藤田京弥さん所持ソフトルアー詰め詰めボックスの中身をピックアップ大公開!

「神タックル」そんな物が存在するとしたら、まさにこの男が持つ道具たちがそれに等しいのではないだろうか? 世界で活躍する令和の怪物、そして日本最高傑作・藤田京弥さん。彼に選ばれし道具たちもまた傑作なのだ。そんな藤田さんが所有するソフトルアーがぎっちり詰まったバッカン2個から精鋭をピックアップ!

●文:ルアーマガジン編集部

藤田京弥さんのソフトルアー収納

使用頻度の高いワームがバッカンにイン! この中から試合ごとに使うものをピックアップしているそう。2個分のバッカンに詰め込まれたワームの中から、藤田さんオススメをえぐる!

タックルコンテナボート&カーモデルM(ジャッカル)

RV-ラッシュアワー(リボルテージ)

[写真タップで拡大]

藤田「横のテールをカットして、真ん中のテールをなるべく細くした『フィネステールチューン』です。こうするとスーパークイックなテーブルターンが可能で、短い距離で何度も首振りが可能です。完全に水面でドッグウォークしてくれるのも、野良ネズミとの使い分けになるのでいいですね」

サイコロラバー #3(フィールドサイト)

[写真タップで拡大]

藤田「小さいけど、水を押すからいいですね。大体サイト、もしくはライブスコープを見て使うとが多いですね。ピンポイントの食わせに長けているルアーです」

ヤミィ 4.5(ジャッカル)

藤田「ヤミィは太さと長さが絶妙で、端から端まで形が変わってないから、パワーをロスすることなくボインボインさせることができる。ネコリグで使う時は揉んで塩を外に出すことで水噛みを良くしています。一方で、アクションに張りが欲しい時はAR。ノーシンカーやダウンショットや漂ってほしい時に使いますね」

ドリフトクラブ(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

藤田「カニを食っているバスに効果てきめんで、リザーバーのバックウォーターとかにもいたりするんで意外と食われてます。そういうルアーがあんまりなかったので、まだまだパワーを感じますね。リーダーレスダウンショットやワッキーで使うことが多いですね」

ワレカラ 2.3(ジャクソン)

[写真タップで拡大]

藤田「引っ張った後のブレーキが結構効くので、サイコロ以前はこれでピシッとジャークしてました。初年度にマスターズを優勝したときの貴重な1本を獲ったのがこのルアーです」

RVドリフトクロー(リボルテージ)&キングドリフトクロー(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

藤田「オフセットのバックスライドはもちろん、順刺しのi字引きなんかも意外とよく釣れますね。特にキングドリフトクローはすごい未知なる可能性を感じていますね」

ブルフラット 3.8(デプス)

[写真タップで拡大]

藤田「神ルアーというものがあるなら、こういうルアーのことですかね。発売以来釣れ続けているのがスゴイ。理由はわからないですけど、僕は素材のもっちり感や塩の配合具合と優しいテールのアクションが効いてるのかなぁと。1.8~2.7のテキサスリグやネイルリグ、ノーシンカーで使うことが多いですね」

ドライブビーバー 3.5(O.S.P)

[写真タップで拡大]

藤田「素材、動き、フッキング率すべてが最高にイイ。カバーにも入りやすいし、よく動くし、こっち系のワームのコレに勝てるのはなかなか難しいと思いますね。4.5inが欲しいくらい神ルアーです」

ミナモ 5(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

藤田「サイトするときは絶対持っていくルアーです。高速でビビビッって引っ張ると急にバスのスイッチが入る替えが効かないワームですね。サイトだけでなく、スピーディーな展開にも使えるのがオススメです」

RV-バグ 1.5(リボルテージ)

[写真タップで拡大]

藤田「これは永久に釣れ続けるタイプのルアーですね(笑)。どんなリグにも対応できて、誰が使っても釣れるっていうのを意識して作った自信作ですね」

デッドスローラー 4.8(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

藤田「めちゃくちゃスローに引けて、カバーから離さずにいいアクションがでます。頭を少し振っているのがキモです。ただ巻きもよし、トゥイッチもよし、とにかく障害物に絡めていけるので便利です」

パインシュリンプ・改(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

藤田「カスミ水系で使うのに4.5inが大きかったので、寸詰めしたらすごくいい感じでした。僕はリーダーレスダウンショットで使うことが多いですね。これのステキなところは3/0のフックが背負えるので、強めのタックルで思い切りフッキングできます」

2ウェイ(レイドジャパン)&Wパイン(仮称)(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

藤田「Wパインはパインシュリンプの頭同士をくっつけたらすごくいい動きが出て、一気にお気に入りですね。ダウンショットシンカーのハリス止めにマス針を通す、『ダイレクトリグ』がボインボインしてオススメ。パワーやアクションの違いでピリピリ系の2ウェイとの使い分けもできますね」

created by Rinker
レイドジャパン (RAID JAPAN)

ロングM(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

細身かつ16inという長さが売りのロングストレートワーム。

藤田「この長さがまずほかにはないですし、水に入れた時のサイズ感がいいです。16inと聞くとちょっと引いちゃう人もいるかもしれませんが、25cmのバスも普通に釣れますよ。リグはネコリグやノーシンカーが多いです」

藤田京弥さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

藤田京弥(ふじた・きょうや)

彗星のごとく現れ、JBのビッグタイトルを総舐めし、本誌対決企画・陸王の記録までもすべて塗り替えた令和の怪物。その勢いはとどまることを知らず、今季から参戦しているアメリカのB.A.S.S.ノーザンオープンでは総合成績2位を獲得。来季からエリートカテゴリーへチャレンジする、日本の最高傑作。

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス