【大切なロッドを守りたい!】マグバイトの「ライトゲームロッド専用」のロッドカバーが超イケてた!【今週のお買い物番外編】

ルアマガ編集部員が自腹で釣り具を購入し、インプレする巷で微妙に(!?)好評な連載記事である「今週のお買い物」。本来はバスフィッシング製品を中心としたアイテムをご紹介しているのですが、今回は番外編として、ソルトも大好きな編集部員・大木が最近購入したお気に入りアイテムをインプレしちゃいます。

●文:ルアマガプラス編集部

【ルアマガプラス編集部・大木】
元大型釣具量販店の店員という経歴を持つルアマガプラス編集部員。バスソルト問わず、幅広く釣りを楽しむことをモットーとする。得意な釣りはシーバスで、時間があれば地元湘南河川でロッドを振るう。特技はモノマネ。秋も忙しい日は続いているが、少ない時間をやりくりして釣り場に向かうアラフォー突入した35歳。 [写真タップで拡大]

皆様「釣り」行けてますか?

ルアマガプラス読者の皆様、アロハ!最近ダイエットを決意しましたルアマガプラスの大木です。

さあ遂にソルトルアーハイシーズン突入!シーバス、エギング、ショアジギング、チニング色んな釣りが楽しめてどこに行こうか迷っちゃいますね。

ちなみに大木は…先日朝活がてらの地元シーバスや、ロッドインプレでエギング行ったりして例年ほどではないのですが、ちょこっと釣りに行けてます。

ロッドインプレでキャッチしたアオリイカ。記事は近日中に書きますのでw
80cmジャストの今年初ランカー。ここ数年毎年地元でランカーをキャッチ出来るようになってレベルアップした気がするう!

さらにさらに、これから年末に向けてはライトゲーム(アジングやメバリング)も楽しい季節!特に大木がアジングでよく行く東京湾エリアは1月まで楽しめるので年末年始の釣り納め、釣り始めはアジングと決まっていますww

そんなライトゲームシーズン前に、個人的にずっと「あったらいいなぁ~」と思うアイテムがとあるメーカーからリリースされ即バイトしてしまいました(笑)のでご紹介させていただきます。

繊細な穂先のことを考えると夜も眠れない…そんなアナタにおすすめ!

ということで今回大木が購入した商品がこちら!『ライトロッドメッシュカバー(マグバイト)』。

【スペック】
全長:95cm
メッシュ入口:小 [♯1 / 径40mm] 大 [♯2 / 径60mm]
カラー:レッド、チャート
価格:2,530円 [写真タップで拡大]

近年バスロッドの穂先を保護するメッシュタイプのロッドカバーは、各バスメーカーからリリースされており、バスプロの方々をはじめ一般のアングラーも多く使用されています。

バスロッドは1ピースロッドが主流、かつ複数本のロッドを使用するため、保管や移動をする際には特に細心の注意を払わなければいけません。

しかしソルトロッドは2ピースモデルが多く、収納や保管も1ピースロッドよりもしやすいことからネオプレン性のカバーは多数ありますが、メッシュタイプかつ2ピース専用のものはほとんどありませんでした。

では何故このライトロッドメッシュカバーが存在するのか。それはズバリ!アジングロッドやメバルロッドなどには『繊細なティップ』を持つモデルが多数だからです!

特にアジングは近年全国的に拡大し、今ではライトゲームを代表するゲームフィッシュとなっています。専用ロッドもおそらくこの10年で一気に普及し、各社のこだわりが詰まったロッドが多くリリースされており、アジの瞬間的なバイトを取るためにティップも繊細なものがほとんどです。

そんな繊細なティップはいかにコンパクトな2ピースとはいえ、移動や保管時にはだいぶ気を使うもの。

丁寧に扱うにこしたことはないのですが、付属の収納ケースよりもよりガードができるものがあれば欲しいですよね。大切なロッドですから。

そんな痒いところに手が届くアイテムを開発したマグバイトの目の付け所は流石としかいいようがありません。すごいっす、K名さん(マグバイトの人)。

[写真タップで拡大]

いざ収納! これは…家にあるライトゲームロッドに全部着けたい!

では実際にどんな感じで収納されるか気になるかと思いますので、セタップ(セットアップ)していきたいと思います。

ロッドは会社にあった7ftクラスのメバルロッドです。

[写真タップで拡大]

その1:赤いメッシュ側にロッドのグリップ側を収納

まず最初にマグバイトのロゴが入ってる赤いメッシュ側に、ロッドのグリップ側(#2)を差し込み、収納ます。差し込む際には無理に入れようとせずにガイドを気にしながらゆっくりと入れてください。

[写真タップで拡大]

その2:黒く細長いメッシュにティップ側を収納

次に細長い黒いメッシュ側に、ティップ側を収納。ティップは繊細なのでその1以上にゆっくり丁寧に収納しましょう。

[写真タップで拡大]

その3:マジックテープのベルトで固定

#1、#2、2本とも収納し、長さを均等に差し込めたら、黒いメッシュに付いているマジックテープベルトで固定。これで完成です!

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

特に難しいことは一切ありませんが、伸縮性のあるメッシュカバーはソルトではあまりないので慣れてなければ最初は慎重に収納すると良いと思います。

ちなみにメッシュカバーにロッドを収納した状態でもリールは取り付けられるので、車内のロッドホルダーにセットしたり、釣り場での持ち運びにも便利です。さらにメッシュになっていることから、ロッドを収納した状態でも水洗いも可能となります!

推奨ロッドサイズはアジングやメバリングなどのライトゲームロッド からエギングロッドまで。長さも6ft~9ft代までOKとのことです。

個人的には家にあるアジングロッド(バチコンロッド含む)計4本に全部セットしたいぐらい気に入りました!なにせ他のシーバスロッドやエギングロッド、バスロッドなどももまとめてドカッと置いているので(苦笑)。

あと大木所有のバスロッドは9割2ピースなので、スピニングのソリッドモデルにも装着するのもありですな!

ライトゲームシーズンも間もなく開幕となりますが、釣りをしているときだけでなく、移動や収納時もロッドを大切に扱って釣りを楽しんでいきましょう!

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス