バス釣りトップウォーターよもやま話Q&A【三原直之、林宗朗、伊藤巧】

水面が炸裂して大興奮! トップウォーターの釣りは、このひと言で片がつくほどにオモシロイ。しかし相応の難しさがあることは、多くのアングラーが知るところだろう。そんな水面の釣りを『憧れ』で終わらせないためにはどうすればいいのか? バス釣り業界を代表するトップウォーターフィッシングの達人に、ベーシックな知識からお役立ち情報、そして表層の釣りの核心部まで、根掘り葉掘り教わろう! 今回はトップウォーターについて様々なよもやま話Q&A。

●文:ルアーマガジン編集部

トップウォーターQ&Aに回答していただいた三達人

三原直之(みはら・なおゆき)
国内最高峰トーナメントカテゴリー・JBトップ50で活躍する若きトーナメンターで、あの今江克隆さんも舌を巻くほどの実力を誇る。大胆さと緻密さを兼ね備えたそのスタイルは、底知れない奥深さを感じさせる。 [写真タップで拡大]

林宗朗(はやし・むねあき)
千葉県市原市にあるショップ「スローテーパー」の代表。伝説のバスアングラー・則弘祐氏の意思を受け継ぐアングラーとして知られるトップウォータープラッガー。ちなみにトップ専門以外の人(色々なルアーを使う人)のことは「オールレンジの人」と呼ぶ。 [写真タップで拡大]

伊藤巧(いとう・たくみ)
日本を飛び出し、今やB.A.S.S.トーナメントで活躍する若きロードランナー。師匠である田辺哲男さん譲りの理論的なゲーム展開は、あらゆるフィールドで印象的な釣果を残す。ルアマガプライムでは陸王漫画化プロジェクトの主人公にも抜擢されている。 [写真タップで拡大]

【Q23】好きな(得意な)トップのジャンルを教えてください

伊藤巧
伊藤巧

110プロップ!
せこい(笑)。でも試合で使える、戦える、勝てるルアーなんですよ。

[写真タップで拡大]

林宗朗
林宗朗

ダーターです(笑)
そこにポッパーとペンシルも含めて3つですね。特にダーターならスラープアシッドとアシッド。そればっかり。超溺愛で、ここ最近のビッグバス率も必然的に高いです

[写真タップで拡大]

三原直之
三原直之

バズベイト
実はバズベイトが好きなんですよ。ゲーリー、ブーヤーと色々使いますが、ひとつ選ぶならバクシンバズ! バズベイトに必要な要素が全て詰まっていると思います!

[写真タップで拡大]

【Q17】カラー選びのセオリーはありますか? (黒が効く? 等)

伊藤巧
伊藤巧

人生の初バスがバズベイト
並木敏成さんが「バズにハマって、バスにハマったといっても過言じゃない」って言ってたからバズベイトが好きでした。

林宗朗
林宗朗

入り口はDAIWAやヘドン
僕ら世代の人はルアーといえばDAIWAとかヘドンですよね。80年代はトップというよりはバスを釣ることにこだわっていて、バスルアーといえばトップでした。そこから田辺哲男さんのシーズナルパターンだったりが出てきましたが、スポーツザウルスに入ってからはスピナベを投げる状況でもトップで釣るためにはどうするか? とかをやりはじめました(笑)。

三原直之
三原直之

ティンバーフラッシュ
トップウォーターというよりはビッグベイトですが、ティンバーフラッシュを使って、トップのほうがデカい魚を引っ張ってこられることを覚えましたね。それでトーナメントに出るようになってから、色々トップの釣りを練習したんですよ。

【Q25】今年、活躍を期待しているトップ系ルアーはなんですか?

伊藤巧
伊藤巧

ボルケーノグリッパーキックノッカー
です。

[写真タップで拡大]

林宗朗
林宗朗

スピナーテールミノー
元同僚のガウクラフトデザイナーと作っている、スピナーテールミノーです。「トップウォーターミノーイング」が大好きで、スミスにもそんな名前のロッドがあったにも関わらず、もう誰もやってないですよね。ダーターの釣りが繊細になって面白くしたのがトップウォーターミノーイング。そういうものの選択肢が、いまほぼない。それを復活させたいと思っています。サイズは13cmで太めのバルサ製。15?16gくらいあって投げやすいです。

[写真タップで拡大]

三原直之
三原直之

でっカブメスJr.とベビートーピード
今風のルアーで言うと、でっカブメスJr.(痴虫)。トーナメントでの出しどころを探しているところです。それから1周回って気になるのがベビートーピード(ヘドン)。自分の引き出しに無いタイプの釣りで、今の時代にどうなるか、気になっています。

[写真タップで拡大]

【Q26】衝撃(感銘)を受けたルアーがあれば教えてください

伊藤巧
伊藤巧

ドリラータイフーン!
アクションのファーストインパクトと値段が衝撃的だった(笑)! 学生当時、車中泊するぐらいお金がないのに頑張って買いました。利根川で毎朝ドリ活してたけど、その恩恵は確かにあって、人生を変えてくれるくらい釣れました。未だにアメリカでも使ってますよ。

林宗朗
林宗朗

反りトンボかな
1番衝撃を受けましたね。ハンドメイドの世界って20年前にはもういろんなカタチがあって、こんなので釣れんの? こんなでっかいペラがあってどう釣るの? というのが多かった。ザウルス、ファイブオーとは全く違うカタチ。ライフベイトとか、オーソドックスなものは大好きなんですが、そういうのを越えて、想像を越えてすごかったのが反りトンボでしたね。

三原直之
三原直之

バド系
東条湖のロコの間では割と有名なバド系ではありますが、やっぱり、こんなルアーでこんなに釣れるんだ! となって、感銘を受けました。

【Q27】生涯でもっとも釣ったトップウォーターはなんですか?

伊藤巧
伊藤巧

110プロップ
です(笑)。

林宗朗
林宗朗

ホッツィートッツィーかな?
それのセラフとか、相当釣っています。ザウルスが無くなって20年経つから知らなくて当然ですが、こういういいルアーがあるってことが知って欲しいし忘れて欲しくない。今でもとっても釣れるし、中古市場にもたくさんあるのでぜひとも使って欲しいルアーのひとつです。オールジャンルな人にも、ハマらなくていいからヘドンの名作とか、アクセント的にこういうルアーとか使ってみて欲しいなと思います。羽根モノもデカダンスとかクレイジークローラーを試して見たり。あと、知識としてだけでもルーツを知っていて欲しいですね、…おっさんのない物ねだりですけどね(笑)。

三原直之
三原直之

どれも同じくらいかな
色々と使いますが、釣れぶりはどれも同じ感じです。デカい魚ならアベンタクローラーRS、単純に数だけでいえばポップXですかね。レッドペッパーでもよく釣りました。

【Q28】この人はトップの釣りがうまい! と思うアングラーがいたら教えてください

伊藤巧
伊藤巧

ムネさん!!
アメリカに行く前に釣り教えてくださいって、ラブコールしたのに「いやいや伊藤君におしえることなんかないですよ」とフラれました(笑)。田辺さんもムネさんリスペクトしてますよ。

林宗朗
林宗朗

則弘祐さん
あえて…ですが、則弘祐さんですね。技術的なものばかりを追ってしまいがちですが、トータルで見て、です。1尾とどう関わるか、というところから、どういうのがバス釣りの楽しみかを追求していた。20代で釣りたくて釣りたくて…というモードが、30代でそうじゃないなと店を始めて、やっと言葉の重みが分かってきたのが40代になってから。丸橋英三さんという師匠のひとりは、「サカナがいないとサカナは釣れない」といいます。その辺を今噛みしめていますし若いアングラーにもわかって欲しいと思いますね。

三原直之
三原直之

小林知寛さん!
トーナメンター界隈では1番うまいと思います。トップ50をフロッグタックルだけで戦ったり、霞ヶ浦水系をトップだけで5kg釣ってきたり…。僕もトップはそれなりに自信がありますが、コバさんにはかないません。

[写真タップで拡大]

【Q29】オカッパリで最も有効なトップウォーターはなんだと思いますか?

伊藤巧
伊藤巧

普通なら110プロップだけど…
最近はダブルフックのトップウォーターに可能性感じてるかな。カバーを攻められるし、ウッド素材の魔力もある。プレッシャーの高いフィールドこそ、ウッドのメリットは感じています。

林宗朗
林宗朗

バドとか羽根モノとか
やっぱり、バドとか羽根モノとか、あとはペンシルですよね、遠投できるし速いし。でも探る距離とかにもよるかも。バドとか遅いし遠投できない。接近戦で割り切ってやるとか。探る系がいいかな。

三原直之
三原直之

ビッグクローラーベイトか小さいペンシル
遠投できて、フラットに強いルアーです。何もないオープンフォーターでも釣れる可能性があるトップですね

[写真タップで拡大]

【Q30】まだトップで釣ったことのない人は何を投げるのがオススメですか?

伊藤巧
伊藤巧

リップが付いたトップ
例えばレイダウンミノー ウェイク110プロップ。カバーを回避する、根掛らない、止めれるのが特徴です。自分のペースで誘えるし、移動距離も抑えて使える。1つのルアーで多様性がありますね。

[写真タップで拡大]

林宗朗
林宗朗

釣りたいルアーを投げるのが1番だと思うし、そうあって欲しい
でも実釣的には、ハネモノやノイジー、バドとか、ロッドワークがいらないもの。ボートなら岸ギリギリ、岸釣りなら岸際を巻くだけで釣れちゃうのがいいかなと。ペンシルとかは上手く動かせないとか、そういう問題が出てきちゃう。

三原直之
三原直之

Wスイッシャー、クローラーベイト、ポッパー
ただ巻きで使えるのが簡単でいいですよね。なのでWスイッシャーとかクローラーベイトとか。操作するならポッパーを2~3秒のポーズに1回ポコンとポッピングさせるのがオススメです。

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス