【キモは水面下5cm】監修者が語るジャッカルの新シーバスルアー『ライコ132F』の使い方とは!?

既に各メディアや動画などでも話題を集めているジャッカルの新シーバスルアー「ライコ132F]。これまでとは一線を画すウェイク系大型ミノーの使い方を監修者の一人である久田智司さんに解説して頂こう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

解説して頂くのは東京湾注目の若手アングラー久田さん

[写真タップで拡大]

【久田智司(ひさだ・さとし)】
東京都在住。荒川、隅田川、旧江戸川などをホームに、関東全域のシーバスフィッシングに精通。時間が許す限りフィールドに繰り出し、自分だけの価値ある1尾を追い求める。

ライコ132Fのスペックや詳細はこちら

久田的・ライコおすすめアクション「水面下5cmを泳がせて引き波を立てながら引いてくる」

[写真タップで拡大]

久田「ライコ132Fはコノシロパターンをメインに作ったウエイクミノーです。このジャンルには珍しく、この手のルアーの中でもロールをかなり強めに設定してあるのが特徴です。

なので、流れが速くても緩くても使える汎用性を備えています。川でも干潟でも港湾部でも、場所を選ばずに使えるオールマイティ性がありますね。サイズも大きくし過ぎず、スピニングタックルで使える大きさにしました。誰でも使いやすい大きさにするというのは開発当初からのコンセプトですね」

[写真タップで拡大]

久田「特徴的なリップ形状は、動かしやすさ、理想のアクション、レンジ感を求め、意見を出し合ってこのデザインになりました」

[写真タップで拡大]

久田「特に巻きやすさはかなり重視されていて、浮力の大きいウエイクルアーは大潮の流れが速い時になると巻き抵抗が大き過ぎて使いにくいということが多かったので、それを改善しました。このリップ形状にすることで、無駄な抵抗をなくして飛距離がアップ。横風や向かい風でも飛ばしやすくなっています。ルアーが回転して飛びにくいということは少ないですよ。

スイムレンジは最大で60cmほど。巻きスピードは、デッドスローから速巻きまで対応します。自分は、ルアーを水面から5cmほど潜らせて、ルアー後方に引き波が出るくらいのスピードで巻いてくるのが好きですね」

基本的な使い方は水面でのウェイクアクション

[写真タップで拡大]

水面下5cmレンジを泳がせることにより、ルアーの後方にヨレを発生させながら泳ぐ。使う場所の流れの速さにマッチさせ、巻きスピードやロッド角度を調節しながらこのレンジをキープするように巻いていくのがコツ。

久田「ナイトでもデイでも使えますし、フィールドも選ばず活躍します。これまでのウエイク系のルアーとはひと味違うので、ぜひ使ってみてください」

デイでもナイトでもライコ132Fはその威力を発揮

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ライコ132Fはデイでもナイトでも水面をストライクさせる能力を持つ。河川や干潟のシャロー、港湾部など、使うエリアも選ばないので、幅広いシチュエーションで投入することができる。

ベイトが大型化してくる秋以降がこのルアーの本領発揮。動きが暴れすぎないのでバイト数が多く、それでいてランカーヒット率も高いといういいとこ取りのルアーが「ライコ132F」なのだ。

[写真タップで拡大]

発売は10月下旬を予定。晩秋のビッグシーバス狙いに是非ともチェックして頂きたい!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。