DAIWAから「バチコンアジング専用」ジグヘッドが遂に登場!『月下美人バチコンジグヘッド』

近年関西だけでなく、関東などでも盛り上がりをみせるのが「バチコンアジング」。ライトなタックルで手軽にに楽しめるのはもちろん、初心者でもグッドサイズのアジを多数釣れることから、オフショアゲームの登竜門的存在になりつつある。そんなバチコンアジングの鍵となるアイテムがジグヘッド。ショアで使用されているものも流用できることもあるが、30cmを超える大型のアジも高確率で釣れることからより強いものが求められていた。そんなバチコンファン待望のジグヘッドが「月下美人バチコンジグヘッド」なのだ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

月下美人バチコンジグヘッド(DAIWA)

【スペック】

  • サイズ:0.3g/#8、0.3g/#6、0.5g/#8、0.5g/#6、0.3g/#8太軸、0.3g/#6太軸、0.5g/#8太軸、0.5g/#6太軸
  • 入数:3
  • 価格:550円

水中を漂う「低比重錫製」バチコン専用ジグヘッド!

月下美人バチコンジグヘッドはその名の通り、バチコンアジングに特化した専用ジグヘッド。

通常ジグヘッドは、ヘッドの重りの部分を鉛、もしくはタングステン製のものが多くあるが、バチコンジグヘッドは「錫製」ヘッドを採用。

鉛と比べると、比重は150%と体積及びシルエットが非常に大きくなるため、水中に沈めた際に潮流の影響を受けやすく、フォール速度が極めて遅くなる。

しかし潮流をしっかりと受けることから、ワームが自然に泳ぐ姿勢を維持し、アジにしっかりとルアーをアピールすることが出来る。

軽くて潮受けさせやすい、低比重の錫製ヘッド。

またフックは、バーチカルによるアジの巻き上げ方向に対応し、キープ力を重視するDAIWAオリジナルフックを採用。金メッキを施した特別仕様となっている。

刺さりとキープ力を重視した日本製金針。

さらにフックのラインナップは、ノーマルと太軸があり、喰い込みを重視するのであれば「ノーマル」。ギガ鯵をターゲットにするのであれば「太軸」と使い分けることも可能。

ワームサイズとアジのサイズに併せた4サイズをラインナップ。

バチコンアジングの本場である関西エリアから、デイ中心の関東にも対応した超スタンダードバチコンフックこそがこの「月下美人バチコンジグヘッド」なのだ。

発売は10月を予定!バチコンアジングは要必見だ!!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。