大人気バスプロが監修した極上の「チニング専用」フックが爆誕!『ブリームオフセット(ジジジジジ)』

近年全国各地で人気急上昇中なルアーゲームである「チニング」。かつては底ズル系ルアーが主流であったが、最近ではバスフィッシングのリグである「フリーリグ」を流用、且つチヌ独自の使い方やルアーに発展させたもの主流となっている。タックルやルアーもフリーリグに適応させたものがリリースされる中、この釣りどっぷりハマった「とあるプロ」が監修したチニング専用フックが間もなく発売されようとしている。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

ブリームオフセット(ジジジジジ)

【スペック】

  • サイズ:#1、#2
  • 入り数:8
  • 価格:400円

なにやら聞き慣れないブランド…と思う方が多いかもしれませんが、実は!JBトップ50プロであり、チニングやシーバスなどのソルトゲームにも精通する黒田健史さんが携わるブランドです。

黒田 健史(くろだ・けんし)

JBトップ50に参戦するプロアングラー。様々な釣りスタイルに精通する理論派で、氏の考えや戦略が綴られたブログ「黒田健史のいろはにほへと」は必見。地元の浜名湖ではシーバス・ブリームをメインにしたボートガイドも行なう。


これまでに様々なメーカーでロッドやルアーなど数多の釣具を開発してきた黒田さん。ジジジジジは黒田さん本人もブログで語っているように、自身が本当に欲しいもの(ルアーetc)を、開発から完成まで妥協することなく「採算度外視」で作りあげたものなどがアイテムとなります。

しかし第一弾のルアー『フクロウ』は発売されるやいなや、すぐさま完売!

今回リリースされる「ブリームオフセット」も現代チニング(フリーリグ)の台風の目となるアイテムになりそうです…。

ありえない「ナロー」形状!チニング「超特化型」オフセットフック

今回リリースされるブリームオフセットは、黒田さん自身フリーリグチニングをする中で、市販のバス釣り用オフセットフックではカバー出来ない「専用モデル」の必要性があると感じ開発に着手。試行錯誤を重ね、3つの要素に拘ったフックが完成しました。

1:ナロー形状

黒田さんはチニング用フックを試作するなかで、それなりに満足するものが出来てはいたとのこと。しかし作るのであれば今まで獲れなかった、フッキングの際に「スッポ抜けてしまう」ようなバイトも、確実にチヌの小さな口の中で掛けられる「ナロー(細い)」形状に徹底的にこだわりました。

2:太軸線形

鋭い歯+口の周りが硬いチヌは、既存のバスフックだと伸ばされてしまうことが多くあります。黒田さん自身も、愛用していたバス用フックは釣れるたびに交換することもあったとか。ブリームオフセットは小型サイズであり、ナロー形状でありながらも「簡単には曲がらない」線形を徹底的に追求!さらに太軸を採用することで複数匹キャッチしても使い続けることができます。

3:フッ素コーティング

ブリームオフセットは、キメの細かいフッ素コーティングを採用。摩耗を軽減させ、チヌの堅い口をしっかりと貫きます。

発売は5月中旬!本日(5/17)から店頭に並び始めるかも!?

気になる発売日はこの記事が公開されている本日(5/17)より、順次各小売店(上州屋、釣具のブンブン、イシグロetc)にて出荷、販売される模様!

既にチニングはハイシーズン真っ只中!ブリームオフセットは貴方のチニングゲームの「強力な味方」になること間違いなし。気になる方は釣具店にダッシュです!!

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。