城ノ上巧さんの亀山ダムロクマル狙い実績ワンドとアウトサイド3大ポイント

50cmオーバーですら夢のまた夢、というアングラーが大半を占める関東のプレッシャーレイク亀山湖において驚くべき頻度で「ロク」を手にしている男がいる。その磨き抜かれた理論とノウハウを春の亀山湖で追う。今回は亀山湖で数々のロクマルを釣り上げてきた城ノ上さんの攻略ポイントをご紹介する。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 イカメタル特集

城ノ上巧さんのプロフィール

城ノ上巧(じょうのうえ・たくみ)

1974年千葉県出身。二十歳を過ぎてからバス釣りをはじめ、高滝湖で開催されているNBCチャプター南千葉では初年度で年間チャンプに。その後ホームグラウンドを亀山湖に移し、「ロクマル」だけを念頭においた独自のパターンを構築。2018年に釣った64cmを皮切りに、これまでに7本の60cmオーバーをキャッチしている。

尊敬する田辺哲男さんに「もはや次元が違う」と言わしめるほどの実力で、今日もでかバスを求め湖上へ繰り出す。好きなビールの銘柄はエビスビール。

【亀山湖】春の有望ポイント

春の3大ワンド

  1. じいさんワンド
  2. トキタワンド
  3. 月毛沢

春といえば「ワンド=スポーニングエリアになるから」と考えるアングラーも多いが、ロクマルを釣るためには特定の条件が必要だ。「チャンネルがしっかりしていて、一定以上の明確な流入がある場所。そこで産むこともあるだろうけど、基本的にはエサを食うためにクルーズしている群れをねらう」

城ノ上さんが亀山湖で初めてロクマルを手にしたのは、2018年の1月だった。連日の爆風続きで「内側に避難しているかも」と考え、月毛沢へ。中央に沈むレイダウンの先にビッグエスケープツインの5gテキサスを投げ、トップで数十秒シェイク。ハングオフさせたところで明確なバイトが出た。「50cm後半は何本も釣ったことがあったけど、この魚はまったく違った。水温が6度台なのにボートのまわりを何周も走られて、ファイト中からロクマルだとわかりました。あのときは本当に嬉しかったなぁ……。オレには一生釣れないんじゃないかと思ってたから(笑)」それ以降、5年間で7本のロクマルをキャッチしたが、いまだに最初の64cmを超えることはできていない。

春の3大アウトサイド

  1. 神社下
  2. 藤林大橋~トキタ間の岩盤
  3. 下清水

「プリスポーンや半プリのメスが捕食行動をとっているときはアウトサイド」目に見える流れが発生していなくても、ボディーウォーターに面したアウトサイド側は要チェックの場所。取材時はおもにギルチャットで1~3m前後をカーブフォール気味に探っていった。

こちらは本湖エリアの「ホテル下」一見わかりづらいが、流れの効くアウトサイドの岩盤として城ノ上さんは捉えている。「みんな春はあまりやらないけど、プリと半プリはけっこう浮くよ」

よりとも島の入り口にある「相川自動車下」は、水中に馬の背状の張り出しが伸びていて立ち木やスタンプが点在。浅いハードボトムなのでスポーニングエリアにもなっている。

取材の後半、雨が降ってから入った「医院下」エリア。奥は行き止まりになっており、浅くて広いフラットにウッドカバーが沈む。「こういうローライトのタイミングにはデカいのがフラットに出てくることがある」

【取材協力】のむらボートハウス

のむらボートハウス

亀山大橋とじいさんワンドのあいだにあるレンタルボート店。東側の小櫃川筋、西側の本湖エリアや笹川方面など全方位にアクセスしやすい。休日はかなり混み合うのでネット予約がオススメ。

項目情報
所在地〒292-0525 千葉県君津市草川原396-1
電話番号0439-39-3020
定休日毎月第2第4木曜日
営業時間1〜2月:7:00〜16:00
3月:6:00〜16:30
4~9月:5:30〜17:00
10月:6:00〜16:30
11〜12月:6:30〜16:00
Webサイトhttp://nomuraboathouse.la.coocanあ.jp/

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。