「至高のPEライン」がXBRAIDから登場!圧倒的な水切れと耐摩耗性を誇る『シンジX9』とは!?

創業70年、設立30年を誇る老舗ラインメーカーであり、PEラインのパイオニアとして国内外に圧倒的なシェアを持つ「XBRAID」。2023年同社から最高品質を誇る「フラッグシップPEライン」が登場する。その名も『シンジX9』。今回そんな新作PEラインについて商品部マネージャーを務める米原さんにお話を聞いて参りました!

●文:ルアマガプラス編集部

シンジX9(XBRAID)

[写真タップで拡大]

  • 【スペック】
  • サイズ:0.6~4号
  • 組数:9本組
  • 糸巻量:100m×12連/0.6号〜2号 200mハンガーパック/0.6号〜4号 300mハンガーパック
  • 素材:ポリエチレン(比重0.98)
  • カラー:5COLOR 1m毎黄/黒、または緑/黒マーク5m毎イエローマーク
  • 価格:オープン

――2023年の新製品である「シンジX9」の特徴について教えてください!

米原「今回リリースされるシンジX9は、弊社から発売されている『ロンフォート オッズポート WXP1 8』という高強度、高耐摩耗性を誇るハイエンドPEラインをさらにアップデートしたフラッグシップラインになります」

米原「特徴としてはラインに樹脂加工を施しました。これにより耐久性のアップはもちろん、水切れが良くなり感度操作性がオッズポートよりも向上しました。

ベースとなるオッズポート自体も、8本組の中芯に高強力PEラインが入っているので糸潰れが少なく、ラインの形状が保たれて、水切れも非常によいのが特徴でした。シンジX9はそこからさらに水を吸わない樹脂加工をしているので、撥水性が高まり水切れもさら向上しています」

[写真タップで拡大]

米原「実際にバーチカルの船釣りやジギングで使ってみるとよく分かりますよ。これまでの糸ふけとは全くの『別次元』になっています」

――糸ふけが別次元!?

[写真タップで拡大]

米原「そうなんです、従来のものよりも圧倒的に糸がふけにくいので、海中でも糸が立ちやすく感度が良い。さらに樹脂加工は耐久性も高めてくれるので船釣りやジギング以外にもキャスティングやロックショアゲームなどのハードな使用にも最適です」

――まさに「非の打ち所がない」ということですね!

米原「はい、XBRAIDを代表するフラッグシップPEラインとなるので、是非その実力を体感していただければと思います。これまでのPEラインには戻れなくなりますよ!」

[写真タップで拡大]

XBRAID YouTubeチャンネルではシンジX9の実釣動画も公開中! 是非チェックを!!

XBRAIDの新製品を、フィッシングショーOSAKAへ見に行こう!

ルアマガプラス