伊藤巧さんが攻略する秋の新利根川ラン&ガン2日間の様子を全公開

バス釣りにおいては秋といえば「巻きモノ」。ガンガン巻いて釣れるのは確かにエキサイティングだが、カバー撃ちはやらなくてもいいのだろうか? エリートプロ・伊藤巧さんに、ベーシックなシーズナルパターンと共に一歩進んだ「ハイスタンダード」な秋の王道を教わろう! 今回は伊藤巧さんに新利根川をフィールドとして、ボートと陸っぱりの釣りで2日間の釣りを行ってもらった。その様子をすべて公開!

●文:ルアーマガジン編集部

伊藤巧さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

伊藤巧(いとう・たくみ)

アメリカで行われる世界最高峰トーナメントB.A.S.S.バスマスターエリートシリーズに参戦する日本最強クラスのアングラー。各種トーナメントや陸王・艇王といった試合で勝つ釣りをこなす一方で、ムービングルアーでのアクティブな釣りを愛する。

バスもベイトも心地良い!? 水の良さを求めてラン&ガン!!

新利根川は水質悪し? 良い水はどこに?

実釣の舞台は新利根川。今回お世話になった「松屋ボート」さんは、新利根川はもちろん洲ノ野原へのアクセスも良好。1日で様々なパターンの釣りを楽しめる。店内では前日の釣果をチェックできるほか、当日朝の予約でカレーやもつ煮定食などがお昼に食べられる。 [写真タップで拡大]

それでは伊藤さんに、新利根川にて秋の釣りを披露してもらおう。

初日はボートでバスを狙う。松屋ボートからレンタルボートで出船してまもなく、伊藤さんは早速異変に気が付いた。

伊藤「水が悪いですね。岸際を見てみてください。白っぽく膜が貼ったようになって、泡がずっと残っています。ターンオーバーや、稲シブなんかの良くない水が入っているとああなるんです。川は一旦見切って、洲ノ野原方面に向かいましょう」

新利根川の下流には霞ヶ浦の洲ノ野原と呼ばれる広大なエリアがある。まずはそこからスタートだ。

実釣をスタートしてすぐさま目についたのが、岸周りの水面が粉っぽく、泡立っている状況。それも一部ではなく、岸沿いにしばらく続いている様子。これを見た伊藤さんは川の中の水質が悪いと判断し、洲ノ野原方面へと船を進めた。 [写真タップで拡大]

伊藤「見てください。川のカレントの影響がない場所だと水が良い」

新利根川下流の水門をくぐり、右側にある逆ワンド状のエリアにバズベイトを通す伊藤さん。たしかにその引いた軌跡に泡は残らない。

伊藤「水の良さは何よりも重要です。バスが過ごしやすいというのもありますし、それは同じ生物であるベイトも同じ。そうすればそれを食べに来るバスもいるわけです。特にこの季節はターンオーバーがあるので、水の良し悪しでバスの居場所を大きく絞り込むヒントになります」

暑さという枷がなくなり、どこにでもいるバスの居場所をつきとめるには、広い視野でエリアの判断をしていく必要があるわけだ。

伊藤「来た! スピナーベイト!」

水の良いエリアの張り出しにてファーストフィッシュをキャッチ! 直前にはバスが捕食したような波紋が立っていたとか。

ファーストフィッシュがバイトしてきたのは岬上に張り出した地形。水通しがよく、明らかに水質のいい場所でのヒット。このとき、場所で釣れたのではなく、水で釣れたと考えるのが伊藤さん流だ。 [写真タップで拡大]

クリスタルS 3/8oz【ノリーズ】

[写真タップで拡大]

この後、ベジテーションカバー脇でスピナーベイトを通すたびにエビが跳ねるポイントで2尾目を追加。その一方で、途中通過した水の悪い場所にはベイトの姿も見かけなかった。

アメリカではよく釣っているという、マツラバ(デプス)+フロントフラッパーカーリー(ノリーズ)を少しだけ投入。シェイク巻きで使うとジャークベイトのような緩急のあるアクションが発生してよく釣れるのだとか。 [写真タップで拡大]

ライン小話「根掛かり後は多めにラインをカット」

[写真タップで拡大]

伊藤「根掛かりしてラインを引っ張って切れたとき、残ったラインは本来の強度を持っていないと考えましょう。万が一のことを想定して、リールから出ていた分をカットするのがオススメです」

秋らしく「巻き」の釣りが抜群に効いた!

その後も水の良い場所を中心に船を進めていく伊藤さん。洲ノ野原の東、妙岐ノ鼻エリアにさしかかる頃には日も高くなっていた。

伊藤「シェードが狭くなってきたので、カバーも撃ちましょう」

季節を問わず、カバーはバスの隠れ家であり捕食行動の場。シェードが絡むのであればなおさら狙い場所となるはずだ。ところが、針の穴をも通す精度とほぼ無音に近い着水音でフリップドムを送り込むもなんの反応もない。気がつくと西風も強まっていたため、このタイミングで再び新利根川へと移動することになった。

伊藤「風が強いときの操船は注意しましょうね。できるだけ岸際で風を避けつつ進むと安全ですよ」

三角波に翻弄されつつ新利根川に戻ると朝とは違って水が良くなっている。

伊藤「川ですから、悪い水が押し出されたんでしょうね。ちょうど下流の水門をくぐるくらいの場所の水が朝よりも悪くなっていましたし」

伊藤さんはここでクランクベイトをチョイスした。

伊藤「風が吹いて岸際が荒れてしまうとバスが嫌がることがあるので、少し沖を狙います。ファーストブレイク周辺を通すイメージですね」

と、数投後、沖に伸びたベジテーションカバーのそばを通すショットフルサイズにヒット! カバー撃ちでは音沙汰がなかったのにもかかわらず、巻きモノでは結果が早い。

伊藤「巻きのメリットですよね。暑さがなくなり、バスはカバーの外へもルアーを追いやすくなっている。それならば、巻いたほうが効率がいいんです」

同じエリアでも、スピナーベイトはより岸近くのシャロー周りを、クランクベイトはそこから少し沖に出たファーストブレイクのボトム付近を狙うことで、より綿密に探ることが可能。 [写真タップで拡大]

ワーミングクランク ショットフルサイズ【ノリーズ】

[写真タップで拡大]

スピナーベイトとクランクベイトの使い分けヒント

クランクベイト

[写真タップで拡大]

  • 少し深い場所のボトム付近を狙う
  • スピード感や姿勢変化で口を使わせる

スピナーベイト

[写真タップで拡大]

  • ルアーが見える程度の浅いレンジを通す
  • カバーの中から魚を引っ張る力が強い

スピナベ、クランクときて バズベイトで締め!「秋の巻きモノ」を満喫!?

バズベイトに変えた途端ヒット!?

新利根川の下流域で3尾目を釣った伊藤さんは大きく上流方向へ移動。やってきたのは川幅が狭まるエリアだ。

伊藤「流れが生まれやすい、大きな変化のある場所なんです。この変も水がいいですね。またカバーを撃っていきましょうか」

フリップドムを中心に、岸際のブッシュ周りへと次々にフリッピングを決めていく伊藤さん。実はこのあたり、昨年9月の艇王で伊藤さんがフリップドムのカバー撃ちでバスをキャッチしたエリアでもある。しかしこの日はやはり反応がない。ここで伊藤さんはバズベイトのボルケーノIIにルアーを交換。ベジテーションカバーの脇を通す。その1投目。

伊藤「出ましたね~。バズベイトに変えたら一発でした(笑)。おそらくバスはカバーの直下にいて、落ちていくものに反応しない日なのかもしれません。横に動くものに好反応を示す。まさに秋のバスです」

直前までフリップドムをカバーに撃ち込んでいた伊藤さんだったが、あまりの反応の無さにルアーをボルケーノIIにチェンジ。答えは早かった! バズベイトに交換後、いきなり水面は割れた! ここまで明確に撃ちと巻きで反応に差が出るとは驚きだ。残念ながらフックアップにはいたらなかったものの、この後にもバイトは続いた。 [写真タップで拡大]

その後もフックアップはしないもののバズベイトに反応はあった。ここまで4尾のバスを釣り上げた。いずれも巻きモノでキャッチしているものの、サイズは粒ぞろい。最後はサイズアップ狙いで洲ノ野原へと移動したものの、追加の魚を得ることが出来ず、この日の実釣は終了となった。

バイトはあっても乗らない…そんな時は多少スナッグレス性能は落ちるもののアシストフックの出番! 伊藤さんは「スナッグレストレーラーTC【リューギ】」を愛用。フック位置を固定しやすいので、トラブルが起こりにくいのが特徴だ。 [写真タップで拡大]

伊藤「バスのいるエリアはある程度目星がついていましたね。こうなってくると流石にスピニングタックルで時間を掛ける必要もあったかもしれません」

それでもムービング系ルアーだけで4尾をキャッチした伊藤さん。しかもいずれの魚も伊藤さんの理論に則った釣果だったのだ。

バズベイトの基本はなにかの脇を通すこと! スピナーベイト同様、スナッグレス性能が高いので、臆せずキャストを決めていこう。なお、水面系ルアーとはいえバズベイトなら写真程度のラフウォーターまでなら問題ないそうだ。 [写真タップで拡大]

ライン小話「太いラインでキャスティング精度がアップ!」

[写真タップで拡大]

伊藤「実はキャスティング精度を高める簡単な方法があるんです。それは太いラインを使用すること。太いラインは抵抗が大きいし重いしで、キャストしても常時サミング状態みたいになるんです。そうすると、ルアーが飛ぶスピードが遅くなるので、コントロールする余地が生まれるわけです。例えば自分の場合、スピナーベイトは20lbを使用しますよ」

ボルケーノII【ノリーズ】

[写真タップで拡大]

岸釣りでも秋の新利根川に挑戦! でかバスが期待できる雰囲気だが…!?

2日目はオカッパリ! しかし魚の居場所が違う…?

迎えた2日目。この日は新利根川を中心にオカッパリで攻略することになった。

朝一は下流域にある大きな水門からスタート。しかし周辺の水はあまり良くない模様。しばらくバズベイトを通したあと、伊藤さんが取り出したのはスピニングタックルだった。

伊藤「明らかにバスがいるだろう、という場所であればスピニングタックルで時間を掛けるのももちろん有効です。ただやっぱり秋はバスの行動圏が広いということもありますし、こちらから当てに行ったほうが効率がいいことも多いですね」

伊藤さんは2箇所目として、新利根川と似たシチューションの野田奈川をチェックしたのち、再び新利根川へと移動。やってきたのは上流部にある破竹川との合流地点だ。

ウエッピング気味に足元のカバーをフリップドムでアプローチ。巻きだけでなく撃つ釣りも試す。どちらがいいかはその日その時になってみないとわからない部分があるのだ。 [写真タップで拡大]

伊藤「こういう場所って、ついつい川が合流している場所からやってしまいますよね。もちろんそれも悪くないんですが、実は合流部の対岸にも変化が及んでいて狙い目になっているんですよ」

流れがぶつかれば、そこに生まれる変化は大きいものになる。例えば破竹川の合流部で言えば、対岸の上流下流ともにその影響があるのだという。そして伊藤さんはそれを即座に証明してくれた。合流部の対岸上流側でヒットしたのだ!

伊藤「護岸際にスピナーベイトを通したら食ってきましたよ! 変化の少ないタイプの川ですから、これだけ大きな何かがある場所付近には絶対にバスがいます。巻く釣りなら、そういった魚に遭遇できる!」

朝こそ汗ばむ陽気ではあったものの、この日は時間経過とともに荒れ模様となってきた。

伊藤「雨もぱらつくしこの風。いいですね。こういう日はデカいのが釣れるんですよ!」

陸王や艇王、そしてB.A.S.S.と、伊藤さんはメディアに出演する傍ら、試合形式でのバス釣りに挑む機会も多い。勝つための釣り。そこにあるのは時にプロセスを無視した釣果への最短距離であり、小さな水路でのサイトフィッシングや極々フィネスな釣りも必要となる世界。しかし伊藤さんは、自身の本質はそこにはないのだという。

この日、追加の魚を得ることはできなかった。しかし、本流を回遊するハイクオリティのバスと遭遇できる釣りを追求するその姿は、間違いなく、大好きなバスフィッシングを堪能していたように思う。

最後まで巻き通した伊藤さん。どうやらこの日の状況では新利根川上流域は思わしくなかったようだ。天候による期待度が高かっただけに非常に残念だが、この続きは是非ともこの記事を読んでくれた読者の皆様に完結させてほしい! 巻きモノの秋はまだまだ続く…! [写真タップで拡大]

年々難しくなるバス釣りを前に、釣果への最短距離を求めてしまうかもしれない。しかしたまには大きな視野でフィールドを見つめ、でかバスとの出会いに期待してみるのはいかがだろうか? 秋はそれが楽しめる季節なのだから。

フラットエリアから魚がいなくなるまでは秋! 巻きの釣りはやっぱり楽しいですよ! [写真タップで拡大]

タックル

[写真タップで拡大]

【バズベイト、スピナーベイト用】

  • ロッド:ロードランナーヴォイス ハードベイトスペシャル エリートスペックHB6100MG
  • リール:カルカッタコンクエスト100
  • ライン:R18 フロロハンタータクト20lb

【クランクベイト用】

  • ロッド:ロードランナーヴォイス ハードベイトスペシャル エリートスペックHB6100MLG
  • リール:カルカッタコンクエスト100
  • ライン:R18 フロロハンタータクト14lb

【カバー撃ち用】

  • ロッド:ロードランナー ストラクチャーNXSエリートスペックSTN730H
  • リール:メタニウムXG
  • ライン:R18フロロリミテッドハード20lb【全て、ロッドはノリーズ、リールはシマノ、ラインはシーガー】

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス