シマノ×タレックスの大人気偏光サングラス『STL101』&『STL301』を徹底解説【新レンズカラーも登場!】

シマノが偏光グラスを大幅にアップデート。偏光レンズの最大手メーカー・タレックスとのコラボレーションにより、昨年新たなフラッグシップモデルを2タイプリリース。それがチタンフレームモデル『STL101』とスポーツタイプモデル『STL301』だ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

STL101(シマノ)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【STL101 スペック】

  • レンズ:タレックスPPL75
  • レンズカラー:トゥルービュースポーツ、イーズグリーン、ラスターオレンジ(新色)、トゥルービュースポーツシルバーミラー(新色)
  • フレーム幅(ネジ間):138
  • レンズサイズ(参考値):56×34
  • 価格:29,000円(トゥルービュースポーツ、イーズグリーン、ラスターオレンジ)、31,000円(トゥルービュースポーツシルバーミラー)

STL301(シマノ)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • レンズ:タレックスPPL75
  • レンズカラー:トゥルービュースポーツ、イーズグリーン、ラスターオレンジ(新色)、トゥルービュースポーツシルバーミラー(新色)
  • フレーム幅(ネジ間)135
  • レンズサイズ(参考値):58×36
  • 価格:35,000円(トゥルービュースポーツ、イーズグリーン、ラスターオレンジ)、37,000円(トゥルービュースポーツシルバーミラー)

まずは偏光グラスの“命”とも言えるレンズに関してだが、世界でも認められている国内トップのレンズメーカー・タレックス社のレンズを標準装備。

レンズコーティングはハードマルチシングルコートとハードマルチミラーコート(トゥルービュースポーツシルバーミラーのみ)の2種類が用意され、傷付き防止はもちろん撥水性能も大幅に強化されている。

トゥルービュースポーツ(ハードマルチシングルコート) [写真タップで拡大]

トゥルービュースポーツシルバーミラー(ハードマルチミラーコート) [写真タップで拡大]

チタンフレームモデル『STL101』はフロント、テンプル、テンプル芯、そしてクリングスアームに純チタンを、バネヒンジにβチタンを採用した超軽量モデル。βチタンには適度なしなやかさがあり、顔幅が広いアングラーでも快適な着け心地。フレームによる挟み込みで痛みを感じることも抑制されている。また、ノーズパッドアームも同様の役割を果たし、押さえつけても鼻への負担を軽減してくれる。

一方のスポーツタイプモデル『STL301』はフロント、テンプルにナイロン素材を用い、高い遮光性で水中を覗き込むサイトフィッシングには最適。バネヒンジ、クリングスアームにはSTL101同様にβチタンを採用し、長時間の釣りでも挟み込みによる耳元の痛さなどの不快感を軽減。より緻密なゲームへ集中することをアシストしてくれる。

レンズカラーはこれまでトゥルービュースポーツ、イーズグリーンの2モデルであったが、今期は「ラスターオレンジ」「トゥルービュースポーツシルバーミラー」も追加され計4色のラインナップに。さらに全機種ハードケースとグラスポーチもセットされているので、バッグやスーツケースに入れて携帯するときでも安心だ。

チタンモデルか? それともスポーツモデルか? 選ぶのに迷ってしまいそうだが、どうせならレンズのカラー違いで両方とも…というのがベストな選び方かも!?


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。