コレは反則級!EZ-Qキャスト 喰わせラトル3.0号は秋終盤の良型アオリイカキラー![デュエル]

非ダート系のエギとして人気の高い「EZ-Qキャスト」。ボディの下部に搭載したパタパタフットが絶妙なアクションを発生し、スレたアオリイカでさえ思わず触腕を伸ばしてしまうという、大人気エギだ。2.5号から3.5号まで、サイズラインナップも豊富なこのエギを、池内さんはどう使うのか? 秋イカシーズンでの活用法を解説してもらった。

>>秋エギング後半戦!3エリアの釣り分け(ルアマガ+)<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部

笑う門にはイカ来たるスマイルエギンガー

[写真タップで拡大]

池内 修次(いけうち・しゅうじ)

太平洋側にも日本海側にもアクセスしやすい京都府在住。年間通してアオリイカを追い続けるエギングのスペシャリストだ。中層のエギングを得意とし、釣り場で釣果と笑顔を絶やさないのが持ち味。デュエル・ヨーヅリのプロスタッフ。

実釣フィールド

和歌山県・南部
紀伊半島南部が南紀エリアで、年間通してエギングが楽しめる関西屈指の人気フィールド。本州では希少なアカイカ系モンスターが狙える地としても知られる。磯、堤防など釣り場が豊富で秋も攻めごたえがあり、良型が期待できる。 [写真タップで拡大]

まずは近距離でローアピール! 喰わせ3.0号で良型イカをサーチ

実釣場所へ向かって、南紀エリア西岸を北上。地磯に入る。サイズアップが期待できる潮通しの良い磯の張り出し付近でエギを投げるが、イカの追尾はない。

[写真タップで拡大]

池内「エギが生温い。水温がかなり高いですね。ワンド奥の小規模河川の流れ込み付近を探ってみます。多少水温が低くて、高水温期に強いんで」

エギはEZ-Qキャスト喰わせラトル3.0号。

【池内さんの秋のエギ選択】水中にエギを置くようにじっくり探る!

池内「まずはEZ-Q キャスト 喰わせ ラトル 3.0号を使い、反応が悪くなったり、釣れないときはフォローでEZ-Q キャスト 喰わせ ラトル 2.5号にチェンジ。使い方は任意のレンジまで沈めたらジャーク。小刻みなアクションとフォールを繰り返して、水中にエギを置くイメージでじっくり誘います」

池内「ウネリが入って砂が巻き上がってやや濁り気味。カラーは夜光マーブルオレンジ。濁り潮マスターです」

浅いため、投げて数秒沈めてトゥイッチ。エギを止めるとすぐにイカのアタリが!

非ダート系のナチュラルな喰わせ力が最大の武器
アクションをつけるとラトルの音と水押しでアピール。フォール中もパタパタフットとウェーブモーションボディがナチュラルな波動を出してバイトを誘う非ダート喰わせ系のエギだ。
池内「巻いても釣れるし、操作感が得やすくオートマチックに喰わせやすい。エギング入門者の方をはじめ、どうしても1杯という人にもおすすめです」 [写真タップで拡大]

【Hitエギ】
EZ-Q キャスト 喰わせ ラトル 3.0号(デュエル)

池内「秋はイカが居れば結果が早いですからね(笑)。今年の秋(イカシーズン)は遅れてるんかなぁ」

しかも単発で終わり、実釣も納竿の時間を迎えてしまった。

池内「水温が高くてダツにシオ(カンパチの幼魚)にヤガラも居た。海の中はまだ夏真っ盛りでした(笑)」

秋イカは外敵に怯えて障害物に身を潜めていたに違いない。

非ダート系のナチュラルな喰わせ力が最大の武器
アクションをつけるとラトルの音と水押しでアピール。フォール中もパタパタフットとウェーブモーションボディがナチュラルな波動を出してバイトを誘う非ダート喰わせ系のエギだ。
池内「巻いても釣れるし、操作感が得やすくオートマチックに喰わせやすい。エギング入門者の方をはじめ、どうしても1杯という人にもおすすめです」 [写真タップで拡大]

池内「水温25℃を切る頃には外敵も減って、10月半ばをすぎればサイズアップした秋イカの行動が活発になるはずです」

本格的なシーズンはそこから?

池内「ですね。サイズアップを狙うならエギは3.0号。まずは水深に関係なくオールマイティに使えるEZ-Qキャスト喰わせラトル。届く範囲のイカを非ダート系のローアピールで喰わせます」

3つの“Q”の追加サイズで秋のシャロー~ディープを完全攻略
実釣で池内さんが乗った湾内の離れ磯は、シャローエリアも潮通しの良い深場もある秋のエギングフィールドの縮図的な釣り場。この離れ磯を例に、3つのQの追加サイズの使いどころを紹介するとご覧のとおり。
池内「シャローは水深2m前後まで。アオリーQ LCスローは水深50cmでも攻めれる。ミドルレンジ(水面下5m前後)とディープ(水深5m以上)は、EZ-Qキャスト喰わせラトルとLQがメインになります」 [写真タップで拡大]

池内さん使用、秋のタックルセッティング

●ロッド:アサルトジェットタイプS75MMHプロト(ゼスタ)
●リール:イグジストFC LT2500S-C(DAIWA)
※ハンドルはウィング92、ノブはフィーノ+、ハンドル逆面にカスタムバランサーを装着(いずれもリブレ)
●ライン:ハードコアX8プロエギング0.6号(デュエル)
●リーダー:ハードコアエギングリーダー2号(デュエル)
●スナップ:エギ用ロウ付けスナップV型#1(日本の部品屋) [写真タップで拡大]

南紀勝浦の磯はおまかせ 清丸渡船

清丸渡船
実釣で利用した渡船は勝浦港(和歌山県那智勝浦町)が拠点の清丸渡船さん。磯釣りのメッカ、南紀勝浦の磯で人気の渡船だ。エギングやロックフィッシュなどソルトゲームにも対応してくれる。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス