【メリットしかない!】滑らかさと強さ、操作性に優れた16本編みの超高性能PEライン!『アンサーキャスティングPEx16(ゴーセン)』を徹底解説!

ソルトルアーライン選びの「答え」として、老舗釣り糸メーカー「ゴーセン」が導き出した釣種専用ライン「ANSWER(アンサー)」シリーズに、今年度キャスティング専用モデルとして16本編みの「アンサーキャスティング PEx16」がリリースされることとなった。かつてない編み数のPEラインの実力や如何に!?その特徴を釣りYouTuber兼ゴーセンスタッフのまるけーさんに語って頂いた。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

アンサーキャスティング PEx16(ゴーセン)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 糸巻量:150m、200m
  • 号数:0.8、1,1.5、2
  • 最大強力:9.1kg(0.8)、10.5kg(1)、15.1kg(1.5)、18.5kg(2)
  • ラインカラー:ピンク
  • 価格:オープン

まるけー「アンサーキャスティング PEx16特徴は、何と言ってもライン本体が本当にツルツルなんです!16本撚りということで編みが細かく非常に滑らかになっています。

そしてこの滑らかさが故に、本当によく飛びます!商品名にキャスティングという名が付いているよう飛距離を出せることはもちろん、糸抜けも良くて投げてて気持ちいいラインです。さらに強度も非常に高いので、不意な大物が掛かった際にも安心してやり取りができます!」

まるけーさんとアンサーキャスティング PEx16 [写真タップで拡大]

――まるけーさんは先日プロモーション動画にも出演されていたと思いますが、他にもまるけーさんの「推し」の部分があれば教えてください。

まるけー「そうですね、先述したように16本編みによる滑らかさ投げやすいと述べましたが、実は強風時でもめちゃくちゃ投げやすいんです」

[写真タップで拡大]

まるけー「横風が吹くときに、これまでの4本撚りや8本撚りではだいぶ影響を受けていたのが、表面が滑らかなことで影響を受けにくくなっています。

影響を受けにくくなれば、よりラインも直線的になり、ルアーの操作性も感度も上がります。間接的に釣りがしやすくなりますね」

――確かに!

まるけー「また滑らかさは風だけでなく、潮流が速いときにも効果を発揮します。撚り数が少ないラインであれば、潮流の抵抗を受け、ルアーが沈みにくかったり、着底がわかりにくくなってしまうのですが、アンサーキャスティングPEx16であれば海中での操作や感度も非常にスムースです!」

[写真タップで拡大]

――実際に触ると今までのPEとは比べ物にならないくらいツルツルなのですが、ノットとかは組みにくくならないでしょうか?

[写真タップで拡大]

まるけー「確かに会場でもノットの組みにくいのでは、抜けてしまうのではないかという質問を受けました。でも実際昨年から使用させて頂いて、ブリから小物まであらゆる魚種を釣り上げましたが、リーダーの結び方は以前使用していたPEラインと全く変えていません。僕はFGノットで組んでいるのですが、これまでに一切ノットでのトラブルはありませんでした。ツルツルだからといってノットの部分では気にされなくて大丈夫かと思います」

――フロロリーダー、ナイロンリーダー問わずですか!?

まるけー「問題ありませんね、ちなみに僕はルーツFCリーダーを愛用しています!」

[写真タップで拡大]

まるけー「また先程強度が高いと述べたのですが、実際に数字で10~20%程強度が上がっています。強度が上がるということはラインの号数もワンランク落とすこともできるので、今までのラインだと1号を使っていたシチュエーションでも0.8号で臨むことができます。実際同じ8本撚りのラインと比べて頂いても、1号だと20lbなのが、アンサーキャスティングであれば23lbになっています」

[写真タップで拡大]

――同じ強度でワンランク落とせるとなれば…

まるけー「さらに飛距離が出ちゃいます!ただでさえ飛距離が出しやすいのに、もっと飛ばせるということになりますよね(笑)。

16本撚りで価格を気にされる方もいるかと思いますが、ショア、オフショア問わず、ルアーのキャティングゲームをされる方、1日通して釣りをされる場合は価格以上のメリットを感じてもらえると思います!」

[写真タップで拡大]

まるけー「僕も今回のショーでお客様から言われてハッとしたのですが、タングステンのルアーを購入するよりも、ラインをアンサーキャスティングPEx16変えて、鉛でもタングステンと同等の飛距離を出すのも選択肢とアリなんじゃないかと」

――確かにそういった選択肢もできますよね、しかもタングステンを使えばより飛ぶという(笑)。

最後にまるけーさん的に、このアンサーキャスティングPEx16を使ったおすすめな釣り物があれば教えてください!

まるけー「キャスティングという名前が付いているので、もちろんルアーを投げる釣りにオススメです。特にサーフゲームは飛距離も必要ですし、横風の影響も軽減できて、波が強い際でも抵抗を抑えられ操作性を高められます。あとはサワラキャスティングなどのインショアゲーム。同じ号数でも強度があるので安心してファイトできるし、アンダーキャストでも飛距離を出すことができます!」

[写真タップで拡大]

今年度、PEラインの台風の目となること間違いなしな「アンサーキャスティングPEx16」発売は4月を予定しているので、気になる方は是非ともチェックしていただきたい。

まるけーさんの実釣インプレ動画も必見だ!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。