日中ナマズゲーム爆釣の4条件をまとめて紹介

安定感のある釣果から、トップウォーターゲーム 最後の楽園と言われているナマズ。身近にしてお手軽。そして強烈なバイト。フィールドは自宅近くの小水路でOK。自分の生活圏の何気ない水路で試したら、そこがナマズ天国だった! な~んて話も夢ではない!!

●文:ルアーマガジン編集部

[写真タップで拡大]

谷中洋一(やなか・よういち)

スミス開発兼営業担当。ナマズゲームのメソッドと概念を一から構築した、ナマズ業界のパイオニアにしてレジェンド。
ナマズシーンで圧倒的な支持を得ている「鯰人」の総合プロデューサー。
ルアーを通してナマズの生態に迫り、ナマズの生活環境を観察して組み立てたメソッドは説得力の塊。

最も身近で、最もお手軽。そしてサイコーにエキサイティングなトップウォーターの世界へご案内

ナマズは勇敢なファイターなのだ!

「バフォッッ! 」「バフォッッ!! 」「バフォッッ!! ! 」川幅約1m未満。水深は30cm弱。周囲一帯に響き渡る大音量のナマズの吸い込み系バイト音。

ナマズは捕食が下手な魚だと言われている。だが…何度もミスバイトを繰り返しながらも、アングラーが水面で操るトップウォータープラグに、果敢にアタックを繰り返す勇敢なファイターでもある。1回のリトリーブ中に4~5回連続でバイトを繰り返すことも珍しくない。そしてバイトの度に「バフォッ! 」という強烈な吸い込み音が周囲に鳴り響く。自然にアングラーのアドレナリンだって沸点へと達する。

おそらくナマズゲームは現代日本において、最も身近で最も手軽で、そしてサイコーにエキサイティングなトップウォーターゲームといえる。

しかもクリアウォーターからマッディまで幅広い水質に順応しているナマズは、自宅近くのわずかな小水路でゲームが成立する確率が高い。タックルだって最初はバスタックルの流用でOK。仕事や学校の開始前、もしくは終了後の1~2時間、自宅近くの小水路でサイコーにエキサイティングなトップウォーターゲームが満喫できる可能性に満ちている。それがナマズゲームなのだ。

ベストシーズンは春~秋。季節に応じた狙い方があるが、今回はナマズゲームのパイオニアにしてレジェンドの谷中洋一さんに、梅雨~夏に向けての『爆釣のトリガー』をレクチャーしてもらった。ナマズゲーム初心者でも、今回の爆釣トリガーに従って釣行すれば、いきなりの水面炸裂大量バイトを体験できる可能性はかなり高いぞ!

爆釣トリガー1「ローライト」

谷中「夜行性のナマズは基本的にはローライトでの反応がいいです。一方、まだ水温が安定していない春先×低水温時には、水温上昇の関係でドピーカン×日中のほうが釣りやすいことがあります。また、梅雨~初夏のハイシーズンになると、水温は十分に安定しています。そのため“晴天”よりも“曇天”、“日中”よりも“夕刻”のほうが釣りやすくなります。夏になると暑い日中はナマズがカバーの奥に入ってしまうことが多いですが、そうしたナマズもローライトになるとオープンエリアに出て、ウロウロし始めます。断然釣りやすいですよ」

水面炸裂! バイトの迫力はケタ外れ! [写真タップで拡大]

爆釣トリガー2「雨」

谷中「雨はサイコーの爆釣トリガーです。雨だけで十分なトリガーとなり得ますが、欲を言えば雨によって復活した流れ込みや、雨の影響で突然濁りが出たときには、今まで沈黙していたフィールドで突然ナマズが湧き出すことがあります。特に梅雨~初夏の雨トリガーでは、流れ込みにナマズが集中することが多いので要チェックです」

岸を見ると水位が上昇しているかどうかの予測がつくことが多い。 [写真タップで拡大]

爆釣トリガー3「濁り」

谷中「雨、工事、田植え。小水路に濁りをもたらす要因は複数考えられます。濁りの場合、要因はさほど関係ありません。大切なのは急激に濁ったという事実です。濁りによってナマズの警戒心は和らぐのでチャンスです。ローライト同様にオープンエリアをウロウロするナマズが増えるので狙いやすくなります」

爆釣トリガー4「水位変動」

谷中「梅雨~夏は水位が少しでも上昇すると状況が好転することが多いです。水位上昇の要因は雨、水門の開放、田植えなど複数考えられますが、いずれの理由でも水位上昇はチャンスです。一方この時期の減水はマイナスになるケースが多いです。同じ減水でも秋口の減水とは事情が異なります。秋口の減水は水位がどんどん減って、今まで留まれていた水路上流部に、留まれなくなる減水です。つまりナマズが下流部へ戻るための減水です。ですが梅雨~初夏の減水は単に水位が落ちるだけ。あまり良い方向に動くことはありません。狙うなら増水後がオススメです」

どんなタイプのトップウォータープラグを使えばいいの?

迷ったらカップ系がオススメ!

[写真タップで拡大]

谷中「最初にオススメなのはカップ系ルアーです。扱いが簡単な上にウィードレス性能も高いです。使えるシチュエーションも広く、ナマズゲームが成立する大概の場所で使用できます。釣果も最も安定しているので、迷ったらカップ系がいいですね。カップ系で、ノンラトル、ラトルタイプ、さらにはシルエット違いや、素材の違いなどさまざまなタイプをそろえておくと重宝します」

【ノンラトルタイプ】キャタピー(スミス)

[写真タップで拡大]

全長重さ標準装備フック価格
68mm14.5gスティンガーダブルSD-36(カルティバ)#11,705円(税込)

【ラトルタイプ】キャタピークリッカー(スミス)

[写真タップで拡大]

全長重さ標準装備フック価格
68mm15.2gスティンガーダブルSD-36(カルティバ)#11,760円(税込)
キャタピークリッカー【スミス】
created by Rinker

【シルエットダウン】キャタピーJr.(スミス)

[写真タップで拡大]

全長重さ標準装備フック価格
54mm10.5g[F] スティンガーダブルSD-36(カルティバ)#2
[R]トップダブルTW-01(カルティバ)#2
1,650円(税込)

【ソフト素材タイプ】キャタピーソフト(スミス)

[写真タップで拡大]

全長重さ標準装備フック価格
74mm20g[F] スティンガーダブルSD-36(カルティバ)#2
[R]トップダブルTW-01(カルティバ)#2
1,870円(税込)

ONE POINTアドバイス

谷中「ラトルの有無の違いは大きいです。特に流れ込みを狙うときにはラトルタイプのほうが効果的なことが多いです。一方、ラトルがあると反応しない日もあります。本日はシルエットの違いで如実に反応の差がありました。今日はシルエットが小さいほうが良かったです。またボディ素材の違いも、かなりダイレクトに釣果に直結することが多いので、ソフト素材のカップ系ルアーも必ず持っていたほうがいいと思います」

[写真タップで拡大]

ソフト素材なので、軽くつまむだけでボディがへこむ。この素材が滅法効くことがある。

2022年シーズン キャタピー新色情報!

写真左がキャタピークリッカー2022年新色。写真右がキャタピー&キャタピーJrの2022年新色。

タックルデータ

[写真タップで拡大]

左タックル

ロッドリールライン
鯰人DNAZ-69M(スミス)カルカッタコンクエスト200HG(シマノ)バーマックス磯VEPフロートタイプナイロン8号(バリバス)。

右タックル

ロッドリールラインリーダー
鯰人DNAZ-T71MH(スミス)タトゥーラHDカスタム(DAIWA)アバニ キャスティングPEスーパーマックスパワー4号(バリバス)ナイロンショックリーダー40ポンド(バリバス)。「カバーをタイト且つダイレクトに撃ち込む必要があるときにはPEがオススメ。それ以外はナイロンでも十分です」

これぞナマズゲームの醍醐味!!

着水と同時にナマズがバイト! が…食い損ねる。アクションを加えると再びバイト、が…またもや食い損ね。こんなやりとりが対岸から足元までずっと続く。そしてバイトのたびに強烈な吸い込み音が鳴り響く。これぞナマズゲームの醍醐味♪

2022年シーズン、キャタピー新色情報!

最初の写真がキャタピークリッカー2022年新色。次がキャタピー&キャタピーJr.の2022年新色だ。

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス