ランカーシーバス「捕獲率急上昇中」ルアーを徹底解剖!合言葉は「救われたくば“バーティス”を信じなさい」【DAIWA岡本隆治の極鱸道】

「シーバス大好き営業マン」としてSNS界隈で話題彷彿中(!?)のアングラーであるDAIWAの岡本隆治さん。東京、大阪、北陸、九州と勤務地の異動に伴いながら、全国各地で釣りの腕を磨き続けている「シーバス求道者」である岡本さんに、ランカーの狙い方からシーズナルパターン、さらにはDAIWAルアーの「マル秘な」使い方まで徹底的にアングラー目線で解説!今回は岡本さんがメーターオーバーをはじめ、ランカー捕獲実績多数のミノー「ショアラインシャイナーZ バーティスR」の魅力、そして推しポイントを徹底考察します。ランカーシーバスをキャッチしたいというアングラーの皆様、合言葉は「救われたくばバーティスを信じなさい」です。

●写真/文:岡本隆治

2024 新製品情報

DAIWAの凄腕営業マンにして次世代シーバスアングラー筆頭格!

岡本隆治

岡本隆治(おかもと・りゅうじ)
三度の飯よりシーバス釣りが好きな、DAIWA営業マンきってのシーバスジャンキー。これまで転勤先である、大阪湾、北陸、東京湾などで釣りを楽しんできたが、現在のメインフィールドは九州。2020年にはMAX98cm、2021年にはMAX99.9cm、2023年には3本のメーターオーバーをキャッチした実績を持ち、ビッグベイト「モンスタースライダー」の開発にも携わる。 [写真タップで拡大]

岡本さんのSNSでは記事に書いて欲しい内容や質問を募集中!気軽にフォローを!

「救われたくばバーティスを信じなさい」※通称:救バ

ルアマガプラスをご覧の皆様、こんにちは!DAIWAのシーバス大好き営業マン・岡本です。

こちらは、最近SNSでしつこく使わせてもらっているハッシュタグです。

熊本某販売店様の「救バコーナー」今年揚がった3本のバーティスRメーターが堂々と佇んでいます(笑)。 [写真タップで拡大]

なんだか胡散臭い響きですが、熊本を中心に全国各地から「救バ報告」が後を絶ちません。
以前のメーターの記事にも書きましたが、私がどうしてここまでバーティスRを推すのか。それについて今回はさらにマニアックに書こうと思います。

以前の記事はこちら

もちろん私はDAIWAのセールスなので、自社のルアーをオススメするのは当たり前なのですが、僕は自分が実際に使い込み、本当に良いと思う商品しかSNSや店頭等では推しません!(キッパリ)。

その中でもバーティスRシリーズは、特に秀でた素晴らしいルアー。誰でも使えばわかる最高のルアーです。しかも12月というシーバスラストシーズンに釣果を伸ばすにはうってつけのルアーなんです!

魚数が減り、風が強く吹く晩秋~初冬にこそ火を噴くルアーだと思います!晩秋の90㎝! [写真タップで拡大]

では、群雄割拠のスタンダードミノージャンルの中で「何故このバーティスRじゃなきゃダメなのか」その理由を色んな角度からお伝えします!かなりキモチワルイ所まで深掘りしましょう(笑)。

ちなみに、今回は、バーティスRの中でも125F-SSR/140F-SSR/140S-SSRの3モデルをピックアップしてお話しさせて頂きます。

ショアラインシャイナーZ バーティスR F/S-SSR(DAIWA)

[写真タップで拡大]

【125F-SSR スペック】

  • タイプ:フローティング
  • サイズ(mm):125
  • 自重(g):20.3
  • 色数:14
  • 有効レンジ(cm):約30~50
  • アクション:ヌルヌルロールアクション
  • 飛距離(m):Max75 AVE72.1(当社テスト)
  • 標準装備フック:#5(リング#3)

【140F-SSR スペック】

  • タイプ:フローティング
  • サイズ(mm):140
  • 自重(g):26
  • 色数:11
  • 有効レンジ(cm):約30~50
  • アクション:ヌルヌルロールアクション
  • 飛距離(m):Max82 AVE79.8(当社テスト)
  • 標準装備フック:#4(リング#3)

【140S-SSR スペック】

  • サイズ(mm):140
  • 自重(g):27.5
  • 色数:9
  • 有効レンジ(cm):約30~50
  • アクション:ヌルヌルロールアクション
  • 飛距離(m):Max85 AVE82.6(当社テスト)
  • 標準装備フック:#4(リング#3)




岡本的分析!バーティスRのココがスゴイ!

その1:アクション

ではまず、ルアーの基本中の基本、アクションについて。バーティスRシリーズは基本的にどのモデルも、アクションに通ずるものがあります。

それはアクションの「幅」

幅?幅ってなんの幅?今回の「幅」は、ルアーが左右に揺れる幅の事です。

基本的にミノープラグは、スローではロール主体で、アクションの「幅」は狭く、ハイスピードになっていくと、どんどんウォブルが強くなり、アクションの「幅」が広くなっていきます。ある意味これは、可変アクションと言われ、食わせのきっかけを作る重要な部分です。

しかーーーーし!バーティスRには、その可変がほとんど無いのです!

遅く巻いても、早く巻いてもアクションの幅はほとんど同じで、大人しいアクションをします。

[写真タップで拡大]

え…じゃあそれってデメリットじゃない?違うんです「最強のメリット」なんです!

通常のミノーのようにスピードが増して動きが大きくなると、可変アクションを得ると共に「ダウン(下流側)に入れた時に暴れすぎる」というデメリットを生みます。そこをバーティスRは、暴れすぎず、鱸に嫌われないナチュラルアクション=狭いアクション幅をキープします。それにより、流速が早い河川のダウンでも、しっかりとナチュラルアクションで巻ききれます。

ストラクチャーや足場の問題でトレースが難しい場所。バーティスRを無理やり流れに逆らって巻いて食わせたランカー。 [写真タップで拡大]

ちなみに…よく動画等でプロの方が「ほとんど巻かずに、糸を回収しているだけ」とか「ルアーの受ける水圧の重みを程よくキープするだけ」みたいなこと言っているのを聞いたことありませんか?

これはつまり、ルアーが暴れすぎると鱸に嫌われるから、そのルアーの「鱸に嫌われないアクション」を維持するために行っていることが多いのです。

つまりバーティスRは「鱸に嫌われないアクション」がスローからハイスピード、アップからダウンまで、常に維持しているということです!なので、ダウンに入れて巻いても、食わせることができるんです!

シチュエーションとしては、足場が限られ、魚が食いそうなピンや明暗をすぐルアーが流される時。流れに逆らって強引に巻いてトレースしても食わせる可能性が増えるってこと!

ちなみに、スローな流れでも普通に食わせることが出来ます。この90UPを釣ったときは殆ど流れが無かった。 [写真タップで拡大]

その2:狭いアクション幅がもたらすドリフトラインの多様さ

さて、上記のアクション幅は、ダウンでの食わせだけではなく、アップ、クロス、ダウン全域でのドリフトにおいてもメリットが生まれます。それは、自在なコース取りが出来るということ

ルアーがワイドアクションにならないということは、水圧を受けすぎず、流されすぎないことにつながります。

ちなみに、ドリフトにおいて「流されすぎる」という言葉には二通りの解釈があると思います。

一つ目はルアーアクションが大きすぎて、ルアーが水圧を受けすぎて、ルアー先行ですぐに下流に落ちてしまうというもの。これはワイドアクションなミノーによく見られます。

ワイドアクションルアーや、ボリューミーなルアーはルアー先行で流されやすい。 [写真タップで拡大]

二つ目はルアーに抵抗が無さすぎて、ラインが受ける水圧に引っ張られ、ライン先行でルアーがすぐに流されるというもの。これは、シンペン等を使っていると感じる事が多いと思います。

シンペン等はライン先行でどんどん流される。流速のある明暗等を攻める際は、かなり上流に立ってようやくトレースラインをコントロールできる。 [写真タップで拡大]

バーティスは、暴れすぎないため、ルアー先行で流されることを抑制し、さらにリップが程よく水をつかむため、ライン先行で流されることも、同時に抑制します。おそらく、このバーティスRほど、コントロールしやすいミノーは他にないでしょう!ドリフトでよく釣る人は、狙いのピンに向けて描くトレースコースのレパートリーが多い人だと思います。おそらく、バーティスRを使えば描けるドリフトトレースコースが誰でも増えると思います!

ラインと、ルアーの水の受け方が非常に良く、キレイなトレースラインを描きやすい。これは一度使えばすぐにわかると思います! [写真タップで拡大]

バーティスRのドリフトコースだからこそ取れたビッグワン!状況への対応能力が光ります。 [写真タップで拡大]

その3:圧倒的飛距離

特に「140F/S SSR」。一度投げてみてください。これについてはもう断言します、信じられないぐらい飛ぶと。

これまでミノーで感じた事がないぐらいのラインの放出を体感できます。空気抵抗を最小限に抑える「エアロボディ」「マグロックVer.s+Rシステム」。DAIWAのこれまで培ってきた技術を惜しみなく導入しているため、実現しています。

なんか、かなり複雑な作りになっています。これぞ人類の英知!笑 [写真タップで拡大]

なんと、PE1号であれば、軽く80mを超えます(笑)。それって今までなら、ヘビーシンペンや、メタルバイブじゃなきゃ届かなかった場所だと思います。もちろんバーティスRは、全サイズ、モデルとも、同サイズのミノーであれば、恐らくどのミノーよりも飛ぶと思います。

さらに立ち上がりが最高!基本的に着水したらウェイトは戻っています!

上記で書いたナチュラルアクションドリフト力、さらに表層のトレース力を有したミノーが、その地点に到達するというのは、誰でもわかるメリットだと思います。もはやチートなんです…。

可愛いサイズですが、このルアーの飛距離があったからこそ獲れた魚。特に140S-SSRは異常な程飛んでいきます(笑)。 [写真タップで拡大]

その4:独特なレンジがもたらす特大サイズ率の高さ

ここでは他社様のルアーも含めお話を広げます。私は以下のようなイメージで、他社も含めレンジの使い分けをしています。

水面

  • カゲロウ124F(メガバス様)
  • アイザー125F(ブルーブルー様)≒コモモSF125(ima様)
  • クロスカウンター125F≒レスポンダー149F(シマノ様)
  • ★バーティスR140F-SSR
  • ★バーティスR125F-SSR
  • カゲロウMD125F(メガバス様)
  • バーティスR125F≒サイレントアサシン129F(シマノ様)

めっちゃ他社使うやーん。はい、ルアー大好きっ子なので仕方ありません。 [写真タップで拡大]

…気づきました?笑

あんまり125F-SSRって、SSR(スーパーシャローランナー)じゃないんですよ、実は(笑)。でも、そこが良いんです。

水面直下ではなく、中層すぎない絶妙なレンジ

これはかなりの高確率で表層のベイトを意識している鱸自体の泳層なんです。ベイトは基本的に水面直下。でも、シーバスはその一枚下から眺めている事が多々あります。

故に水面直下は、よく釣れるレンジなのですが…超大型の老成魚や、シーズン終盤の重量級シーバスは、ともかくノロい。動きたがらない。カロリーを使いたがらない。なので、魚の目線ビタビタに送り込めるバーティスが、選ばれるってコトなんです!

このメーターは「バーティスRだから獲れた」と言い切ります。そのレンジだからこそ丸のみさせることが出来た。 [写真タップで拡大]

以上4つの角度から見たバーティスR、特にバーティスR-SSRの魅力です!

どんな流速でも、ダウンでも食わせるナチュラルアクション。全方位対応のドリフト汎用性。圧倒的飛距離。そしてレンジ。トータルして、圧倒的ハイパフォーマンスなミノーなんです。

バーティスRをさらに使いこなすため…岡本的マル秘フックチューン!

最後に、フックセッティング・タックルについて。バーティスRの魅力について書きましたが、私の個人的なバーティスRのセッティングを書いておきます。

【125F-SSR】

個人的パワーセッティング:がまかつ様×ジャンプライズ様 MMH4番をフロントとリアに取り付けた2フックシステム。
掛け重視セッティング:がまかつ様SP-MH5番を3フック

【140F/S-SSR】

個人的パワーセッティング:がまかつ様×ジャンプライズ様 MMH4番を3フック。
掛け重視セッティング:がまかつ様SP-MH4番を3フック

圧倒的MMH信者!他社だからこそ説得力あるでしょ?(笑)。ちょっと錆びてますが、がまかつさんならコレぐらいの錆びはへっちゃら!と信じてます。 [写真タップで拡大]

ちなみに、140SSRを開発したノリZ(山本典史さん)のスペシャルセッティングは、3番フックを3フックで、ルアーの動きを止めるというセッティングらしいです。サヨリパターンや落ち鮎パターン最強だとか…私も一度やってみましたが、ルアーは殆ど動かなくなり、でもちゃんと釣れる面白いチューンでした!

ところで、私はどの記事でもがまかつ様×ジャンプライズ様のMMHを激押ししているのですが、それは何故かと言うと…太軸と言う程線径は太くないため、遠距離でもしっかりフッキングを決めれること。がっつりインナーに入った針先が、一度掛かってしまえば深く刺さるため、ドラグフルロックでファイトしても、基本的には90UP程度ならフック伸びが全く無い事。最高のバランスに仕上がっているからです。値段は高めですが、中々曲がらないので実はコスパも良いんですよ!

ちなみに、モンスターウェイク等のボリューミーなルアーでは針先が立ちにくく、相性があまり良く無いので気を付けてください。そういったルアーはRB、SP系がおすすめです。

圧倒的信頼を寄せる愛竿「ブランジーノEX AGS」&繊細なドリフトコントロールを可能にする「SLPWショートハンドル」

バーティスRに使用するタックルセッティングは以下の通り。

[写真タップで拡大]

  • ロッド:モアザンブランジーノEXAGS98M/MH(DAIWA)
  • リール:22イグジスト LT4000-XH(DAIWA)×SLPWカーボンライトハンドル50㎜(SLP WORKS)
  • PE:モアザン12ブレイドEX 1号~1.5号(DAIWA)
  • リーダー:モアザンフロロリーダー 20LB~30LB(DAIWA)

 

超飛距離特化型の98M/MHとの相性は最高!宇宙までバーティスRが飛んでいくんじゃないかと思わせます(笑)。

また、よく飛ぶ故に遠距離ヒットが多くなるのですが、その遠距離でもフッキングを決めることが出来るバットは最高です。

[写真タップで拡大]

リールは、感度特化型でショートハンドル化。ドリフト時の繊細なコントロールにはもってこいです。

SLPWさんの50㎜のカーボンライトハンドルに交換。ハンドルの軽さというより、ハンドルの長さが重要!短いハンドルはともかく巻き感度がUP!まじで釣果伸びます。 [写真タップで拡大]

遠距離ヒットが多い=躱さなきゃいけないストラクチャーが増える!そのためラインは、根ズレに圧倒的に強い12ブレイドでカバー!フック~ロッドまで、最高のタックルバランスは現状こんな感じですね!

いや、もっと書きたいコトあるんですが…長くなるので、それはSNSなどで少しずつ書いていきます。笑

ということで、2023年のシーズン最終局面、そしてすぐ始まる2024年の大型アフター戦を是非バーティスで楽しんでみませんか?きっと今まで見えなかった景色や魚に出会えるはずです!

そう、救われたくば、バーティスを信じなさい。

さて、2023年は沢山の記事を書かせて頂きました。読んでくださった方々、ありがとうございました!
今後も誰かの参考になる記事を考えて書いていけたらと思います。よろしくお願い申し上げます!

岡本さんのSNSでは記事に書いて欲しい内容や質問を募集中!気軽にフォローを!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。