【なんでも釣りたいアナタへ】シマノからライトショアジギングの決定版が登場!『コルトスナイパーBB LSJ 』

小〜中型の青物やサワラ、根魚、タチウオなど、いろいろな魚をターゲットに釣りを楽しむことができるLSJ(ライト・ショア・ジギング)。この釣りをビギナーでも安心して楽しめるロッドシリーズ『コルトスナイパーBB LSJ』がシマノから登場する。 

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

コルトスナイパーBB LSJ(シマノ)

【スペック】

品番全長(ft.)全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)適合ラインPE(号)
S96L9’6″2.902148.5177MAX 42MAX 36MAX 2
S100L10’0″3.052156188MAX 42MAX 36MAX 2
S96ML9’6″2.902148.5182MAX 50MAX 42MAX 2
S100ML10’0″3.052156199MAX 50MAX 42MAX 2

ビギナーでも使いやすいLSJの決定版 !

コルトスナイパーBB LSJは、小型のジグやプラグを使って、サーフ・ゴロタ浜、防波堤などで楽しむLSJ(ライトショアジギング)に特化したロッドシリーズ。価格は抑えつつも、徹底的に軽量化されており、この釣りが未経験な人でも扱いやすく、長時間の釣りでも疲れにくくなっている。

ロッドのネジレを防ぐ強化構造『ハイパワーX』を採用しておりロッドパワーも申し分なく、遠投性能やファイトでもしっかりと仕事をしてくれる。軽さとパワーがベストバランスで同居するのがこのコルトスナイパーBB LSJだ。 

エントリーモデルとは思えないシリーズ構成 

ラインナップは4本で、96レングスのLとMLパワー、100レングスのLとMLパワーとシンプルな構成。ハイパワーXにCI4+リールシートといった機能がついていて、価格は2万円台前半。市場では1万円台中盤と、かなりコストパフォーマンスに優れたロッドになっている。この価格帯ながらも、ロッドはかなり軽量化がされているのも見逃せない。 

しなやかさを求めるならS96LやS100Lを、よりパワフルさを求めるならS96MLやS100MLと使い分けていくといいだろう。S96LとS100Lならリールは3000〜4000番、S96MLやS100MLなら4000~C5000をセットするのがおすすめだ。ラインはPE1.0〜1.5号、リーダーは20〜25ポンドがマッチする。 

S96L/S100Lにベストマッチングなセッティング

S96ML/S100MLにベストマッチングなセッティング

ジグもプラグも「1本」で使えるのがコルトスナイパーBB LSJ 

コルトスナイパーBB LSJは、サーフ・ゴロタ浜、防波堤、地磯などで、20〜50gくらいのジグを使い、小〜中型の回遊魚などを釣っていくのにぴったりなロッドだ。とても高バランスで設計されているので、より軽い力でメタルジグを操作していける。また、サワラゲームでよく用いられる、ブレードジグの高速巻きにもぴったりだ。それだけでなく、ミノーなどのプラグを気持ち良く使える懐の深さも持ち合わせている。刻一刻と変わる海の状況に合わせて、いろいろなルアーを使い分けていくことが可能だ。 

対象魚は小〜中型の青物、サワラ、タチウオ、根魚、シイラなど多彩。エントリーしやすいエリアでのライトなショアジギングを楽しむのに、ぜひコルトスナイパーBB LSJを使ってみてほしい。 

シマノインストラクター・新保さんの解説動画も要チェック!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。