルへと昇華させてきた。そしていよいよ自身のブランド「BETOBETO」をスタート。ますますの活躍に注目が集まる。ソフトベイトを用いたカバー撃ちはもちろん、ビッグベイトやスピナーベイトなど、ハードルアーでのカバー攻略も得意とする。

【Q14】テキサスリグとリーダーレスダウンショット、どう使い分けますか?

【沢村センセイ】テキサスはほとんど使わなくなっちゃいました

沢村センセイ
沢村センセイ

昔はテキサスリグも当然使っていたんですが、リーダーレスダウンショットの登場で今はほとんど使わなくなっちゃいました。テキサスリグでやれるシチュエーションは、リーダーレスダウンショットでも同じことができますから。リーダーレスダウンショットは軽いシンカーも使えるし、重いシンカーを使えば大抵のカバーに入っていく。同じ重さならテキサスリグ以上に、カバーの出し入れが容易なのが大きなメリットですね。

【川村センセイ】リーダーレスが基本

川村センセイ
川村センセイ

基本は食わせに長けるリーダーレス。ただし、スキッピングを多投したり、ヘビーブッシュを狙う場合はテキサスです。あとはギル系などのスライドさせたいルアーはテキサスになりますね。要はテキサスで食うならテキサスが楽なんですが、そうはいかないというのが実情ですね。

【川島センセイ】ズル引きしそうならリーダーレス

川島センセイ
川島センセイ

撃つのが主体であればテキサスですが、そのあとにズル引きしたりするのであればリーダーレスダウンショットですね。構造上、ラインを張っていればフックが上を向きますから、姿勢が安定するんですよ。

【Q15】状況がタフなときにはどんな手段がありますか?

【沢村センセイ】カバーに対して細かくリグを入れていく

沢村センセイ
沢村センセイ

フィッシングプレッシャーによるタフでも、低水温などによるタフさでも、バスがやる気のない状態では、より細かくタイトにルアーを入れていくことで、バイトチャンスにつながると思います。

【川村センセイ】じっくり誘えるセッティングに変える

川村センセイ
川村センセイ

スナッグレスネコやスモラバなど、小さく、弱く、1点での誘いに長けるモノは常套手段。そのほかだと、ワームのカラーを薄くする。うちのカラーならKUWASEとかですね。あとはPEラインを組んだスピニングタックルによるマイクロリグのカバー撃ち。ブレーバーマイクロやブルスホッグベイビーのDSなどです。最近ではラバースクーパーの2.5~3.5gリーダーレスDSをベイトフィネス10lbで使うことも多いですね。

[写真タップで拡大]

【川島センセイ】時間をかけるかハイスピードか?

川島センセイ
川島センセイ

シェイクの時間を長くするか、重いシンカーでズボッとやります。一概には言えませんが、時間をかけるか一瞬のスピードで騙すのか、両極端なことを試しますね。

スクーパーフロッグ改(ボトムアップ) [写真タップで拡大]

【Q16】ドラグは使う? 使わない?

【沢村センセイ】フルロックです

沢村センセイ
沢村センセイ

ベイトリールの場合はフルロックです。カバーフィッシングでドラグを出してファイトすることはないので。フルロックで切れてしまうようなラインセレクトはしないということが大切です。

【川村センセイ】今は使ってないけど今後はあると思う

川村センセイ
川村センセイ

技術革新によってスピニングと同等のドラグ性能を持ったベイトリールが登場すれば、なくてはならないものになると思います。やっぱり、一点で擦らないってすごく大切で、スピニングで使うラインは細いのに意外と耐えてくれますよね。だから、ベイトフィネスなんかは特にその恩恵を受けられると思います。

【川島センセイ】フルロック!

川島センセイ
川島センセイ

ぶっこ抜きます!

【Q17】カバーででかバスを狙うなら何を使いますか?

【沢村センセイ】まずはでかい魚がいるカバーを見つけることが最初

沢村センセイ
沢村センセイ

地形的に優れている場所にあるカバーだったり、今の時期なら水通しが良いところのカバーだったり。あとはベイトフィッシュやシェードなど、バスにとって価値の高いカバーを見つけることが大前提です。そして、そこに対してどんなルアーをアプローチしていくかが決まります。自分の中ででかバスの実績が高いのは、やっぱりスイミーバレットかな。

[写真タップで拡大]

【川村センセイ】ルアーサイズとパワーを上げます

川村センセイ
川村センセイ

実績的にもジグ&ダディやスクーパーフロッグマグナムなんかを僕は使います。あとはロデオクラフト特注のフラットバックジグ&ヤバタンは絶対ヤバいだろうなと思ってます。カバーででかバスが狙える時期って必然に冬から早春になると思うので、そういう意味でもこのルアーセレクトになっちゃいますね。

[写真タップで拡大]

【川島センセイ】隙間があればビッグベイト!

川島センセイ
川島センセイ

強いて言えばギル型ワームとかかもしれませんが、正直ワームの種類は変わらないかなと。それよりも入れられるならビッグベイトじゃないですかね。ガンタレルをカバーに引っ掛けて延々とシェイクして、バスに根掛かりを外してもらったことは何度もあります(笑)。

[写真タップで拡大]

【Q18】カバー撃ちが苦手な人にアドアバイスを!

【沢村センセイ】めげずに頑張りましょう!

沢村センセイ
沢村センセイ

カバーの釣りが苦手な人の気持ちもよくわかります。面倒くさがらずに、根掛かりを恐れずに、やり続けることで見返りがあるのがカバーの釣り。やっていくうちにキャスティングのスキルも上がっていくと思うし、釣果もついてくるはずなので、めげずに頑張りましょう。時期によっては、カバーにしかバスがいない時もありますから、そういうタイミングにカバーエリアを何往復かしたり、時間を変えて入り直したりしたりしながら、カバーの釣りを覚えていくといいと思います。

【川村センセイ】静かに近づき、正確に撃つ

川村センセイ
川村センセイ

これをできる限りでいいので、心がけてください。カバーは決して裏切りませんから!

【川島センセイ】しっかりとした専用タックルを用意して1尾釣ってください

川島センセイ
川島センセイ

なるべく引っかかりにくいルアーに切れないライン、カバーに負けないロッドとリールと、とにかく専用タックルをしっかりと準備してください。引っかからなければ続けられるし、1尾釣れれば世界が変わると思いますよ。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス