【2日目速報】2021年JBトップ50 第5戦 がまかつCUP 七色ダム【10月15日(金)~17日(日) バス釣り最高峰トーナメント開催!】



日本で一番強いバスアングラーが決まる国内最大級トーナメントトレイル『JBトップ50』の第5戦目が開催中! 2020年は残念ながら全戦中止となってしまっていただけに、今年の参加選手のボルテージは最高潮間違いなし!

大接戦!

史上初となるJBトップ50、秋の七色ダム戦。

初日は七色ダムをホームフィールドとしており、試合のたびに注目される山岡計文選手が圧倒的な釣果を持ち込み、会場のド肝を抜いた。

そして迎えた今日2日目。

前戦・桧原湖でお立ち台に上がった若手・青木唯選手が5尾5,455gをウェイインし、2日目のトップウェイト。

2位には5尾5,000gで吉川永遠選手、3位に5尾4,500gで佐藤圭吾選手、4位が5尾4264gで本堂靖尚選手となっている。

初日に驚愕の釣果を見せつけてくれた山岡選手も落ち着いた釣果ではあるものの、5尾4,086gで5位。

山岡選手の特例を除けば、初日、2日目で全体的な釣果に差はなく、いかに安定して釣ってくるか? が鍵となった予選が終了。

明日の決勝に進出する選手も決定した。

予選2日間が終了! 最終日に進める選手が決定!

予選2日間を終え、順位得点と重量得点の合計により、3日目最終日へと進出する上位30名が決定。

順位選手
1山岡計文
2青木唯
3本堂靖尚
4天野雄太
5横山朋毅
6小林知寛
7黒田健史
8武田栄喜
9林祐吾
10福島健
11掛水崚
12藤田京弥
13南一貴
14吉川永遠
15野村俊介
16市村修平
17佐藤圭吾
18佐々一真
19織田伸彦
20小林明人
21篠塚亮
22今江克隆
23小森嗣彦
24三原直之
25山下尚輝
26五十嵐誠
27今泉拓哉
28SHINGO
29早野剛史
30大塚茂
31藤田夏輝
32高山陽太郎
33松田直樹
34小島孝明
35前田憲次朗
36宮嶋駿介
37有里拓
38西川慧
39中村克仁
40河辺裕和
41神谷勇紀
42沢村幸弘
43井上泰徳
44青木哲
45中澤諒
46山木一人
47河野正彦
48平瀬彪
49上西浩史
50小林洋地
51江口俊介
52小野俊郎
53泉和摩
54佐野洸輝
55鈴木隆之
56山下一也
57佐藤旬
58川口直人

※太字の選手が決勝進出

より詳しい情報はJB/NBCをチェック!

関連記事

予選をトップで終えたのは、言うまでもなく初日に圧巻のウェイトを見せてくれた山岡計文選手。

2日目トップウェイトを持ち込んだ青木唯選手がその後に続くが、最終的な勝敗は3日間のトータルウェイトで決まる。

1位山岡選手の持つアドバンテージは2,424g。

つまり最低でも青木選手は、3日目の山岡選手の釣果に2kg以上の差をつけなければ優勝することはできないわけだ。

もちろん、3位以下の選手であればその差は3kg、4kgとどんどんと広がっていく。

山岡選手はまさしく優勝に『王手』状態だ。

しかし他のフィールドならいざしらず、今回のフィールドはデカバスフィールドとして知られる『七色ダム』。

最後まで何が起こるかわからない!

最終日(10月17日)もJBトップ50から目が離せない!



最新情報はツイッターでチェック!

最終日の速報はコチラから!

ルアマガプラス