「貴重なヒントを見逃すな」松本幸雄さんが新人編集部員にダメ出ししながら秋の三島湖バス釣り攻略

ついつい自己流で押し通してしまうのが僕たちアマチュアバスフィッシング。自由に楽しむのもいいけれど、プロにきちんと教わってみると、もっと簡単にレベルアップできるかも!? プロアングラー松本幸雄さんをチェッカーに迎えて秋の三島湖で自己流を叩き直す! 今回はフィールドに存在する貴重なヒントを見逃すな。よく考えて見渡せば、ヒントはたくさんある。

●文:ルアーマガジン編集部

松本幸雄さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

松本幸雄(まつもと・さちお)

エリアトラウトやナマズからソルトウォーターまで、ルアーフィッシング全般でマルチな才能を発揮するアングラー。バス釣りのホームは房総リザーバーで、三島湖・豊英湖ではコンスタントに50cmオーバーを手にしている。

シャローフラットで反応アリ!?

タナカはさっそく先生のアドバイスを参考に、本湖エリアのインサイドへ向かう。三島湖のなかでも随一の規模を誇るシャローフラットだ。

松本「バンクの草むらの奥にインレットが隠れてるから、そこも要チェック」

タナカ「了解です!」

ダメ出しどころか詳細なヒントまでもらったのに、タナカは雑なキャストでインレットを通過してしまった。そこへ、すかさずナイスキャストを決めた松本先生がヒット! ジャンプでバレてしまったが、これは貴重な手掛かりになる。

シャローフラットのインレットまわりで松本先生のチャターにバイト! 大きなヒントになる出来事だ。 [写真タップで拡大]

タナカ「ルアーはなんですか?」

松本「ジャックハンマー3/8ozにデスアダー5in」

タナカ「僕もチャターにします!」

松本「ルアーだけじゃなく、ほかの要素も気にしておくれ~」

フラットでは「バスの上がり口」をねらえ

バンク沿いにアシが生えたシャローフラットを巻いていった編集部タナカ。バイトがないので飽きたのか、最後のほうはエレキをスピードアップして飛ばしがちに流してしまった。

[写真タップで拡大]

松本「ココがいちばん美味しいところなのに~」

タナカ「どういうことですか?」

松本「シャローフラットは、バスがエサを食うために深いところから上がったり下がったりする場所。そのときの上がり口になりやすいのが『両端』と『先端』。広くて全部をチェックできないときも、この3箇所だけ探ってようすを見るのもアリ」

今回の脱自己流のススメ

「貴重なヒントを見逃すな!」

インレットでは水鳥がエサを待ち構えていた。浅いところにベイトフィッシュがいるのかもしれない。 [写真タップで拡大]

最初のバイトから得られた情報は「大増水中のフィールドで、シャローフラットのバンクに注ぐインレットに魚がいた」。

松本「ということは、バスは増水を嫌っていないのかもしれない。さらには流れ込みorカレントが好きなのかも。決定的なヒントではないけれど、頭に入れながら先に進んでいくといいですよ」

タナカ「ハイ!!!!」

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス