悪魔合体!「ハイギヤリール+ロングロッド」ビッグベイトシーバスの常識を変えた組み合わせ[シマノ・嶋田仁正]

嶋田仁正さんがボートフィッシングとウェーディングで秋の中海を攻略。ハイシーズンということもあり、グッドサイズが連発した。この好釣果の裏にあるルアーローテやタックルセレクトに注目し、ぜひハイシーズンの釣りに役立てて欲しい。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

[写真タップで拡大]

嶋田仁正(しまだ・じんせい)

広島県在住。卓越したスキルでランカーを量産するデカシーバスハンター。理路整然としたパターン追求を旨とし、ルアーやタックルに関する深い独自理論を持ち合わせる。シマノインストラクター。ルアーメーカー「マルジン」代表。

実釣フィールドは島根県・中海

日本海側、そして汽水湖という特徴から潮位の変動がほぼない中海。流れの変化は気圧によって起こることが多いので、嶋田さんは気圧にも注目しながら釣りをするという。 [写真タップで拡大]

海へと向かうシーバスを効率良く狙えるのが秋

島根県のメジャーフィールドである中海と宍道湖を攻略する上で、まずは汽水湖であるという特徴を理解しておきたい。

嶋田「全国的に見ても少ない汽水湖で、中海の中の干満差はほぼありません。ただ、上げ下げの流れは発生しています。ただ、タイドグラフ通りに動かないことがほとんどですよ。48時間下げっぱなし、24時間上げっぱなし、ということが頻繁に起こるようなフィールドです」

中海の潮流は、通常のタイドグラフからは読みにくいという特徴がある。 [写真タップで拡大]

かなり不思議な現象だが、これはどういう理由から発生する?

嶋田「気圧や風で流れが支配されているからです。だから、見るのはタイドグラフではなく、気圧です。気圧が高いと下げが起きますが、もしかしたら上げは起きないかもしれない。気圧の高さで、水が上から押される力が作用するからですね。これに風の強さや向きも関係してくるので、かなりややこしいんですよね。中海と宍道湖を繋ぐ水路などは上げ下げによる流れの変化はおきますが、これも気圧に応じて変わってきます。ずっと水が下げているのに潮位はほとんど変わらない、本当に不思議な現象ですよね」

秋は大型でコンディションの良いシーバスをキャッチする絶好の季節だ。 [写真タップで拡大]

そしてハイシーズンの秋、中海・宍道湖のシーバスゲームは絶頂を迎える。

嶋田「中海と宍道湖にいるシーバスの多くがが、一気に海へと下っていくんですね。そして、秋の成長したベイトフィッシュとリンクして荒喰いが起こる。いろんな釣りでランカーが狙える、まさにベストシーズンですね」

ボートでもロングロッド、これが次世代のビッグベイトシーバススタイル

日中のボートゲームからスタートした嶋田さん。ベイトタックルでビッグペンシルを使い、綺麗なドッグウォークでシーバスを水面におびき寄せる。

嶋田「水深は5〜6mほどのエリアで、水面にサッパなどのベイトの雰囲気が出ている場所を狙います。動かすコツは、ルアーを見ながらタイミングを合わせて素早く次のアクションを入力すること」

使用ルアー:エクスセンス コノシロペンシル185F(シマノ)

コノシロパターンを制する秋のビッグペンシルの大本命
185mm・95gというビッグサイズのペンシルベイトで、秋の大型化したベイトフィッシュにマッチ。ヘッドのカップスリットにより、飛沫を出しながらクイックなダートアクションを演出する。ラトル入り設計で、広範囲に鳴り響いて魚にアピールする。 [写真タップで拡大]

操作が難しそうですね…。

嶋田「ひと巻きで1mを巻き取れるベイトリールを使っているので、ハンドル操作だけで動かすことができますよ。ハンドルを2/3回転させるだけで、およそ80cm分のラインを巻きとれるので、クイックなハンドル操作だけでビッグペンシルをドッグウォークさせることができます」

使用リール:スコーピオンMD(シマノ)

ハンドルひと巻き100cmオーバーというモンスターリール
PE4号を180mストックできる大容量スプールを搭載。ハンドル1回転の最大巻き取り長は107cmという数字をマーク。ボディは大きすぎないので、通常のベイトリール感覚で使いこなせる。ビッグベイトにはベストマッチのリールだ。 [写真タップで拡大]

使用ロッド:エクスセンス ジェノス ベイトキャスティングモデル B80H/F(シマノ)

エクスセンスジェネシスB80H/RFは8ftのロッドだが、ボートゲームでも問題なく使える。むしろ、ビッグベイトゲームではロングロッドのほうが飛距離も出るし、キャストで船体にルアーが当たる事故も起きにくい。 [写真タップで拡大]

このリールの進化により、ビッグペンシルベイトをショートロッドで扱う必要はなくなった。

嶋田「竿で操作する必要がないので、短いロッドを使わなくても良い。ハンドル操作だけで綺麗に動くので、本当に疲れないし、何時間でも動かし続けられますよ。ロッドは8ftのモデルを使っていますが、飛距離も出るし乗りも抜群。ビッグベイトゲームの常識を変えるセッティングになっていますよ」

ハンドル2/3回転でビッグペンシルが綺麗にドッグウォーク

巻き取りスピードが速いので、ハンドリング操作だけでビッグペンシルが動く。ロッドを操作する必要がないので、手首の負担を軽減してくれる。 [写真タップで拡大]

スコーピオンMDを使えば、ハンドルの回転だけで大型ペンシルベイトを綺麗に動かすことができる。スコーピオンMDなら2/3回転させれば約80cmが引けるので、リズムカルにハンドルを巻き取るだけで疲れずに釣りを続けられる。 [写真タップで拡大]

ビッグペンシルで多いのがシーバスの誤爆。これを防ぐにはどうしたらいいのだろう。

嶋田「チェイスがあったりミスバイトしても、同じ動かし方を続けること。リズムは変えない。ペンシルベイトで大事なのは、同じリズムで同じアクションを続けることです。そこで止めたりすると見切られますので。体が反応してフッキングするのはNGです。バイトが出ても平常心で、重みが乗るまではロッドを立ててはいけませんよ」

コノシロペンシルに飛び出したグッドサイズ。ミスバイトがあってもルアーを動かし続けることでシーバスがルアーを見切らずにバイトしてくる。 [写真タップで拡大]

タックルの進化がもたらす、ビッグベイトシーバスゲームの新たな展開。この秋、是非チャレンジしてみて欲しい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス