オシアジガーに「トンジギ専用」替えスプールが登場!『夢屋 17オシアジガー2000MAXスプール(シマノ)』

今、ヘビータックルを使ったオフショアジギングで人気なのが、ビンチョウを狙った「トンジギ」。200~500gというヘビー級ジグをシャクリ続けるという体力的にはとんでもないゲームゆえに、タックルによるアシストがとても重要になり、小さくて軽いリールが必要不可欠となる。しかし、小さなリールはラインキャパシティが少なく、水深100mを超えるディープレンジでヒットして200mも突っ走られることを考えると…大いに不安は残る。そんな苦境に陥らないために新たに開発されたのが、ここで紹介する『夢屋17オシアジガー2000MAXスプール』なのだ。

●文:ルアマガプラス編集部

夢屋 17オシアジガー2000MAXスプール(シマノ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

品番スプール 径(mm)/幅(mm)糸巻量PE(号-m)ベアリング数BB/ローラ―本体価格(円
2000MAX60/263-530, 4-400, 5-3201/09,500円
2001MAX60/263-530, 4-400, 5-3201/09,500円

このスプールはPE3号530m、4号400m、5号320mを巻けるラインキャパシティがあり、製品名が示す通り17オシアジガー2000NRHG/2001NRHG/2000NRPG/2001NRPGをはじめ、19オシアジガーFカスタム2000NRHG/2001NRHG、21オシアジガー 2000NRMG/2001NRMGという2000番クラスの小型モデルに装着可能。ビンチョウだけでなく併行して狙えるキハダにもオススメで、特に60kgクラスの大型キハダのダッシュはすさまじく、どんなに頑張ってもラインを200m出されてしまうなんてことはザラにある。そんなときでもPE4号を400m巻けるキャパシティは、アングラーに何よりの安心感を与えてくれる。

シャフトには特殊防錆処理を施したベアリングのS A-RBを1個装備。側面も防錆素材でシーリングされているので海水が浸入しにくく、塩ガミしにくい構造なので、ジグの素早いフォーリングと滑らかで力強い巻き上げにも貢献してくれる。

[写真タップで拡大]

ラインナップは右巻き用の2000MAX、左巻き用の2001MAXと、それぞれに専用品が用意されているので、購入の際には注意を。PE3号以上の太糸キャパシティを増やして、ビンチョウ&キハダのさらなるサイズアップを狙ってみよう!

最新の記事

ルアマガプラス