「ロックショア行くなら持っておくべき!】圧倒的な飛距離と操作性を実現する『グラノダイブ175Fフラッシュブースト(シマノ)』

ロックショアゲームでは可能な限り広範囲を探れるように安定した飛距離はもちろん、遠くからターゲットを呼び寄せるための強力なアピール力、そして遠く離れていてもアングラーの入力がしっかりと伝わる動かしやすさを持ったルアーが必要不可欠になる。それらを凝縮して、ショアならではのキャスティングゲームの魅力を追求したのが『コルトスナイパー グラノダイブ175Fフラッシュブースト』だ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

コルトスナイパー グラノダイブ175F フラッシュブースト(シマノ)

【スペック】

  • 全長(mm)175
  • 重量(g)57
  • タイプ:フローティング
  • カラー:8色
  • フック:#2/0 x 2

グラノダイブは通常のペンシルベイトと比較すると“頭でっかち&尻すぼみ”のような形をしており、ウエイトも後方配置の固定重心タイプ。このようなレイアウトを採用することでヘッドは高い浮力を確保し、対してテールは沈みやすくなるので、ほぼ垂直に近い浮き姿勢をキープ。軽い力でアクションさせてもダイブしやすく、水面まで出切らないターゲットにも誘い出しアクションで効率良くアピールすることができる。

また、側面にはフラットサイド形状を広く持たせることで水抵抗を受けやすくなり、ダイブ時には水絡みが良くなることでエラーアクションが起きにくい構造となっている。そして、このフラットサイド形状はタダ巻きでも効果を発揮。リトリーブするだけで左右に倒れ込むようにローリングアクションを起こすため、内蔵されたフラッシュブースト機構と相まってフラッシング効果が絶大に。

想定以上のモンスターフィッシュにも対応すべく、オフショア用ルアーと同設計の太軸貫通ワイヤー構造を採用。ヒラマサやキハダなどの大型青物を掛けたとしても、可能な限り破損しにくい強度を追求している。

カラーはフラッシュブースト機構を積極的に活かすべく、クリア系ラインナップがメイン。さらにベイトフィッシュのリアルな鱗パターンを追求したホログラムのスケールブーストも合わせることで、ショアからという“制限付き”でも強気のゲームを展開できるはずだ。グラノダイブで、会心の一尾を攻略してほしい!

グラノダイブ175Fのアクション動画及び解説は下記動画をチェック!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。