シマノから「ワインド釣法」を新時代へ導く究極のロッドが爆誕!!『ダイナダートXR』【ソルトルアーの新境地を切り開くのはダーティング!】

左右に勢い良く幅広いダートを展開させることでリアクションバイトを誘発し、シーズン問わずにさまざまなターゲットを攻略できるワインドゲーム。そのワインドゲーム専用モデルであるダイナダートに、上級機種の『XR』が登場。ブランクスをさらに強化させ、細部もブラッシュアップを施すことで、より上質なワインドゲームが楽しめるようになっている。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

ダイナダートXR(シマノ)

【スペック】

品番全長(ft.)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)ルアーウェイト(g)エギサイズ(号)適合ラインPE(号)本体価格(円)
S70L-S7’0″2111943~151.8~2.50.4~135,000円
S83ML8’3″21291117~212~3.80.6~1.236,000円
S90M9’0″214111910~302.5~40.8~1.539,000円
S83M+8’3″212911410~353~40.8~1.537,000円
S90MH9’0″214112312~351~240,000円
B70L-S7’0″2111913~150.4~136,000円

ダイナダートXRの最大の進化ポイントは、ハイパワーXに加えてスパイラルXコアも採用したブランクス。ネジレ、つぶれといったネガティブ要素をこれまで以上に抑制することができ、さらにシャープで軽快なダートアクションを展開できるようになった。

そして軽量化もより促進されたことでロングロッド化につながり、ルアーの飛距離アップが望めるのはもちろん、先調子気味のレギュラーファーストテーパー設定により、細かいアクションもつけやすくなった。

ガイドにはシマノオリジナルのXガイドを搭載。操作性の向上を追求するだけでなく、スピニングモデルではラウンド形状により空気抵抗の低減を図る効果があるため、軽快に振り抜ける気持ちの良いキャストを体感することもできる。また、軽いガイドはスイングスピードのアップにもつながり、飛距離アップやシャープなシャクリも期待することができる。

スピニングのS70L-S、ベイトのB70L-Sには高弾性カーボンソリッドティップからなるハイレスポンスソリッドを採用し、食いが浅い状況でもしっかりとフッキングにつながる食い込み性能と同時に、適度な反発力でルアーの操作性も十分に確保している。

ラインナップはスピニング×5、ベイト×1の全6アイテム。アジやメッキ、メバルなどを対象としたマイクロ&ライトワインドモデルから、タチウオやキジハタ、ブリまで狙えるロングストローク&パワーワインドモデルまで、幅広く網羅。ワインドゲームを奥深くまで掘り下げたいならば、持っておくべきシリーズだ。発売は7月を予定、気になる方はシマノ公式HPを是非チェックして欲しい。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。