知らなかったじゃ大問題!? バス釣りのマナーを解説!【ENJOY!! バスフィッシング】

バス釣り歴数週間のビギナーもウン十年のベテランもフィールドに立てばみんな平等。僕たちのココロをつかんで離さないバス釣りに関する気になること、興味はあるけどいまさら聞けないあれこれを、すべてバス釣りアングラーの強い味方、メジャークラフトのヒロセマンが真心込めて全力解説! そう、すべてはもっともっとバス釣りを楽しむために! 今回はバス釣りのマナーについて考えてみる、がテーマ。

●文:ルアーマガジン編集部

[写真タップで拡大]

バス釣りの伝道師:広瀬達樹 a.k.a.ヒロセマン

ハイコスパタックルブランド、メジャークラフトのプランナー兼プレイヤー。
ルアーの釣りが大好きだ!

何度でもバス釣りのために要確認!

――今回のテーマはマナーです。

広瀬「ハイシーズンでこれからバス釣りを始めようって人も多いかもしれないので、タイミング的にはアリですね」

――知っていれば避けられるトラブルは多いと思います。

広瀬「その通り。そもそもなぜマナーが必要かというと、ひとりで完結する遊びではないからですよね。釣り場にいかないとできないし、バスがいないとお話にならない。水辺は個人の所有物ではなくみんなのもので、バスは生き物だから、当然雑に扱って良い訳がない」

――マナーって当たり前のことでもあるんですけどね。

広瀬「難しくはないですよね。ただ楽しい話でもない」

――うーん、そうですね。

広瀬「でもマナーを知らないと、釣り場がなくなったり、バスがいなくなったりして結果楽しむことができなくなります」

――1番悲しいことです。

広瀬「小言のように口うるさくする のは嫌ですが、言わないとダメなときもあるということで、今回はお付き合いください」

【ENJOYレッスン1】バスへのマナーを身に付ける!

広瀬「バス釣りはキャッチ&リリース、釣って生きたまま水中に返すことが大前提なので、バスを傷付けないことがすべてのマナーの中心になります。水中の生き物を陸上に上げること自体が負担になるので、なるべく短時間でリリースするようにしましょう」

むやみに触らない

バスは下アゴを持つ。乾いた手で体を触るとやけどのような状態になり大きなダメージを受けるので要注意! [写真タップで拡大]

置く場所に気を付ける

乾いたコンクリなどに置くことは絶対厳禁。濡らした草の上など水分がある場所にしよう。メジャーも濡らしておくのがおすすめ。 [写真タップで拡大]

ペンチは必需品

フックをのまれた時にも口の奥に届くような先の細長いラジオペンチが使いやすい。トリプルフックを外すときにも必須だ。 [写真タップで拡大]

撮影は短時間で!

長い時間バスを陸に上げておくのはNG。写真などで記録を残したいときはなるべく時間をかけずに撮ること。場所にも配慮! [写真タップで拡大]

ネットも必需品

確実にキャッチするためにもランディングネットは必須。リリースにも使えるぞ。高い足場から「ボッチャン!」はなるべく避けたい。 [写真タップで拡大]

おすすめランディング【1】

陸へのずり上げはバスでは厳禁。バスが水中にいる状態で下アゴをキャッチするハンドランディングはダメージが少ない。 [写真タップで拡大]

おすすめランディング【2】

ロッドが耐えられれば、そのまま抜きあげるのも可。ただし空中で確実にバスをキャッチして落とさないように気を付けよう。 [写真タップで拡大]

【ENJOYレッスン2】フィールドでのマナーを身に付ける!

広瀬「フィールドでのマナーは一般常識ですね。周りに民家がある場合も多いので騒がない。釣り禁止、立ち入り禁止は厳守するなどなど。立ち入り禁止を明記してなくても民家や田んぼのあぜなどは入ったらダメ。もちろんため池の施設を勝手に動かすのも絶対ダメです」

ゴミは持ち帰ろう

釣り禁止や立入禁止など、所有者の意図が明記されていることが多いので、ため池では特に気をかけること。 [写真タップで拡大]

ゴミは持ち帰ろう

水辺のゴミは釣り人だけが原因ではないが、気分が良いものではない。拾うことよりもまずは捨てないことを心がけよう。 [写真タップで拡大]

ゴミ入れを携帯する

ラインの切れ端なども立派なゴミになる。ポケットに入れるよりもゴミ入れを持っている方がよりスマートだ。 [写真タップで拡大]

さわやかな挨拶

釣り人同士はもちろん、近隣住民などにも積極的に挨拶をしよう。それだけでも釣り人への印象はかわるはず。 [写真タップで拡大]

違法駐車はしない

ほかに通行する車や住人の邪魔になるような場所に駐車するのは釣り以前の問題。お店の駐車場に停めるのもダメ! [写真タップで拡大]

周囲に気を配る

フックは時に凶器となる。キャストする時は周囲を確認して安全に配慮すること。狭い場所では特に注意だ。 [写真タップで拡大]

今回のおすすめ

スタビシャッド【メジャークラフト】

バスにも使える!? メジャクラワーム!

[写真タップで拡大]

ボディのスタビライザーが特徴のマルチワーム、スタビシャッド。ソルトウォーター用だが、『全魚種対応』と明記されているのでバスにも使える!?スリムとファットでそれぞれ3.5と4inをラインナップ。

今月のENJOYイッポン!

デイズ DYS-S682L/SFS【メジャークラフト】

[写真タップで拡大]

デイズの極上フィネスロッド、SFSモデルはグリップ周りも通常とは異なる特別仕様で感度に特化させている。

全長アクション対応ルアー対応ライン価格(税込)
6ft8inEXファスト1/64~1/4oz2~6lb17,050円

ヒロセマンおすすめのワケ

広瀬「価格帯としてはロープライスに分類されますが、デイズの高級感、質感は一度使えば分かるはず。なかでもSFSは特別仕様。フィネスの釣りが自然と上達します」

マナーを守って楽しい釣りをしましょう! [写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2022年9月号

今月の特集は『カバー』。隠れ潜むバスを攻略するテクニックや情報を、どこにも負けない大ボリュームでお送りします!注目度MAXの川村光大郎さんVS藤田京弥さんの陸王はフルリニューアルで登場しますので、そちらにも注目ですよ!

  • 発売日:2022年7月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス