サワラキャッチ率が高いのは朝! 水面付近の高速巻きが効果的! ビッグバッカーが高実績!

サワラのシーズンが本格化するこの時期、各地で良型の釣果情報も上がりつつある。そこで、サワラをより高確率でキャッチするためのコツを本記事で解説していこう。
※本記事は「ルアーマガジンソルト2021年10月号」掲載されたものを加筆修正の上、再構成しています

●文:ルアーマガジンソルト編集部

[写真タップで拡大]

左)石川 文菜(いしかわ・あやな)

”ぶんちゃん”の愛称でいつも元気で笑顔が絶えない当連載の主役。 連載初回以来の陸っぱり青物狙いは初挑戦の沖堤防。”格好良くロングキャスト”が目標!?

右)村上 祥悟(むらかみ・しょうご)

今回の講師は”しょごたん”が愛称のジャッカルプロスタッフ。20代ながら様々な釣りに精通し、地元九州大分を離れても幅広い釣りの知識や経験で活躍。

実釣場所は水軒一文字!

大阪湾へとつながる紀淡海峡の入り口、和歌山県北部を流れる大型河川河口部。河口域の他にも、今回渡船を利用して渡った沖堤防や水深のある港湾部と地形変化が豊富なエリア。渡船を利用し水軒一文字堤防で実釣。 [写真タップで拡大]

朝はサワラのチャンス大! 表層リトリーブで確実に狙い撃ち!

ぶん「沖堤防での青物狙いは今初挑戦。久しぶりに強めのタックルなのでキャスト練習も兼ねて頑張ります♪」

今回のメインルアー

ビッグバッカー(ジャッカル) [写真タップで拡大]

本来は大型ベイトパターンのシーバス狙い用メタルバイブ。投げて巻くだけの簡単な操作と飛距離、広いレンジを探れるため沖堤防青物狙いでも抜群の釣果を出す超定番ルアーだ。

ということで、特集連動で”青物”狙いが今回のテーマだ。

しょごたん「本命のワカシはもちろん朝イチはサワラのチャンスです!時間帯のパターンとしては、サワラの後にワカシやシーバスが釣れることが多いです。ベイトがたくさんいる音が聞こえますよ」

ぶん「えっ? ほんとだ! ピチャピチャ聞こえる!先生、ルアーはどう動かしたら良いんですか?」

ファーストフィッシュはフォール中にアタッてきたサバ(しかもダブル!)。ビッグバッカーが集魚力を発揮すると、ルアーと変わらないサイズの魚までも釣れてしまうのだ! 水面で騒いでいたベイトフィッシュの正体はコレでした! [写真タップで拡大]

しょごたん「基本は巻くだけでOKです!はじめは表層から、反応がなければ5カウントほど沈めて巻きだしてみてください。また反応がなければさらにカウントを増やして沈めます。あ、何か掛かりました!」

ぶん「 うそ?もう釣れたの!?」

しょごたん「サバでした!しかもダブル。ルアーとサイズが一緒…」

ぶん「すごい!ベイトの正体はこのサバなのかな?」

しょご「小さなベイトも見えるけど、サバもベイトになりますよ」

そこに同行してくれていたYちゃん(しょごたんの奥さん)に大物がヒット!

サワラのチャンスタイムをモノにしたYちゃん。ブレードチューンを施したスライドスティックの表層狙いで技アリゲット。捌くと胃袋からさらに同サイズのサバが数匹出てきた。 [写真タップで拡大]

サワラヒットルアー:ビッグバッカージグ スライドスティック(ジャッカル)

ぶん「サワラだ!デカ!いるんですね、沖堤防には夢がある!サワラおいでー!」

しょごたん「さっき釣れたサイズと同じサバを吐き出しました。やっぱりベイトになってるんですね。今日のような曇りでローライトの日は時合いが長くなるので、大事なのは投げ続けるメンタルです。投げた分だけチャンスは増えますよ!」

ぶん「“投げた分だけチャンスは増える”の格言いただきました(笑)。よしっ頑張って投げよう!」

左のルアーがビッグバッカーヘビーウェイト、右が小型のビッグバッカー80サイズ。充実したラインナップのビッグバッカーシリーズ。メタルバイブの他にもジグやミノーなどもあり、サイズ展開も豊富。飛距離やベイトサイズ、レンジなど状況に合わせて選ぼう [写真タップで拡大]

まずは表層から活性に合わせたスピードでリトリーブ!

効率よくヒットに導くためにはベイトを積極的に追いかけている活性の高い魚から狙っていく。高活性の魚は表層までベイトを追うほか、その日のベイトの泳ぐスピードに合わせた巻きスピードを探り、対象魚がルアーにバイトしやすい状況を作っていくことが重要だ。 [写真タップで拡大]

回遊のチャンスをヒットに持ち込めるのか!?

この頃からぶんちゃんのもう一つの目標”キャスト力向上”講習がはじまる。

しょごたん「もともと投げれているんで、あとはリールが上を向くように手首が捻れないように投げると安定します」

ショア青物は、ルアーをしっかりと遠くまで飛ばす、キャスト技術も重要な要素。広範囲を探れれば、その分ヒット率も上がる。 [写真タップで拡大]

ぶん「なるほど!また一つレベルアップだ!今日はネタ満載だな。わっ!キタっ!」

しょごたん「おぉ〜!そのサイズなら抜き上げちゃいましょう!」

ぶん「どうしよ…(汗)あっ!! 外れちゃった…(泣)」

回収直前ヒット!足元まで油断は禁物! しょごたん「ルアーがもうすぐ見えるかという回収直前の手前でトンッ!ときました!」。追いかけてきたワカシに、ルアーが浮き上がる動きが誘いとなりヒットにつながったパターンだ。 [写真タップで拡大]

ワカシヒットルアー:ビッグバッカー107H.W(ジャッカル)

しょごたん「後ろに2、3匹ついてきてましたよ。バレてしまうのは仕方ないんで、次にいきましょう」

ぶん「惜しかったなぁ…。ピチャピチャ音がなくなりました、ベイトのレンジが下がったのかな?」

しょごたん「そういうことです!ほら、きましたよ!一気に抜きます!」

ぶん「すごい!スムーズな取り込み、一瞬だ!私はルアーがあっていないのかな?」

しょごたん「気分転換も大事です、変えてみましょう」

ぶん「サイズを落としてビッグバッカー80にしてみました!」

すると数投ですぐにヒット!しかし、またすぐに外れてしまい取材陣を焦らすぶんちゃん。

ぶん「悔しいよぉ〜やるべきことはあっているハズだから…」

しょごたん「気負わずともこれからまた時合いがきます。チャンスはまだありますから」

しばらくしてその時合いが到来、ぶんちゃんに待望のヒット!!

ぶん「頼む〜釣れてくれ〜!一気に抜き上げる!やりました!」

しょご「素晴らしい!!」

ワカシをぶっこ抜き!
ぶん「しっかりフッキングしてから、竿を下げる。で、足元まで寄せてきたら一気に抜き上げる!事前のレクチャーがしっかり活かされました♪」スムーズなやりとりはお見事!! [写真タップで拡大]

基本操作にアレンジを加え待望の一匹!
ぶん「5カウント弱ぐらいで巻き始めたので表層近くでヒットしました。基本のただ巻きに竿先で少しだけアクションをつけてみました♪完璧な展開ですね!」。しょごたん「ぶんちゃん、お見事!」 [写真タップで拡大]

ワカシヒットルアー:ビッグバッカー80(ジャッカル)

この記事の実釣を動画で観る


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス