ルアマガ編集部推しおもしろトップウォータータックルまとめ【トップでねらえ!カミィ編】

水面を生き生きと動くトップウォータールアー。突如盛り上がる水面。水柱。トップウォーターで釣った魚はなぜこんなにも釣り人をワクワクさせるのか? 当然ルアマガ編集部員もこぞってトップウォーター好き。高実績の1軍ルアーに、いつか釣ってみたい憧れルアー、さらにはこだわりのトップ専用タックルまで、自慢の品々を紹介してもらった。今回はルアーマガジン編集長「カミィ」のセレクトをお届けする。

●文:ルアーマガジン編集部

オールドスタイルでキめたいときのリールたち

アンバサダー5001C【アブガルシア】

左ハンドル派に捧げる、オールドスクールなリールをご紹介!

[写真タップで拡大]

まずは5001C。ビンテージのアブで唯一の左ハンドルがコレ。意外と人気がないのかタマ数があるのか高騰しないのでオススメ。パーツを買ってハイギヤ化しましょう。

ミリオネアM-ito103L【itoエンジニアリング×DAIWA】

丸形、現代風、でも変わりダネが欲しい人に

[写真タップで拡大]

そして丸形、現代風、でも変わりダネが欲しい人には、M-ito。
上品なシャンパンピンクを基調としたルックスに、DAIWAクオリティ…美しすぎる(自画自賛)。

マツモトーイA-2000【道楽】

漆の特殊な技法で塗られた逸品

[写真タップで拡大]

ラストはマツモトーイ。五十鈴工業×トップブランドのはしりですね。
こちら漆の特殊な技法で塗られた逸品…贈り物ですが、もったいなくて未だ使えず!
代わりにカルカッタコンクエストXG買うしかないか!?

取材でハマって買ったルアー群

フレディ【ブライトリバー】

個人的に釣れるトップはあるけれど、強烈なエピソードがあるルアーたちを紹介したく!

[写真タップで拡大]

フレディはブランドを立ち上げたばかりのブライトリバー松本一良さんに、DVDを作らせてくれと頼み込んだのがきっかけ。
慌ててプロトのルアーを作ってもらい、撮影に間に合わせてもらいました。
ビデオカメラマンが水没したり過酷な撮影の末、惚れきって購入。

LABO100【米潮ルアー】

バスもタイのバラマンディもめちゃくちゃ釣れた

[写真タップで拡大]

LABOは当時のハネクラ店長・盟友ヤステンとの1品。
ルアマガソルト時代、多摩川夕マズメ一発勝負のロケでホームランを放ったウイニングルアー。
バスもタイのバラマンディもめちゃくちゃ釣れた。え、もう文字数オーバー!?

ミミックマミー【A.H.P.L.】

見た目!

[写真タップで拡大]

マミーは安藤吉彦さんロケで、どハマり。

ジョバンニトーイ【クワイエットファンク】

久保田健二さん&川島勉さんの逸品

[写真タップで拡大]

ジョバンニトーイは自分が担当した夢コラボ、久保田健二さん&川島勉さんの逸品です。

紹介した人

ハンドメイド・トップウォーターに敬意を払う2系統をご紹介させていただきました

[写真タップで拡大]

カミィ(かみい)

ワームは名古屋釣法リスペクト、トップはズイール・ザウルス・道楽時代に感化されたオールドスクーラー。
ルアーマガジン編集長。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス