名作エギが磁着重心移動を搭載して復活! 秋エギングの切り札「エメラルダス フォールLC ラトル」のスゴい実力を山田ヒロヒトさんが解説!

秋のエギングシーズンに合わせて、2022年夏に新たにリリースとなったエメラルダス フォールLC ラトル。実はこのエギの持つポテンシャルが、秋イカ狙いに最適だということで、その開発にも深く関わったヤマラッピさんに、解説をお願いした。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

[写真タップで拡大]

山田 ヒロヒト(やまだ・ひろひと)

サラリーマンのかたわら、休日を利用して各地のアオリイカを釣りまくるスタイルに多くのサンデーアングラーから支持を受け、数年までに独立。現在は、専業プロとして活躍中。DAIWAフィールドテスターとして、エメラルダスの製品開発にも深く関わる。

ストイストRT IL 89LMLとエメラルダスフォールLCラトルの相性は抜群!

秋に人気が高まるエギング。釣りやすいだけでなく、戦略的な展開も可能で、それに対する反応が素直な点も魅力。秋イカを意識したエギ、そしてロッドを活用することで、よりゲーム性の高い釣りが展開できるはず。 [写真タップで拡大]

エメラルダスフォールと言えば、安定したフォール姿勢でイカを誘うエギとして、根強い人気のあったモデルだった。

数年前に惜しまれつつ廃盤となったエメラルダス フォールだが、今年の秋イカシーズンに合わせて何と、2.5号と3号が復活!

しかも、単に復活しただけでなく、内部に磁着式の重心ウエイトを搭載し、遠投性能を大幅に強化。秋イカ釣りに活躍してくれること間違いないモデルだ。

エメラルダス フォールLC ラトル/TypeS

エメラルダス フォールLC ラトル
●サイズ:2.5号 ●自重:10.0g ●フォールスピード(目安):5.5秒/m ●色数:8色
●サイズ:3.0号 ●自重:14.5g ●フォールスピード(目安):4.0秒/m ●色数:8色 [写真タップで拡大]

ボディ内部には、磁着式の移動式ウエイトを搭載。キャスト時は、ボディ後端にウエイトが移動し、安定した飛行姿勢で向かい風でもしっかりと飛距離を稼ぐ。着水後の前傾姿勢でウエイトは前部に磁着。ややスロー気味のフォールでイカを誘う。タイプSは沈下速度がさらにスローなので、シャローエリアでも使いやすい。ラトル内装でサウンドでもアピールする。

山田「飛距離はやっぱり圧倒的です。89LMLを使えばさらに飛ばせるんですが、ロングロッドでなくても十分飛びます。特に、アゲインストの風で投げなければならないようなシチュエーションで、その効果を実感します。エギって、構造上どうしてもキャスト時に風に影響されやすいんですけど、エメラルダスフォールLCに関しては、風を切ってポイントまでしっかりと飛ばせます」

磁着式のウエイトですが、アクション的な部分で影響はないですか?

山田「使っていてデメリットを感じることはないですね。ピークは左右へのダートを得意とする一方で、このエギは上下の動きで見せて、ややスローなフォールで誘うタイプです。なので、シャローと言うよりかは多少水深のあるエリアの方が、特性をいかしやすいでしょうね。ピークで探っていって、帰りにもうひと流しする場合に、エメラルダスフォールLCで目先を変えるという使い方も面白いと思います」

磁着式重心移動&ラトル仕様

安定したフォール姿勢はそのままに、重心移動ウエイトで飛距離UP!
ボディ内部を見ると、移動式のウエイトが搭載されているのがわかる。また、ラトルも内蔵されているので、アクション時にはサウンドでもアオリイカを誘うことができる。 [写真タップで拡大]

安定したフォール姿勢は健在!
エメラルダスフォールLCラトルは、その名の通り安定したフォール姿勢が特徴の1つ。テンションフォールでは、水平に近い姿勢でフォールし、警戒心の強いアオリイカのバイトを誘う。移動式のウエイトを搭載していても、その特徴に影響はない。 [写真タップで拡大]

浅場も得意とするエメラルダスピークの2.5号。圧倒的な飛距離と上下の動き、安定したフォール姿勢でイカを誘うフォールLCラトル。秋イカを楽しむためのアイテムがさらに拡充。これらを活用し、最高のシーズンを是非、楽しんで欲しい。

ルアーマガジンソルト2022年11月号(9/21発売)


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス