オカッパリから狙うバス釣りの基本装備と注意点【ENJOY!! バスフィッシング】

バス釣り歴数週間のビギナーも、ウン十年のベテランもフィールドに立てばみ~んな平等。僕たちのココロをつかんで離さないバス釣りに関する気になること、興味はあるけどいまさら聞けないあれこれを、すべてのバス釣りアングラーの強い味方、メジャークラフトのヒロセマンが真心込めて全力解説!! そう、すべてはもっともっとバス釣りを楽しむために!

●文:ルアーマガジン編集部

ヒロセマンのプロフィール

[写真タップで拡大]

バス釣りの伝道師:広瀬達樹 a.k.a.ヒロセマン

ハイコスパタックルブランド、メジャークラフトのプランナー兼プレイヤー。
ルアーの釣りが大好きだ!

バス釣り2大基本スタイルのひとつ!

今回のテーマは、好評のいまさら聞けないシリーズで、オカッパリになります。

広瀬「ある意味仕方ないですが、専門誌は知っている前提が多いですからね。当連載はメジャクラコンセプト同様、ルアー釣りビギナーに優しい! ですから」

ありがとうございます。では早速、オカッパリとは?

広瀬「オカッパリ、岸釣り、ショアフィッシング、バンクフィッシングと表現はさまざまですが、要は地に足を付けて釣りをすることです。ボート釣りの対義語とでもいいますか」

なるほど。ボート釣りと比べると、やはり手軽なイメージがありますよね。

広瀬「そこですね。ボート屋さんの営業時間を気にしなくていいし、基本お金もかかりません。思い立ったタイミングで短時間でも釣りが楽しめます」

まさにビギナー向け。

広瀬「ボートのほうが釣れるという意見もありますが、個人的はそういうのはどっちでもいい。それぞれの楽しみ方があるし、どちらもバス釣りですから!」

【ENJOYレッスン1】オカッパリとは!? メリット・デメリットを知る!

広瀬「自分の足で動いてルアーが届く範囲からバスを誘う釣り方です。ボートよりも攻められる範囲は狭く、機動力もないと思われがちですが、ボートではいけない狭い場所を攻められたりもできるし、ダメならガラッとフィールドを変えられる。いずれにせよ、どちらもやることで見えてくることは多いはず。食わず嫌いはダメ!」

短時間でも楽しめる!

仕事や学校の前後の時間でも釣りができる。「ジャンボ池一周しますね」で、サクッと釣れた! 「ハイ終わり!」いやダメです! [写真タップで拡大]

釣れると嬉しい!

制約が多いほど釣れたときの喜びは大きい。「ギルはギルの引きがあるし体高があればよく引きます。小さくてもサイコー!」 [写真タップで拡大]

根がかりに注意!

根がかってしまっても、岸からだと、根がかり地点に近づけないことが多いし、引いてきた方向の逆から引っぱれないことも。オカッパリはルアーロスト率が残念ながら高い。 [写真タップで拡大]

マナーは絶対厳守!

手軽さゆえにおろそかになりがちだが、駐車スペースも絶対遵守。ゴミも捨てたらダメ! 釣り場は釣り人が守ろう。 [写真タップで拡大]

すべてを攻められない

ルアーが届く範囲内しか攻められないのは大前提。カバーの裏側のようなスポットも回り込んで攻められるのはボートならではだ。 [写真タップで拡大]

ていねいに攻められる

1カ所のスポットにとどまって、ルアーを変えカラーを変えコースを変えてじっくり誘うことができるのがオカッパリ。 [写真タップで拡大]

ランディングに苦労する

足場が高い、周りがカバーなど、掛けたは良いが、立ち位置が悪くて獲れないことも。まさにカバーに入られてジャンボを逃した! [写真タップで拡大]

ガラリと変えられる!

フィールド全体が沈黙なんてこともよくあること。そんなときでもまったく別のフィールドに移動することがイージーにできる。 [写真タップで拡大]

【ENJOYレッスン2】オカッパリのスタイル。最低限これだけは持つべし!

夏の装備を忘れるな!

夏の強い紫外線から肌を守るハット、グローブ、フェイスガードはすべてUVカット仕様。男でもスキンケアは絶対必要! [写真タップで拡大]

マナーは絶対厳守!

ロッド1本バッグひとつがヒロセマンのオカッパリの基本スタイル。雨の日はレインウエアにレインシューズで頑張るマン! [写真タップで拡大]

マストアイテム

バッグ

車載用中バッグ。ここから少バッグにセレクトするが、そのままでも持ち出せる。 [写真タップで拡大]

ペンチ

丸呑みされたときにも。 [写真タップで拡大]

ライフジャケット

身を守るために。 [写真タップで拡大]

シューズ

歩きやすくて肌の露出の少ない物を。 [写真タップで拡大]

ランディングネット

伸縮シャフトだと高い足場でも狙える。 [写真タップで拡大]

あると便利なアタッチメント

折りたたみできるアームとマグネット式のキーパーで常時身に付けられる。 [写真タップで拡大]

ランディング講座

伸縮式シャフトの場合、伸ばして魚をネットインした状態ですくうのは破損することもある。写真のように引き上げつつ縮めるのが正解。

広瀬「ネットはすくう道具ではありません」

ちょぼちょぼの見えバスキャッチ!

実績ジャンボ池で振られたので、別の池で岸を向いていた見えバスを捕獲。

広瀬「オカッパリらしい切り替えで獲れました。でも、もうちょいジャンボが釣りたいぜ!」 [写真タップで拡大]

今月のENJOYロッド!! イッポン!!

バスパラ BXS-632UL【メジャークラフト】

[写真タップで拡大]

全長アクション対応ルアー対応ライン価格
6ft3inEX.ファスト1/32~1/4oz3~7lb8,140円(税込)

注目ポイント

ビギナーにもピッタリなハイクオリティ&ロープライスロッドシリーズのバスパラ。全モデル2ピースと携帯性にも優れている。

[写真タップで拡大]

ロッド選びにもオカッパリ向きかボート向きかの基準はありますが、この1本はまさにオカッパリ向き。なので安心して使ってみてください。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス