秋シーズン本番! 磯の大型青物ゲームを始める方法は? 渡船利用なら釣果率もUP!

ライトショアジギングフリークの皆さんに、いつかは磯で大型青物を釣ってみたい? と聞けば、多くの答えはYES! のはず。この夢と希望を叶える道標をつけてくれたのがロックショア青物の賢人、上津原さんだ。「この釣りは釣果だけでなく自分自身の成長が楽しめます」とニヤリ。その意味とは?

●文:ルアーマガジンソルト編集部 ●写真:上津原 勉(シマノ・ソルトモニター)

[写真タップで拡大]

上津原 勉(うえつばら・つとむ)

熊本県在住。小学生で父に連れられ磯泊まりを経験して以来、磯釣りにどっぷり。現在は九州西部をホームに活躍するロックショアゲームのエキスパートだ。昨年秋に男女群島で26.3kgのカンパチを仕留めるなど大物捕獲の実績も多数。シマノのソルトモニター。

安全第一を大前提に、磯の難しさを楽しむ!

海のルアー釣りでエクストリームな釣種の代表格と言えるのが磯の青物狙い。ロックショアゲームだ。

上津原「磯周りは魚が多い。オフショアのボートが磯際を狙うほどで、釣り場としても魅力的です。ところがかけても獲りにくい。この難しさが磯の魅力です(笑)。堤防と比べると危険をともなうので、安全第一の行動が基本中の基本です」

ロックショアゲームの基本装備

【安全装備はもちろん日焼け対策を忘れずに】
ベストはゲームベスト。シューズはジオロック・ロックショアドライブーツ。帽子はスタンダードハット(すべてシマノ) [写真タップで拡大]

固型式ライフベストとスパイクシューズはロックショアゲームの基本スタイル。
上津原「この二つを装備すれば、そのほか偏光グラスやグローブ、雨具など普段の装備で問題ありません。あと磯は日陰が少ないので、僕はハットを愛用。首筋や顔の横の日焼けを防げます」

スパイクシューズや固型式ライフベストはマストですね!?

上津原「装備だけでなく磯の濡れたところには立たない。波が這い上がるところには入らないなど身を守る行動を厳守。あと入門者の方ほどソロ釣行はしない。経験豊富な人と行くべきです」

上級者と行けば釣り方や狙いどころも教えてもらえますね!?

上津原「そう。さらに入門者の方がこの釣りに慣れるには、釣れなくても一カ所で粘ることをおすすめします。一日の中で潮がどう変化して、こういうときにベイトフィッシュが回ってくるとか、ボイルが出るとか自分の目で確認できる。その積み重ねで、どういうタイミングで青物が喰うのかがわかってきます」

ロックショアゲームのターゲット

ヒラマサ、ブリ、カンパチ、青物御三家をメインに、多彩な魚種が楽しめる。 [写真タップで拡大]

ロックショアゲームはヒラマサ、ブリ、カンパチの青物御三家がメインターゲット。
上津原「ブリもヒラマサもダイビングペンシルに反応しやすく、水面付近で喰わせることでキャッチ率が上がります。青物以外ではハガツオやスマガツオなどのカツオ系にマダイ、根魚、南方に行けばカスミアジやGTなど、地域や季節によっていろいろな魚が喰ってきます」

最初はボウズ覚悟で経験を積む?

上津原「でも上達はできます。最初は80gのメタルジグを投げるのがきつかった。何度か釣行を重ねると、普通にキャストできるとか。釣れなくても自分自身の成長が楽しめるのもこの釣りの魅力です」

そうは言っても、釣果を早く出したいのが釣り人の性ですが…。

上津原「安全かつ確実な釣果と自己成長を目指すなら渡船の利用をおすすめします。船長が条件の良い磯に乗せてくれますからね」

そこで粘れば青物が喰うタイミングもつかみやすい?

上津原「です。安全面に関しても歩いて地磯に行って何かあっても気づいてもらいにくい。渡船は見回りがあるから安心して楽しめます」

9月~10月のロックショア青物長期予報

9月以降のロックショアゲーム。例年の釣況は?

上津原「9月は全国的にみれば、まだ水温が高い時季。ヤズ(ブリの幼魚)やネリゴ(カンパチの幼魚)がアタックしてくることもありますが、ヒラマサも釣れます。9月中旬以降になるとさらにヒラマサが釣りやすくなって、本格的なシーズンを迎えます。入門にも良い時季だと思います」

ヒラマサやブリ、カンパチなど、ロックショアゲームの対象となる青物の釣果は、9月中旬以降から秋にかけて、釣況が上り調子になると上津原さんは例年の動向から予想を立てる。 [写真タップで拡大]

経験を積んで離島遠征。夢がふくらむ釣り
上津原「地磯や沖磯で経験を積んで上達すれば、男女群島(長崎県)や草垣群島(鹿児島県)など、ビッグフィッシュゲームフィールドに挑むことができます。南に行けばカスミアジ系も狙える。フィールドもターゲットも広がり、夢がふくらみます」 [写真タップで拡大]

【上津原さん使用タックル例】

左/ルアー80g以上用
●ロッド:コルトスナイパー XR S100H●リール:スフェロスSW8000HG●ライン:タナトル8 4号(以上シマノ)●リーダー:ナイロン20号

右/小型プラグ&小型メタルジグ用
●ロッド:コルトスナイパー XR S96MH●リール:スフェロスSW6000HG●ライン:タナトル8 3号●リーダー:オシアEXフロロリーダー14号(すべてシマノ) [写真タップで拡大]

ショア青物ゲーム入門リール「スフェロスSW」の実釣記事はコチラ!

【甑島列島ロックショアゲーム】2021秋「Part.1」21スフェロスSWを酷使し続ける


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス