2020年に最も人気だったバス釣り用ベイトロッドはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】



ルアーマガジン読者が人気ナンバーワンタックルを決める、年に1度の恒例企画タックル・オブ・ザ・イヤーこと「T.O.Y.」。混沌を極めた2020年の世相とバスフィッシングシーンのさなか、最も多くのアングラーから支持を集めたタックルとはいったい…? その答えが明らかになる! ルアー部門を終え、次はベイトロッドランキングです!

ベイトロッド部門【2020年T.O.Y.】

一昨年の華々しいナンバーワンから、昨年は無念の2位へランクダウンとなった「ファイアウルフ」。しかしながらオカッパリアングラーからの熱烈な支持により、「THE MAXX」との激戦を制して、再びT.O.Yに返り咲いた!

2019年のT.O.Y.ベイトロッド部門はこちら

2020年T.O.Y.総集編はこちら

【1位】スティーズ SC6111M/MHRB ファイアウルフ(DAIWA)

【109pt】前年2位

【スペック】

●全長:2.11m
●継数:1本
●自重:112g
●使用ルアー範囲:3.5~28g
●使用ライン範囲:8~20lb
●テーパー:レギュラー
●価格:67,650円(税込)

日本のバスフィッシングを象徴した『オカッパリスペシャル』

オカッパリゲームにおけるバーサタイル性能を徹底的に追求したモデルで、ベイトフィネスやダウンショットさえもこなせるMパワーのティップと、テキサスリグやジグに最適なMHパワーのバットとの組み合わせでワーミングを網羅。しかしながらワイヤーベイトなどの巻きモノにも高次元で対応するので、これ1本ですべてが完結できる。

「ファイアウルフ」T.O.Y.受賞コメントを川村さんから頂いています!

川村光大郎さんは2019年にレジェンドの称号を獲得し、昨年のチャンピオンカーニバルでは史上初となる3度目の陸王を戴冠。常に前向きかつ謙虚な姿勢でバスフィッシングに取り組み、進化を続けるオカッパリキングだ。

川村「初受賞を頂いたときも嬉しかったですが、今回はより重みと意味を感じます。釣り勝てるバーサタイルロッドというのを求めた結果、ファイアウルフは一般的なバーサタイルとは異なる特性になっているのですが、発売から5年という歳月を経ても実際に釣り場へ持っていくロッド、使ってくれるオカッパリアングラーにとって欠かせない道具になっているのであればなによりです」

【2位】グラディエーターマキシマム GX-70HC-ST THE MAXX(レイドジャパン)

【101pt】前年17位

グラディエーターマキシマム GX-70HC-ST THE MAXX(レイドジャパン)

【スペック】

●全長:7ft
●継数:1本
●使用ルアー範囲:1/8~1/2oz
●使用ライン範囲:12~16lb
●テーパー:エクストラファスト
●価格:55,000円(税込)

ソリッドティップなのにヘビーカバーをガンガン撃てる!!

パワー表記は「H(ヘビー)」ながら繊細なソリッドティップの搭載により、ヘビーカバーの中でもフィネスな釣りを展開できる、マキシマムシリーズのフラッグシップモデル。ソリッドティップからチューブラーブランクスへの曲がりは継いでいると思えないほどしなやかで、軽量リグのアキュラシーキャストからパワフルフッキングまで違和感なくこなせる。

【3位】ポイズンアドレナ 1610M(シマノ×ジャッカル)

【87pt】前年1位

ポイズンアドレナ 1610M(シマノ×ジャッカル)

【スペック】

●全長:2.08m
●継数:1本
●自重:105g
●使用ルアー範囲:7~21g
●使用ライン範囲:8~16lb
●テーパー:レギュラーファスト
●価格:39,600円(税込)

フルカーボンモノコックグリップ化による凄まじい軽さと感度!

第2世代に突入して新たにフルカーボンモノコックグリップを搭載し、軽量化を追求するとともに感度が大幅にアップ。スパイラルXコアを採用したブランクスはネジレとツブレに対する耐性力に優れ、キャスト時やフッキング時のパワーロスも抑制。オカッパリはもちろん、バスボートでのゲームでも使い倒せるバーサタイルなモデルに仕上がっている。

【4位】ゾディアス 1610M(シマノ)

【79pt】前年6位

【スペック】

●全長:2.08m
●継数:2本
●自重:110g
●使用ルアー範囲:7~21g
●使用ライン範囲:8~16lb
●テーパー:ファスト
●価格:20,900円(税込)

『もう、これで十分』と思わせてしまう、ある種“罪”なモデル

実勢価格が1万円台前半なだけに、初中級者対象のコストパフォーマンスモデル…などと侮るなかれ! 現代ベイトロッドの人気番手ともいえる「ロクテンM」モデルにおいて、飛距離からキャスト精度、操作性まで、クラスナンバーワンの仕上がりだ!!



【5位】グラディエーターアンチ GA-610MHCバルトロ(レイドジャパン)

【63pt】前年3位

グラディエーターアンチ GA-610MHCバルトロ(レイドジャパン)

【スペック】

●全長:6ft10in
●継数:1本
●使用ルアー範囲:5/16~1oz
●使用ライン範囲:10~20lz
●テーパー:ファスト
●価格:32,450円(税込)

10~20gの中量級ならば、ハードもソフトも何でも来い!

昨今のルアー大型化に追従すべく、ロングレングスとハイパワーを追求したミディアムヘビーモデル。しかしながら、オカッパリでのイージーな使い心地と同時に、繊細なルアーコントロール性能も持ち合わせた、中量級ルアーのバーサタイルモデル。

【6位】サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-610MLXF/GPバーディック(デプス)

【57pt】

サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-610MLXF/GPバーディック(デプス)

【スペック】

●全長:6ft10in
●継数:1本
●自重:約159g
●使用ルアー範囲:1/16~7/8oz
●使用ライン範囲:8~16lb
●テーパー:エクストラファスト
●価格:52,800円(税込)

軽量級ルアー仕様ながらも狙えるサイズはやっぱり「デプス級」

軽量級ルアーを使いこなすことに重点を置いた、サイドワインダーシリーズの中では異端とも言えるモデル。しなやかなテーパーデザインにより1/16オンスのルアーさえもしっかりと飛ばし、それでいてビッグバスも確実に浮かせるトルクを持つ。

【7位】ゾディアス 166M(シマノ)

【53pt】

ゾディアス 1610M(シマノ)

【スペック】

●全長:1.98m
●継数:2本
●自重:102g
●使用ルアー範囲:7~21g
●使用ライン範囲:8~16lb
●テーパー:ファスト
●価格:20,570円(税込)

ハードベイトスペシャルとも言える、ちょっと特殊な166M

シマノバスロッドの基準とも言える「166M」はハードベイトからソフトベイトまでバーサタイルに使える番手だが、ゾディアスにおいては特にハードベイトが使いやすく、1/4ozクラスの軽量ルアーでもキャスト&コントロールできる特性を持つ。

【8位】エクスプライド 1610M(シマノ)

【48pt】前年5位

エクスプライド 1610M(シマノ)※画像は172H

【スペック】

●全長:2.08m
●継数:1本
●自重:110g
●使用ルアー範囲:7~21g
●使用ライン範囲:8~16lb
●テーパー:レギュラーファスト
●価格:29,700円(税込)

シリーズの中核をなすミドルクラスバーサタイルモデル

バーサタイルの極みとも言える、同シリーズのコアモデル。軽量化を追求しながらもパワーをキープしたブランクスにより、振り抜けのよいキャストで飛距離は抜群。繊細なルアーコントロールにも長けており、コレ1本で展開できるゲームは多岐に渡る。

【9位】スティーズ SC6111HSB キングバイパー(DAIWA)

【43pt】

スティーズ SC6111HSB キングバイパー(DAIWA)

【スペック】

●全長:2.11m
●継数:1本
●自重:105g
●使用ルアー範囲:7~100g
●使用ライン範囲:14~25lb
●テーパー:スロー
●価格:68,750円(税込)

重量級ルアーなら、コレ1本で何でもオマカセあれ!!

オカッパリでハードベイトからソフトベイト、ジグに至るまで、さまざまなタイプの「重量級ルアー」を使いこなせるヘビーバーサタイルモデル。XHパワーオーバーのティップ&MHパワーのバットは、硬いけれどしっかり曲がるのが特徴。

【10位】ロードランナー ヴォイスLTT 6100H(ノリーズ)

【38pt】

ロードランナー ヴォイスLTT 6100H(ノリーズ)

【スペック】

●全長:2.10m
●継数:1本
●自重:185g
●使用ルアー範囲:5/16~1-1/2o
●使用ライン範囲:14~20lb
●テーパー:ファスト
●価格:56,100円(税込)

ノリーズ伝統のパワーゲーム対応モデルの最新スペック

3/4ozクラスのヘビースピナーベイトでのスローローリングをメインに、大型スイムベイトやビッグスプーンにも対応するハイパワーモデル。さらにテキサスリグやガード付きジグでのヘビーカバー撃ちにも実力を発揮する。

ルアマガプラス