フィッシュマン本気のベイトエギングロッド開発! その可能性に迫る

フィッシュマンがエギングロッドを作る!? この情報を聞きつけた編集部はスクープ記事を掲載するべく赤塚ケンイチさんに直撃。開発の経緯をうかがうと、そこにはベイトエギングの数多のアドバンテージが隠されていた!

●文:ルアーマガジン・ソルト編集部

赤塚ケンイチさんのプロフィール

[写真タップで拡大]

赤塚ケンイチ(あかつか・けんいち)

ベイトロッド専門メーカー、フィッシュマン代表。渓流のトラウトから海外怪魚まで海水淡水を問わず開発中のロッドで挑み、フィールドワークで南船北馬の日々を過ごす。

ベイトタックルによるエギングの優位性が開発を決断させた

あるリールの登場で増すベイトエギングの現実み

エギングといえば、釣り人のほぼ100%がスピニングタックルを使用。今から十数年前のエギングブームのピーク期に一部メーカーからエギング用ベイトタックルがリリースされたが普及はせずに現在に至る。では、なぜ今、ベイトロッド専用メーカーのフィッシュマンがエギング用ベイトロッドの開発をスタートさせたのか? まずはその経緯から教えていただこう。

[写真タップで拡大]

赤塚「先に言っておきますけど、僕はエギングの経験は少ない。シロウト同然です(笑)。イカの生態も釣り方もエギングロッドの開発をしながら身につけていこうと思いますけど、エギングがどういう釣りかという知識はあります。これだったらベイトタックルのほうがスタイリッシュだし、合理的なんじゃないかな、と思ったのが作ろうと思ったきっかけですね」

それはいつ頃ですか?

赤塚「今年の春にはファーストプロトでテストに行ってますけど、構想は以前から練っていました」

赤塚さんはベイトタックルによるエギングにメリットやアドバンテージを感じているということですね?

赤塚「そう。あと今春、DAIWAからシルバーウルフというリールが出た。これも大きいです」

チニング用のPEライン専用ベイトリールですよね?

赤塚「そうです。PE0.8号がぴったり150m巻ける。エギングで使うリールは軽いほうが良いけど、ベイトフィネス系のリールだとそこまで糸巻き量がない。シルバーウルフは軽いしボディもギアも堅牢だし、エギングロッドの開発に着手していたものの、このリールの登場でますますベイトエギングの現実みが帯びてきました」

ベイトエギングに適したリールはある。では、ベイトタックルから生み出されるベイトエギングの優位性とは。詳細も特集しているのでお楽しみに。

投げやすく、トラブルがなく、飛ぶ! が大前提

フィッシマンのベイトロッドのコンセプトはゼロバックラッシュ、ロングディスタンス、ハイアキュラシーの3つ。ベイトエギングロッドもバックラッシュのトラブルがなく、投げやすくて飛ぶロッドになるのは間違いない。

[写真タップで拡大]

開発テストは現状でベイトエギングに1番マッチするリールを採用

『シルバーウルフSV TW PEスペシャル(DAIWA)』は、2022年春にリリースされたチニング用PE専用リールだ。「φ34mmのスプールで0.6、0.8号のPEが150m巻けます」。細PEライン専用でエギングに最適な糸巻き量。自重185gの軽さ、堅牢さもエギング向きだ。「スタードラグはSLPワークスでもっとも長い65mmです」。このスタードラグにも重要な役割があるらしい。こちらも詳細特集で紹介していく。

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・ソルト』2023年1月号 発売情報

ルアーマガジンソルト2023年1月号

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・ソルト 2023年1月号』

企画の目玉は、「アジング」と「シーバス」、そして「サーフ」の3大特集! 最新タックル情報に加え、エキスパートアングラーたちのテクニックも余すことなく紹介しています。

このほか、ヤマガブランクスのライトゲームプラッギングロッドや、モノクロページではサーフィッシング基本、ボートサワラフィッシングの基本なども掲載。エキスパートからビギナーまで納得の1冊となっています。

『ルアーマガジン・ソルト2023年1月号』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年11月21日
  • 定価:1,500円(税込)

※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス