沢村幸弘、川村光大郎、川島勉に聞くバス釣りカバー攻略Q&A【ロッド、ライン、必殺技、カバーが上手いと思う人】

「釣り場に行くとあっちもカバー、こっちもカバー。ルアーを投げられる場所がわからなくて困ってるんです!」な~んて嘆いているそこのアナタ! カバーが有るならカバーを撃てば良いのだ! え? カバー撃ちが苦手だって? もうひと安心。ここは行列のできるカバー相談所。あらゆるカバーの釣りに精通した3人のセンセイが、アナタの疑問をバッチリ解決して、カバーに対する苦手意識をなくしてくれるぞ! 今回は「ロッド、ライン、必殺技、カバーが上手いと思う人」の4項目を聞いてみた。

●文:ルアーマガジン編集部

3人のセンセイをご紹介

沢村幸弘センセイ

[写真タップで拡大]

バスフィッシングの黎明期より活躍し、今なお数々のトーナメントで好成績を残すレジェンドアングラーにして二代目陸王。JBトップ50遠賀川戦では、圧倒的強さで連勝し「遠賀川の神」の異名を持つ。河口湖のショップ「キャリル」を経営するかたわら、リールのチューンやカスタムパーツの開発も行う。ベイトフィネスを日本に浸透させた張本人である。

川村光大郎センセイ

[写真タップで拡大]

最多陸王戴冠者にして、大人気メーカー・ボトムアップ主宰。オカッパリのみならず、ボートでもその実力を遺憾なく発揮し、あらゆるメディアで引っ張りだこの名実ともに人気ナンバーワンアングラー。カバーに対するあらゆる釣りに定評があり、中でも針先を完全に隠せる『スナッグレスネコリグ』を世の中に広めた功労者と言っても過言ではないだろう。

川島勉センセイ

[写真タップで拡大]

房総リザーバーのウルトラスーパーロコアングラー。これまでにも数々の名作ルアーを手掛け、ロコテクを全国レベルへと昇華させてきた。そしていよいよ自身のブランド「BETOBETO」をスタート。ますますの活躍に注目が集まる。ソフトベイトを用いたカバー撃ちはもちろん、ビッグベイトやスピナーベイトなど、ハードルアーでのカバー攻略も得意とする。

【Q10】カバー撃ちで外せないロッドはどんなものですか?

【沢村センセイ】7ft未満のヘビーロッド

沢村センセイ
沢村センセイ

いろいろな考え方がありますが、陸っぱりアングラーがまず持っておくべきなのはベイトロッドの7ft未満のヘビーロッド。これはリーダーレスダウンショットからジグ、高比重のノーシンカーなど、カバーフィッシングの王道が使えます。なお、ラインが太くても、高性能のリールを使えば、軽いウエイトのリグもカバーにアプローチしていけるので、割とフィネスなこともできたりしますよ。

【川村センセイ】ファイアウルフ・ウェアウルフ・キングバイパーを使い分け

川村センセイ
川村センセイ

僕の場合シンカーウエイトは3.5~7gがメイン。なので、中核を担うファイアウルフはもちろんなのですが、フィネスではウェアウルフ、ヘビーカバーはキングバイパーなど場面によって変わりますね。ただどれにも通ずることは軽くて感度が良く、そして曲がる竿。アワセ切れしにくいからです。

[写真タップで拡大]

【川島センセイ】ポイズングロリアス 1610MH

川島センセイ
川島センセイ

5g~1/2ozくらいまで、幅広いカバー撃ちに使えてちょうどいいスペックなんですよ。ちょっと長いかなと思ってアドレナの66MHも使っていましたが、ボートポジションが少し遠くてもピッチングで余裕でカバーに届くのが便利で、最近は610が多いです。

【Q11】カバー別ラインの素材や太さの使い分けはありますか?

【沢村センセイ】12~16lbが基準

沢村センセイ
沢村センセイ

ベイトタックルでの釣りならフロロ12~16lb。自分の場合は16lbかそれ以上を使うことが多いですね。アシのエッジやゴロタエリアなどに、軽いネコリグをスローに入れていくなら12lb。ガサガサのレイダウンやブッシュに入れていくなら16lb以上です。PEラインでのカバー撃ちはあまりしません。パワーフィネスでPE直結にして、ラインを沈めると極端にバイトが減った経験があるので。PEにリーダーを付けるなら、高性能のベイトリールにフロロを巻いてやったほうが手っ取り早いですよ。

【川村センセイ】ロッド毎に設定

川村センセイ
川村センセイ

フロッグなどは別ですが、ベイトはフロロ一択。ファイアウルフ13~14lb、ウェアウルフ10lb、キングバイパー16lbです。

【川島センセイ】フロロ20lb

川島センセイ
川島センセイ

水中もゴチャゴチャしているような激しいカバーならフロロカーボンラインの20lb。ほぼコレですね。カバーが薄かったりシンカーが軽かったり、あとは糸の重さが気になるような釣りであれば14~16lbも使います。PEですか? カバーに巻き付きやすいので少なくとも亀山では使いませんね。

【Q12】カバー撃ちが上手い! と思う人はいますか?

【沢村センセイ】カバーの食わせどころが見えている人

沢村センセイ
沢村センセイ

バスがいるカバーを瞬時に見分けられる人は上手いですね。あとは、カバーのどこにルアーを入れれば食うか。その入れるべきところをちゃんと認識している人ですかね。同じようなカバーに見えても、そこに入れなきゃ食ってこないというピンスポットがあったりしますから。カバーの下にバスがいるのが見えている場合も、どうやってアプローチすれば食わせられるか、それを瞬時に思い付くアングラーは上手いと思うので、みなさんもそういうスキルを身に付けるようにしてください。

【川村センセイ】青木大介ですね!

川村センセイ
川村センセイ

テキサス、バックスライド、スモラバ、虫など、バリエーションも豊富。状況に応じて的確なうえに、精度と効率が高いので、前で釣りされたら後ろから抜ける気がしない。あとは、違うベクトルという意味で川島さん。ハードベイトをあそこまで入れ込む人はまぁいないので、オリジナルな魚を釣っていますよね。

[写真タップで拡大]

【川島センセイ】沢村幸弘さん!

川島センセイ
川島センセイ

フリッピングがめっちゃ上手いですよね。自分が若い頃に買ったビデオで、沢村さんがアシ際にフリップをしている映像を観て、本当にすごいと思いました。キレイなフォームで着水音もしないんですよ!

[写真タップで拡大]

【Q13】カバー撃ちの必殺技を教えてください!

【沢村センセイ】スイミーバレットのリーダーレスダウンショット

沢村センセイ
沢村センセイ

必殺技というか、自分の中でのフェイバリットをあげるとすれば、スイミーバレット4.8inのリーダーレスダウンショット。消波ブロックでもレイダウンでも、ブッシュでも、どこでも使いますよ。シンカーは2.7gをメインに、1.8gや3.5gも使います。これをベイトフィネスタックル&フロロ16lbで入れていくと。K.T.F.のリールならこの釣りが快適にできるんです。スプールの慣性が低いから、キャスト中にリグが枝などに当たってもバックラッシュしないで、狙ったところにリグが入りますよ。

【川村センセイ】3.5gギャップジグ+ピッグダディJr.

川村センセイ
川村センセイ

カバージグでこのウエイトをラインナップしているのは他に類を見ないし、あのコンパクトさと軽さだからこそ獲れる魚がいる! ソフト着水からの優しいジグストは効きますね。

[写真タップで拡大]

【川島センセイ】とりあえずつっこんておけ!

川島センセイ
川島センセイ


自己責任ですが、キツすぎて誰も撃たない様なカバーになんとかしてルアーを突っ込みます(笑)。背より高いカバーのとにかく上から入れたり、竿先だけ突っ込んでルアーを落としたり…掛けても取れない可能性が有るので、あくまでも自己責任です(笑)。

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス