【2022年釣具買って良かったモノ】ルアマガNo.1マルチアングラー大木のベスト・バイTOP5をご紹介!

さあ間もなくに2022年も終わり2023年へ。今年も例年の如く沢山釣具も買わせて頂きました。それに比例して釣果は!? ハイ、厳しかったです…(苦笑)。とはいえ釣り業界へのたゆまぬ貢献度を勝手に誇りに思うルアマガプラス編集部・大木の「買って良かった~」的なアイテムをBEST5にてご紹介させて頂きます!

●文:ルアマガプラス編集部

第5位:エギケース ABK-800-S(クロスファクター)

[写真タップで拡大]

実は今年秋からエギング熱が急加速中! 元々は年に数回行く程度であったのですが、10月に初めてエギングの取材に行って、自分のエギング観が180度変わる位衝撃の釣果を見せつけられました。

衝撃的だったエギング取材の記事はこちら

ポイントの探し方、アプローチ、エギの使い方などエギングの奥深さを感じると共に、自分が今メインでやっている釣り(バス、シーバス)にも間違いなく活きる釣りだと確信!

取材後、2回ほどエギングに行きましたが取材のおかげもあってか、ちゃんと釣果を出せてます!

そこからは完全に沼(笑)。釣具屋に行くたびどんどんエギングアイテムを買ってしまい…ロッドも新調してしまいました。

色んなエギングロッドをネットサーフィンで吟味した末、インターラインに辿り着きました。まだ未使用なためベストバイ入りならず。 [写真タップで拡大]

勿論エギも色んなタイプのものを買い漁り、エギケースを買い足さねばと思ったとき、釣具のブンブンさんで見つけてしまったのがこのエギケースです。

[写真タップで拡大]

見てわかるように非常にシンプルなデザインなのですが、パッケージには3.5号のエギが10本収納可!しかも10本入る割にはケースのサイズが非常にコンパクトになっています。

[写真タップで拡大]

「本当に10本エギ収納できるの?」と疑問に思い、購入し試したところ…

[写真タップで拡大]

「8本が限界や!」

でもそんなことないよなぁ~と再度パッケージにの説明書的な部分を見ていると…写真にはエギを立てて収納していました。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

浅はかな自分を殴りたい…。実際にエギを立てた状態でスポンジにカンナを引っ掛けて収納すると10本しっかり収まりました。これなら文句なし!

このエギケース、釣具のブンブンさんのセール価格だったこともあり、なんと550円!シンプルな構造かつ収納力もありリーズナブルなところがめっちゃ気に入りました!

今回大木が購入したサイズ以外にも、号数に合わせたエギケースが多数あるようです!

ちなみに…クロスファクターは大阪の老舗釣具問屋である「浜田商会」さんのプライベートブランド。他にも「プロマリン」や「ルキア」などのブランドからもロッド、リール、ルアー釣り用品、衣料など幅広くハイコスパなアイテムをリリースしていますので、キニナル方は下記HPをチェックして見てください。

第4位:ライトロッドメッシュカバー(マグバイト)

[写真タップで拡大]

こちらのアイテムは以前お買い物手帖の番外編でご紹介させて頂いたもの。個人的には超お気に入りで、特に今年からバチコンアジングにものめり込んでいるのでライトゲームロッドが増えているタイミング。あと他の釣種のロッドと収納すると繊細な穂先が故、収納中に折れてしまわないか気になってしまうのですが、これを装着させると安心感が全然違います!

詳しくは下記の過去記事をチェックしていただければと思います!

ってか追加であと4つ位欲しい!笑

第3位:22TR SV TW 105H-SLPW(SLP WORKS)

[写真タップで拡大]

こちらもお買い物手帖でご紹介させていただきましたアイテムになります。いやぁ~、このリールがSLP WORKSのSNSにアップされた時は雷が落ちたような衝撃でした…カッコ良すぎると。個人的には現行のタトゥーラやスティーズ系統のベイトリールの「顔」が非常に好きなのでカスタムしたモデルそろそろ出ないかなぁ~とずっと思っていた矢先でした。即釣具屋に電話して予約してやりました(笑)。

このリールは簡単にいうとタトゥーラSV TWをフルカスタムしたコンプリートモデル。なので見た目だけでなく、性能も向上しています。巻心地も非常にシルキーでタトゥーラじゃないみたいです!

スプールもΦ32mm超々ジュラルミン製シャロースプールも搭載され、軽量級ルアーから1ozクラスのルアーと幅広いルアーに対応します。

さらに嬉しいのがソルトにも対応しているところ!スプールがΦ32mmなのでPE0.8号を巻いてボートチニング(フリリグ)をやってみたら絶好調でした!

[写真タップで拡大]

バスでは5gフリーリグにも非常にGOOD!来年こそはちゃんとバス釣ってやるんだから!

[写真タップで拡大]

第2位:ソルティーメイト キャリアハイ6(サンライン)

[写真タップで拡大]

キャリアハイ6は四国を代表するシーバスエキスパート・濱本国彦さんが監修されたシーバス用PEライン。昨今のPEライン主流の4本撚りと8本撚りの中間となる「6本撚り」によるPEをライン。

8本撚りの特徴でのある遠投性やしなやかさ、そして4本撚り特有である原糸の太さによるザラつき感が生む水中におけるコントロール・操作性、この2つの良さが合わさっているのがキャリアハイ6です。

実は今年のベスト・バイというよりかはリリースされた2018年頃からずっと使っていました!(爆)。

自分は7~8年前から今に至るまで、シーバス釣りはほぼほぼベイトタックルをで楽しんでいます。始めてから暫くの間はハリとコシがあってベイトタックルでも扱いやすい4本撚りのラインを使用していました。ただ、4本撚りも使いやすかったのですが、個人的にはもう少ししなやかさが欲しいと思っていました。

そんな時にこのキャリアハイ6がリリースされたことを知り、使ってみると糸のしなやかさが絶妙、遠投性も非常に良く、ドリフトの釣り、巻きやジャーク、トップウォーターとあらゆる釣り方で使いやすかったのです!

使用しているリールはスティーズATW(DAIWA)。純正スプールなら1.5号170mがちょい下巻きするか、しないかぐらいで入ります。個人的にゴールデンタッグだと思ってます。 [写真タップで拡大]

商品名のごとく、自分もこのラインを使用してから、シーバスの自己記録(89cm)や2020年から毎年地元でランカー(80cmオーバー)をキャッチできているので良いキャリアを築けています。

自己記録89cm。タモ枠に入り切らず無理やり強引にタモ折りながらも引張りあげてランディングw [写真タップで拡大]

今年釣ったジャスト80cm、タモに中途半端にインしてルアーが引っかかてしまい入水してキャッチしましたww [写真タップで拡大]

ということで、大木のベイトシーバスの相棒的なラインで、3年連続地元ランカーシーバスキャッチを実現したということで2位にランクインです!

いつかちゃんとしたインプレを書こうと思いますので気長に待っててください(笑)。

映えある第1位は……次ページ!

→《次ページ》はこちら

ルアマガプラス