公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
神奈川県 ルアマガ+の釣り場マップガイド 津久井観光 相模湖 柴田ボート 津久井湖 バス釣り

【相模湖&津久井湖】人気ボート店直送! でかバス5大湖の近年の傾向を解説

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.06.02

でかバスを狙う釣り人は、あまり情報を出したがらない。しかし、レンタルボート店は違う。毎日釣果情報が入るし、それを隠したりはしない。そこで、日本の5大デカバスレイクの有名ボート店に、最近のデカバス事情をこっそり聴いてみた。その内容を大公開!

古豪がでかバスレイクとして完全復活。ただの50アップでは驚かないぞ。

相模湖は神奈川県相模原市にあるダム湖。バスの歴史は、芦ノ湖に次ぐ程の長さを誇る。都心から近く、電車でもアクセス可能。特にここ10年はバスの大型化が進んでいて、関東屈指のビッグバスレイクとしてその名を轟かせている。

房総リザーバーと人気を二分するフィールドであり、相模湖からブームになったルアーや釣り方も多い。

なお、相模湖本湖と桂川上流に位置する島田湖は漁協の管轄が異なるため、別の遊漁券が必要となるので注意。

相模湖の近年の傾向

バスは巨大化傾向にあり、51~52cmでは驚かれなくなった!

10年ほど前からバスが大型化していて、2年連続でロクマルも釣られている。ここ数年は50アップが出てもそれほど驚かれなくなったらしい。柴田ボートの橋本一伸さんによると「50アップは、年間100尾近く出てるかもしれませんね」。相模湖のデカバスはエレキの音に敏感なので、オーバーハングなどに入る際は手漕ぎでアプローチするといい。最近は、トップウォーターオンリーのアングラーにも人気が出てきた。

2020年7月8日、厚木市に住む片野坂氏が釣り上げた60.5cm、4340g。ルアーはチャターベイト。プロアングラーの取材を除くと2021年現在、柴田ボートのレコードフィッシュだ。2020年は全体的にチャターベイトが調子よかったらしい。

時期とエリア

いつでもどこでも、でかバスに遭遇するチャンスはある。

でかバスを釣りやすいシーズンは3月から10月までと、スパンが長い。春は水温が12~13℃にまで上がればチャンス到来だ。そしてエリアも湖全域に可能性がある。橋本さんの印象は次の通り。「でかバスはどこにでもいますが、年間を通してみると、ある程度水深のある岩盤で、レイダウンが絡んでいる場所が多いかな」。春先なら、下流域のねん坂などが、風も当たらず最初に水温が上がり出すエリアだ。

ヒットルアー

大きなルアーのストロングな釣りが強し、特にバラムは別格的存在。

一昨年はクランク、昨年はチャターと、その年によって当たりルアーが変わるのも相模湖の特徴。また、バラムの実績は別格で、バラムだけで年間100尾ものバスを釣る人までいる。トップはハネモノとスイッシャーが強い。

エイトトラップを得意とするバラム300(マドネスジャパン)だが、相模湖ではエイトトラップ以外の使い方がメインらしい。

情報提供ボート店

柴田ボート

新中央自動車道相模湖インターから至近距離の老舗ボート店。メインレイクと川筋の境界に位置するので、非常に密度の濃い釣りができる。有名プロや、でかバスハンターが集う店だ。

住所: 〒252-0183 神奈川県相模原市緑区吉野54
電話:070-3660-6363

津久井湖

かつての難関レイクは、数もサイズも上昇中! ロクマルも出た!

近年の津久井湖は、バス全体の数もサイズも上昇傾向にあり、50アップもいいペースで上がっている。ワカサギも豊富なので、バスのコンディションもいい。2020年は、並木敏成さんがロクマルを釣ることに成功し、大きな話題となった。プロガイドの金井俊介さんによると「でかバスを狙うなら、2月、梅雨の時期、そして秋がいいですね」。強いルアーはビッグベイトとストレート系ネコリグのパワーフィネスという、ある意味両極端な釣りだ。

情報提供ボート店

津久井観光ボート

津久井湖の中流域に位置する人気のレンタルボート店。下流にも上流にもアクセスしやすく、設備も充実。今回情報をうかがった津久井湖の達人・金井さんのガイドも受けられる。

住所:〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井58
電話:090-4751-4706

でかバス5大湖の近年の傾向シリーズ

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年7月号発売中!

新刊情報ご案内

『ルアーマガジン』2021年7月号が発売!

毎年次々に市場へと投入される各メーカー自慢の新製品あるいは巷で話題&大人気のタックルたち。その実力のほどは正直どうなのよ? ということでルアマガ編集部がメディアの特権を乱用し、さまざまなメーカーの注目タックルを現場でがっつり使い込んできました!!
そして今、鬼のように後悔……なぜなら欲しいものだらけになってしまったからであります(半笑)。
そんなルアマガスタッフ&関係者渾身のインプレ大特集! レジェンド陸王・金森隆志さんと国内若手ナンバーワン・藤田京弥さんが火花を散らした2021陸王開幕戦もお見逃しなく!!

『ルアーマガジン』2021年7月号

発売日:2021年5月21日
価格:950円(税込)

全国の書店&釣り具店、Webストアで発売中!

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.06.02

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。