9月17日(土)多点掛け成功なるか!?照英のボートで狙う“ワカサギ”釣り!!【Theフィッシング】

釣っても、食べても楽しめる、秋冬の人気レジャーフィッシング、ワカサギ釣り。手軽で初心者からファミリーでも楽しめる釣りとして人気の釣りだ。一般的には、氷の上に穴を開ける氷上釣りや湖上に浮かんだビニールハウスで行うドーム船のイメージが強いが、今回はボートで狙う。

●文:ルアマガプラス編集部

アングラーは芸能界屈指の釣り好きアングラー、照英。昨年、ドーム船でのワカサギ釣りを経験、今回1年ぶりの釣行となる。「ワクワクしています。毎回、勉強なので今回も吸収できるものはたくさん吸収したい」と、やる気十分!

宮澤幸則、照英 [写真タップで拡大]

そんな照英をサポートするのは、沖釣りのスペシャリスト、宮澤幸則。カワハギやマルイカなどテクニカル系の釣りを得意とし、ワカサギ釣りも精通する名手だ。

今回、宮澤は照英に、あるミッションを課した。それは、一度に複数のワカサギを掛ける多点掛け。それも5尾同時キャッチの5点掛け。さらに、2本竿で釣る2刀流をマスターすること。

これに対し、照英は「いろいろ上がってる!?でも上げていかないと上手くならない。宮澤先生の技をいろいろ見せてもらいたい」と、不安ながらも自身のレベルアップに向け、テンションは高い。

照英 [写真タップで拡大]

舞台となるのは、長野県・木崎湖。ここ木崎湖は禁漁期間がなく、一年を通してワカサギ釣りが楽しめることもあり、県外からワカサギフリークが訪れる人気フィールドだ。

朝一番、魚探でワカサギの反応をみながらポイントを探す。ボートワカサギでは、こうして自分たちで魚の居場所を探していく。

長野県・木崎湖 [写真タップで拡大]

すると、底から中層付近までワカサギの反応を発見。アンカーを降し、手早く竿を出す。まずは底から中層付近まで丁寧に探る。と、照英にヒット。一投目からワカサギをキャッチ。そして、立て続けに照英にアタリが。今度は3点掛けに成功。これには思わず、満面の笑みを浮かべる照英。

そして、先生役の宮澤も4点掛けに成功。順調な滑り出しを切ったかと思いきや、その後アタリがストップ。仕掛けを変えたり、スローな誘いを入れるなど、手を加えながらワカサギの反応を探っていく。果たして照英はミッション達成できるのか!?

宮澤幸則 [写真タップで拡大]

釣りの他に、味でもワカサギを楽しむ。釣ったばかりのワカサギを塩焼きと天ぷらに。

湖上にゆったりと浮かぶボートの上で自由気ままに遊べるボートワカサギ。釣って良し、食べても美味い!ワカサギ釣りの魅力が詰まった30分。お楽しみに!

照英 [写真タップで拡大]

【番組名】「THEフィッシング」

テレビ大阪製作・テレビ東京系列全国ネット
<テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送>
放送日時】毎週土曜日 夕方5:30~6:00
【番組HP】https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/the_fishing/


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス