アブガルシアの大人気バスロッドが「軽さと強さ」を纏いフルモデルチェンジ!『ホーネットスピアーズ』

アブ・ガルシアを代表するバスロッドシリーズ『ホーネット』。1996年に初めて登場し、その後はホーネットプラス、ホーネットキラービー、ホーネットスティンガー、そしてホーネットスティンガープラスへと時代とともに進化。そして今年2023年に、コンセプトは継承しつつ最先端素材&技術を投入して『ホーネットスピアーズ』へと再び生まれ変わる!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

アブホーネットスピアーズ(アブガルシア)

HSSC-662M [写真タップで拡大]

HSSS-642L [写真タップで拡大]

【スペック】

[写真タップで拡大]

ホーネットスピアーズ最大の特長は、設計をイチから見直したブランクス。メインには40tカーボンプリプレグを、よりパワーを強化したいバット部分には55tカーボンプリプレグを配合し、これをX状にカーボンテープで締め上げるXラッピングで補強。

[写真タップで拡大]

これまで以上にハイパワー&ハイトルクな仕上がりであると同時に、ねじれ防止にも貢献。加えてシャープな使い心地にも、より磨きが掛かっている。さらに先代のホーネットスティンガープラスと比較して最大14%、平均8%もの軽量化も実現している。

携行性を重視して、全モデル2ピース構造を採用。ガイドにはアブ・ガルシアお得意のマイクロガイドシステムを継承しつつ、トップにチタンフレーム&SiCリングガイドを、その他にステンレスフレーム&アルコナイトリングガイドを採用することで、コストパフォーマンスが大幅に向上。もちろんナイロン、フロロカーボン、そしてPEと、あらゆる素材のラインに対応している。

[写真タップで拡大]

ホーネットシリーズのアイデンティティとも言えるコルクグリップは引き続き継承。コスメデザインもスレッドやメタルパーツにブロンズカラーを採用することで、自然に溶け込む落ち着いたデザインとなっている。ラインナップはベイト×4、スピニング×3の全7アイテム。

発売は2023年5月上旬の予定で、バスの好釣シーズンのひとつでもある梅雨時期には間に合いそうだ。それまでは春バスを釣って腕を磨きつつ、しばし待たれよ!

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。