【ハイコスパ過ぎっ!】ルアーのクロダイ釣りを始めるのに最適な1本『ブラックポーギー1G(メジャークラフト)』

6月に入り、間もなく本格的な「梅雨」の到来。この初夏時期から本格的にシーズンインとなるのが近年ブームが再燃している「チング」である。現在はバス釣りリグを応用した「フリーリグ」が主体となりオカッパリからボートまで多くのアングラーがチニングにのめり込んでいる。そんなチニング入門に最適なエントリーロッドがメジャークラフトよりリリースされた!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

ブラックポーギー1G(メジャークラフト)

【スピニングモデル スペック】

モデルタイプ全長(ft)継数(pcs)ジグ(g)PEライン(号)標準自重(g)アクション
BP1S-S762MLソリッドティップ7’6″23-150.3-1.0100F
BP1S-762MLチューブラー7’6″23-150.3-1.0104RF
BP1S-762Mチューブラー7’6″24-200.4-1.5107RF

【ベイトモデル スペック】

モデルタイプ全長(ft)継数(pcs)ジグ(g)PEライン(号)標準自重(g)アクション
BP1B-S762MLソリッドティップ7’6″23-150.3-1.0105F
BP1B-762MLチューブラー7’6″23-150.3-1.0108RF
BP1B-762Mチューブラー7’6″24-200.4-1.5111RF

昨年同社からリリースされた「ブラックポージー5G」。感度、軽さ、操作性を突き詰め、ズル引き系ルアーから近年流行中のフリーリグ、さらにはトップウォーターなど幅広いチニングを楽しめるたハイエンドロッドだ。

そんなブラックポーギーシリーズに、5GのDNAを引き継いだハイコスパモデル「1G」シリーズがついにリリースされた。

ブランクスは中弾性カーボンをメインクロスに採用しバット部には高弾性カーボンをプラスすることで、初心者からベテランまで使い手を選ばず、投げやすく操作しやすい、バラシを軽減させるマイルドなブランク設計を実現。

ガイドは富士工業製Kガイドフレーム採用。ブランクのアクションに合わせ操作性と強度を重視の同社オリジナルセッティング。

グリップも使い手を選ばない握りやすい形状を採用し、長時間の釣行でも疲労感を抑えたバランス重視のデザインとなっている。

身近なベイエリアや河口などで楽しめるチニングゲーム。黒鯛独特のトルクフルなファイトに夢中になるアングラーも年々増加中だ。今年は本気でチニングを始めたいと思っているアングラーは是非ともハイコスパなブラックポーギー1Gで黒鯛との駆け引きを楽しんでみてはいかがだろうか。

ソルパラTVではヒロセマンが早速1Gを実戦投入!釣果も挙げているので要チェックだ!!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。