旨味引き立つ! マアジのなめろう【釣り人のお魚料理レシピ】

もはや全国区で知られる房総の漁師メシ「なめろう」。穫れた魚に薬味と味噌などとあわせて簡単に味をつけて叩いて白飯をかっこむ、豪快で手っ取り早く、新鮮な魚の旨味を直に楽しめる。味付けに工夫ができてお手軽にバリエーションが作れるし、たくさん釣れるアジにもうってつけだ。マアジのなめろうをご紹介。

●文:ルアマガプラス編集部

マアジについて

日本沿岸どこでも見かける身近な魚

[写真タップで拡大]

群れで沿岸を回遊しているマアジ。人間の生活圏、例えば港の奥なんかにもドンドン入り込んでくる実に身近な魚だ。子供連れでのファミリーフィッシングにも最適で、群れさえ回遊してくれば簡単に大漁気分も味わえる。レジャーとして家族でアジ釣りを楽しんで、帰ったら新鮮なアジ料理を堪能する。そんな楽しい休日も演出できそうだ。

代表的なブランド

アジには季節を追って回遊するタイプと一定の場所に居付くタイプの2タイプがいる。居付き型の方が脂の乗りがよく身も多く美味で、また漁獲量も回遊型と比べて少ないため、高級魚としてブランド化が進んでいる。大分の「関アジ」、長崎の「ゴンアジ」、島根の「どんちっちアジ」、兵庫の「メクリアジ」、東京湾の「金アジ」、内房の「黄金アジ」などが有名だ。

おすすめ料理全国の産地
お作り、塩焼き、フライ東日本:5月~8月
西日本:1月~5月
東京湾、大阪湾、豊後水道

マアジのなめろう

細引きのアジにミソと薬味を和えあとは軽めにたたいて混ぜるのみ。

材料(2人前)

  • マアジ:2~3尾
  • 長ネギ:白い部分
  • 細ネギ:1~2本
  • 味噌:アジの1/5程度

作り方

【手順1】

薬味のネギを刻む

万能ネギも長ネギも小口切りに。あらかじめ長ネギは白い部分を半分に切って水にさらして辛味を飛ばしておく。

【手順2】

アジを細引きにする

身をあらかじめ細く引いておく。大体5ミリ幅ぐらい。こうすることでたたきを軽めにして身の食感を残すことができる。

【手順3】

アジとネギを和える

刻んだネギと細切りにした身をまな板に乗せ、包丁でたたきながら混ぜ合わせる。あまりたたき過ぎないように注意。

【手順4】

味噌を加える

ミソを加えて味を調える。味噌は少なめで。アジの1/5ぐらいの分量が◎。お好みでミョウガやシソを加えても良い。

【手順5】

軽くたたいて混ぜる

ここでもたたきは軽めで。具材は包丁の峰でこねる感じで混ぜ込んでいくと良いだろう。ほどよく混ざったら完成。

【ワンポイント】あえて控え目にたたくのがほどよい食感を残すコツ

[写真タップで拡大]

なめろうは生の身をたたいて味噌と薬味を和える料理だが、たたき過ぎると食感がなくなってしまう。ある程度は身の状態で残るよう、たたくのはほどほどで。

完成!

[写真タップで拡大]

『前略 奥様 釣った魚は自分で料理します。』発売情報

全24種の美味しい魚レシピ集!

釣った魚を料理できれば 「また釣り行くの!?」と言われず、 気持ちよく釣りへ行けるじゃないか~! そんな編集部の声(願望)から生まれた魚のレシピ集です。

春夏秋冬の季節感豊かな魚とその食べ方を幅広くご紹介。魚の捌き方もしっかり掲載しています。

1冊あれば、何かのときに役立つと思いますので、お手元にぜひ……。

電子版ではタブレット端末での閲覧が最適です。

  • 発売日2019年7月1日
  • 定価990円(税込)

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス