《シマノ新作》ハンドルの軽さ圧倒的…23ヴァンキッシュを徹底インプレ!

限界のその先の景色を見ることができる? スピニングリールに求められる「軽さ」「円滑さ」「強靭さ」などの基本要素の頂点を極めて、更にその先にある「何か」を掴んだリール。それがこのNEWヴァンキッシュだ。それは超密巻きによるキャストフィールの向上であったり、巻き心地であったり、数字では表現できない領域をも包含する。何が進化したか? すべてが進化した。

●文:ルアマガプラス編集

2024 イカメタル特集

ヴァンキッシュ C2500SXG [シマノ]

SPEC

●ギア比:6.3●最大ドラグ力:3キロ●自重:150グラム●スプール径:44ミリ●糸巻量:PE0.6号200メートル●最大巻き上長:87センチ●ハンドル長:45ミリ●ベアリング数(BB/ローラー):11/1●価格:6万5300円(税抜き)

注目の新製品「C2500SXG」を釣りビジョンマガジン編集長がインプレ!

テッペイ

3Gインプレッションなど、長年ルアーマガジンのタックルインプレを受け持ってきたインプレ職人。その鋭い舌鋒で新製品を一刀両断してきたので、各メーカーのブラックリストに載っているとか? 現在「釣りビジョンマガジン」編集長を務めつつ、ライター業も兼業。

POINT.1 外観デザイン

渋みと斬新さを合わせ持った唯一無二のテイスト

まず「これで2500なの?」と首をかしげるほどコンパクトだ。ボディカラーは渋みを帯びた輝きを放つ、マイカ系のチャコールブラック。スプールには細長いブランキングと並行して刻まれた縦溝に、横書きされたVanquishのロゴが鮮烈だ。ステラとは違う流れのフラッグシップであることを、高らかに宣言しているようにも見える。

POINT.2 回転・巻き心地

他を圧倒するハンドル回転の軽さ。

ハンドル回転は…軽い。本当に軽い。なぜこんなに軽いのか? どうやら他との差を生む最大の要因は「超密巻き」だと思う。超密巻きにするために、スプールが前後にスライドする「オシレーション」がものすごくスローなのだ。その分、ハンドル回転にかかる負荷が劇的に減少している。当然ブレもないし、ゴリ感は皆無。そして、無音。

POINT.3 キャストフィール

整然と巻かれたラインが、比類なきスムースさで放出

明らかにラインの出がいい。これが超密巻きの効果か。飛距離も出る。超密巻きはラインがまとめてボワッと出ちゃいそうなイメージもあったけど、そんなことはなかった。整然と巻かれているラインが音もなく放出されていった。

ロングストロークのAR-Cスプール。個人的に主力で使っているヴァンフォードも同様のスプールなので、同じ感じかな~と思って投げてみたら…全然違った。ヴァンキッシュの超密巻きは、本当に凄い。これが新標準になるかも。

POINT.4 糸ヨレ

もはや過去のもの? 糸ヨレトラブルなし

今回PE0.6号でしか試していないが、かなり長時間に渡って使用したにもかかわらず、ライントラブルはゼロ。フロロで試していないので何とも言えないが、最近のスピニングリールは糸ヨレトラブルが本当に減ったと思う。

POINT.5 ドラグ

粘り気のある効き方で魚の体力を奪うタイプ

ドラグは、意外にも粘り気のある効き方だった。走られたときは存分に走らせて、疲れを見せると粘っこい負荷が体力を奪う、個人的には好きなタイプだ。ドラグノブの調節ピッチも極めて細かく、かなり細かい設定まで可能。

POINT.6 総合的使用感

文句なしの高性能といって良い

逆風下でのi字系キャストや、スモラバのボウ&アローなど、様々な投げ方を試したが、ラインの放出がスムースなので、想像以上によく飛んだ。速巻きでも、遅巻きでも、回転はよどみない。一度だけキャスト時にベイルが戻る事故があったが、自分の不注意だと思う。

POINT.7 価格

買った人に後悔させないこの価格

超密巻きは、ライン放出がスムースになるだけじゃなくて、ハンドル回転まで軽くしちゃうとはね

通販で税込5万4000円前後が相場らしい。これは、お買い得だと思う。間違いなくそれ以上の価値がある。でも、「それだったらヴァンフォードを2台買えるなあ」と思ってしまう自分もいる。予算があるならオススメです。

【ベイトリール編はこちら】


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。