《虫注意》東京湾で大繁殖する魚に大量の寄生虫が…

東京湾で大繁殖しているクロダイ、東京湾に限らず日本全国で増えている魚だ。釣りのターゲットとしても人気が高いだけに様々な釣り方が考案され専用のルアーなども販売されている。しかしこのクロダイ、釣り上げてみると大量の虫が寄生している個体も多い。

→クロダイを埋め尽くす寄生虫の正体とは

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

全国で大繁殖しているクロダイ

クロダイ [写真タップで拡大]

クロダイは、チヌ、黒鯛とも呼ばれます。日本の各所に分布している。河川、湖沼、沿岸などに生息しており、食性は肉食で小魚や甲殻類を捕食する魚だ。

食用魚としてスーパーなどに並ぶこともあり、淡白な味わいの白身で、刺身をはじめ煮ても焼いても、美味しい魚。

クロダイは、釣りのターゲットとしても人気があり、力強く引きで釣り人を楽しませる。体長は最大で70cmほどになるようだが、釣りにおいては50cmを超えると、どれくらい生きてきたのか分からないといった理由で「年無し」と呼ばれる。

また、よく似た見た目をしているキビレという魚も存在する。黒褐色のクロダイに銀色に輝く体色をしており、ヒレの一部が黄色い。キビレの背びれや尻ビレので構成・形や鱗の数などから、ただの色違いではなく明確に違う種類の魚であることがうかがえる。

クロダイの釣り方

釣り人からターゲットとして人気のたかいクロダイだが、釣り方も様々だ。餌釣りからルアーフィッシングまで幅広い釣り人に親しまれている。

クロダイのエサ釣り

[写真タップで拡大]

堤防などの護岸際にエサを落とし込むヘチ釣りにおいては、貝やカニ、海藻やイソメなど様々なエサが利用される。その時々によって食い気もかわりエサのローテーションを楽しむことができる。また、ヘチ釣り用の疑似餌も開発・販売されるほどに人気の高い釣り方だ。フカセ釣りではコーンやオキアミなどがポピュラーなエサとなっている。

クロダイのルアーフィッシング

シーバスフィッシングのゲストとして釣れることがあるほど、ルアーでの釣果も見込めるクロダイ。釣り方も様々でバイブレーションを用いたリアクションの釣りから、シンキングペンシルからバチ抜けルアーなどを使用した中層から水面の釣り、近年ブームになりつつあるワームを用いたボトムチニングなど幅広い釣り方でクロダイは釣り人を楽しませる。

こちらはキビレ [写真タップで拡大]

次のページではクロダイをビッシリと埋め尽くす寄生虫の画像を紹介。ちょっと閲覧中な感じなので苦手な方のためにページを分けております。