伊藤巧さんのバス釣りマイクロベイト理論「小さければ釣れるけどリスクはある」

昔ならセコ釣りと呼ばれ虐げられていたような気もする極小ルアーの釣り。しかし、時代は令和に変わり、マイクロベイトと名前も変わり…なんだかイケてる感さえ醸し出されてはいないか? 今や、小さいは正義なのか? そんなマイクロベイトについて、猛者たちの見解はいかに? 今回は伊藤巧さんに伺った。

●文:ルアーマガジン編集部

伊藤巧さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

伊藤巧(いとう・たくみ)

学生時代からTBCトーナメントで頭角を表し、H-1グランプリや陸王などでも大活躍。2019年からバスマスター・セントラルオープンに出場し、初年度でエリートツアー昇格を達成。2021年のセントローレンスリバー戦で米国初優勝を果たした。

ルアーを小さくすれば釣れるというのは間違ってないけど、それに伴うリスクは大きいですよ。

伊藤巧さんの「俺はこう考えるマイクロベイト理論」

伊藤「ルアーを小さくすると魚に気づかれにくくなるので、釣りが極端に難しくなってしまうんです。エサがそのサイズに合っている場合、あるいは、極端なプレッシャーでそれじゃなきゃ釣れないという条件以外では使わない方がいいと僕は思う」

広大なアメリカのレイクで戦う現状からの影響もあってか? マイクロベイトにやや否定的な伊藤さん。いつでもどこでもマイクロベイトという考えには賛同できないそうだ。

伊藤「ライブスコープを使いこなせている人なら話は別なんですが、釣り場の全体像を見ずにマイクロベイトを使うことにはリスクがあることも理解してほしい。その前提で僕が使うマイクロベイトの話をすると…まず、カメラバのスカートを全部取って、スイッチオントレーラーを付ける。特に関東はスカートを嫌っている個体が多いので、これはおすすめ。ただし、スカートのあるカメラバよりキャストが数倍難しいんですよ。スカートにはキャスト中の飛行速度を落としてルアーをコントロールしやすくする効果があるので。そこは要注意です。

あとは、パドチューは僕のなかではマッチ・ザ・ベイト系マイクロベイトです。霞水系はボラを食ってる強い個体と小さいエビやハゼを食べてるバスの二極化していると思うんですが、後者の個体にはパドチューのスプリットショ ットリグを切り札としてよく使いますね。エビハゼ系が好きな個体ならデカいバスも釣れます」

伊藤巧さんの対ヘビーカバー最終兵器

カメラバ4g【スカートなし】+スイッチオントレーラー【ノリーズ】

スカートがふわふわとフレアするのを見切っている魚に対しては、ネイキッドが効く。小バスの数釣りではなく、一級のカバーに潜んでいる百戦錬磨のデカバスを狙い撃ちするためのパワーフィネスウェポン。ただし、ノーマルカメラバにくらべてアピール力が下がるのとキャスト難易度が上がるので、そこは要注意。 [写真タップで拡大]

伊藤巧さんの霞水系エビハゼパターン用

2-1/2in パドチュー【ノリーズ】

パドチューのスプリットショットリグ(シンカーはプロズファクトリーのラバ玉くん2gが基準)をテクトロなどで使用する。護岸際を横に泳がせたり、ゴロタ石のエリアをふわふわズルズルとさせたり、オカッパリとの相性もいい。 [写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス