堤防や砂浜でお手軽なショアジギングが楽しめるロッド!『ソルティーステージプロトタイプ スーパーライトショアジギング(アブガルシア)』

昨年秋に10年ぶりのフルモデルチェンジを行った『ソルティーステージプロトタイプシリーズ』は、オカッパリからボートまで幅広いゲーム内容を網羅するカテゴリー内容を誇っている。そんな中でも今回は、バーサタイルに使えてオカッパリアングラーに人気が高い“スーパーライトショアジギング”モデルを、各アイテムの特長を解説しながら紹介しよう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

XSLS-952SL

[写真タップで拡大]

3~15gという軽量リグですらキャスト&コントロールが快適にこなせる、シリーズ中もっともライトなモデル。ティップセクションだけでルアー重量を乗せるのではなく、ブランクス全体の反発力を活かしながら投げられるので、3g程度の“超軽量”ジグでさえも納得の飛距離が叩き出せる。堤防やサーフからサバやショゴなどの小型回遊魚で楽しむのはもちろん、シイラやカツオといったパワフルファイターとも対等に渡り合えるだけのパワーもある。

【スペック】

  • 全長:9ft5in
  • 自重:119g
  • 継数:2
  • 適合ルアー:3~30g
  • 適合PEライン:0.4~1号
  • 適合リーダーライン:~20lb
  • テーパー/アクション:レギュラーファースト

XSLS-1052SL

[写真タップで拡大]

シリーズ中もっとも長い10ft5inのスーパーライトアクションで、SLSで出番が多いとされる15gクラスのメタルジグが扱いやすい設計。国産の全身TAF製法のブランクスだからこそ長尺でも軽快に操作することができ、ハマチやヒラメ、シーバス、カツオとのファイトも余裕を持って楽しむことができる。一方でアジやメバルといったライトターゲット相手に、食わせのゲームを展開できる繊細さも持ち合わせている。

【スペック】

  • 全長:10ft5in
  • 自重:129g
  • 継数:2
  • 適合ルアー:3~30g
  • 適合PEライン:0.4~1号
  • 適合リーダーライン:~20lb
  • テーパー/アクション:レギュラーファースト

XSLS-942SL

[写真タップで拡大]

唯一のベイトキャスティングモデルで、レギュラーファストテーパーを採用することで15gクラスのメタルジグをバックラッシュすることなく、ロングキャストを追求することができる。パワフルかつトルクフルなTAFブランクスは汎用性も高く、メタルジグ以外にもミノーやトップウォーターなどのプラッギングにも威力を発揮。ワラサやカンパチといった不意の大物にも、ベイトタックルならではのダイレクトな巻き上げ力で対応可能だ。

【スペック】

  • 全長:9ft4in
  • 自重:107g
  • 継数:2
  • 適合ルアー:3~30g
  • 適合PEライン:0.5~1.2号
  • 適合リーダーライン:~20lb
  • テーパー/アクション:レギュラー