オヌマン監修の名作ペンシルに新サイズが追加!『トリックアッパーR 65F(DAIWA)』

ソルトルアー業界を代表する職業釣り師であり、プロシーバスアングラー・小沼正弥氏が監修した大人気ペンシルベイト「トリックアッパー」。昨年度リニューアルされ「R」となり、パワーアップした同ルアーに、マイクロベイト、チニングにも最適なNEWサイズがラインナップされた。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

モアザン トリックアッパーR 65F(DAIWA)

【スペック】

  • サイズ:65mm
  • 自重:5.9g
  • タイプ:フローティング
  • カラー数:8
  • アクション:ダイブ&ウォーク、パニック

魅惑のトリッキートップペンシルに「新サイズ」が追加!

職業釣り師・小沼正弥氏が監修した大人気シーバス用ペンシルベイト「トリックアッパー」。

連続トゥイッチでイレギュラーなダイブとトリッキーなアクションのドッグウォークを演出する。

同ルアーはアクションだけでなく、ボーン素材とガラスラトルによるラトルサウンドも特徴で、トリッキーなアクションと相まってアピール力も非常に高くなっている。

またリア重心となっているため、安定した飛行姿勢で遠投性能にも優れており、広範囲に対してのアピール能力も抜群なペンシルベイトである。

そんなトリックアッパーに「ラトルサウンド」がパワーアップしたのが、リニューアルされた「R」タイプ。内部に大径ラトルウェイトが加えられ、さらなる大音量サウンドとなった。

トップウォーターゲームといえば、水面が穏やか且つベイトフィッシュが表層にいるシチュエーションが一般的だが、現代のシーバスゲームは風や波が強いラフなコンディションも多い。そのような状況でも活躍してくれるのが「トリックアッパーR」なのだ。

そして今年度、トリックアッパーRには、65mmの新サイズが登場!マイクロベイトパターンをはじめとしたベイトが小さな状況や、シーバス以外のチニングゲームにもうってつけのサイズ!

重量も5.9gと軽量だが、リア重心の安定したキャスタビリティで、サイズ以上の遠投性能を発揮するだろう。発売は8月を予定。真夏から初秋のトップゲームで活躍すること間違いなし!

また通常の105Fには珠玉のNEWカラー3色も追加されたのでこちらも要チェックだ!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。