シーバスルアーの新たな「イカズチ」!ジャッカルの新ルアー『ライコ132F』の特徴とは!?

ジャッカルから新たにリリースされるシーバス用ルアー「ライコ132F」は、コノシロなどの大型ベイトパターンに特化したウエイク系。誰にでも使いやすいサイズ感にこだわりつつ、数もサイズも獲れるというキラーベイトに仕上がっている。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

ライコ 132F(ジャッカル)

【スペック】

  • 全長:132mm
  • 自重:42g
  • カラー:全8色
  • 有効レンジ:0~60cm
  • 適合タックル:シーバスロッドのM~MH(ゆったりと投げるのであればMLも可)
  • 価格:2,800円(税抜き)

誰が使っても安定して釣れるランカーシーバスハントの救世主

全長132mm重さは42gで、一般的なシーバスタックルで投げられるサイジングに設計。表層のウエイクルアーでありながら、泳ぎはウォブルを抑えたタイトロール。流れが強い場所でも巻きやすく、プレッシャーにも強い設計だ。特殊形状のリップとタングステン重心移動により飛距離は抜群。大径スチールボールラトル内蔵で、アクション時にガラガラというサウンドを発生してターゲットにアピールする。

久田智司さん、馬場啓輔さんというふたりのシーバスエキスパートが意見を出し合いテストを繰り返した。

ライコの特徴その1:ブリッジ構造リップ

リップ裏にブリッジ構造を設けることで、引き抵抗を軽減し潮流の速い場所でも泳ぎが破綻せず、アクションレスポンスも向上。空気抵抗も減るので、安定した飛距離を出せるという特徴もある。

ブリッジ構造リップのメリット

  • 速い流れでも動きが破綻しない
  • アクションレスポンス向上
  • 空気抵抗を減らし飛距離アップ

ライコの特徴その2:大径スチールボールラトル&TGウエイト重心移動

φ8mmのTGボールの重心移動システムで、着水後はワンジャークで所定位置に戻りすぐにアクションを開始。大型スチール球はガラガラというラトル音を発生し、広範囲に強烈にアピールする。飛距離、立ち上がりの良さ、アクション安定性、そして潮流変化で僅かなふらつきを見せるという性能を実現。

ライコの特徴その3:イレギュラーなふらつきアクションをオートマチックに発生 

スイム中にわずかな水流変化を受けると、一瞬バランスを崩してヒラを打つように設計されている。ただ巻きしているだけでオートマチックに喰わせのふらつきアクションが発生し、追ってきたシーバスにバイトを誘発させる。 

水面下では引き波を立てて泳ぎ、水流の変化を受けるとオートマチックにふらつきアクションを発生。これが食わせの間になる。

気になるライコの発売は10月下旬を予定。晩秋のビッグシーバス狙いに是非ともチェックして頂きたい!


本ページはプロモーションが含まれています。 ※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。