アブのベイトリール「始める」ならまずはコレ!『レボ5X(アブガルシア)』をインプレッション!

今年度フルモデルチェンジを果たしたアブの大人気ベイトリール「REVO(レボ)」シリーズ。第5世代目を迎える今作はこれまでとは少し毛色が違うラインナップとなっている。今回は新生レボシリーズのなかでも最もベーシックなモデル『レボ5X』をご紹介!

●文:ルアーマガジン編集部

2024 チニング特集

インプレするのは社内随一のレボマニア!福ピンク!!

ルアマガ編集部・フクシゲa.k.a.福ピンク
編集部イチの巨漢。学生時代に使用した初代レボSX以来の近代アブガルシアフリーク。レボの箱がハンバーガーの箱に見えてなんだか嬉しい35歳児。「初代のレボってどことなくガンダムエクシアに似ててかっこいいんです!」

インプレフィールドは関東バサーのオアシス「BRGDポンド」

BRGD POND
群馬県前橋市にあるバスの管理釣り場。大人気アパレルブランド「BASS BRIGADE」が運営するポンドで、水質や餌やりなどに徹底的にこだわっている。まるでため池のような野性味あふれるコンディションのバスたちが、ライトリグからビッグベイトまで様々なルアーに獰猛に襲いかかる! 今回の取材は放流日の前日ということで厳しいコンディションではあったものの、トップウォーターにも連発するなどフィールドのポテンシャルを強く感じることができた。

レボ5X(アブガルシア)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • ギア比:6.7
  • 最大ライン巻取(cm):69
  • 自重(g):204
  • ボール/ローラーベアリング:7/1
  • スプール径(mm):33
  • ラインキャパ(フロロ16lb/PE3号 m):100/120
  • 最大ドラグ(kg):9.1

基本を抑えたハイスペックにノーマルギアという選択肢

こちらのレボ5はシリーズ中、最もベーシックな位置づけとなるモデルです。とはいえそこはレボ5ですから、上位機種にも引けを取らないスペックとなっています。

例えばその重量ですが、レボ5Xはそれ以外の上位モデルと比べて、も10グラム以上も軽量に仕上がっています。また、スプール径も小さくなっており、スプール回転の立ち上がりは上位モデルを上回ることもあるでしょう。さらには唯一のマグネットブレーキを採用しているため、メンテナンス不足や降雨時にブレーキがうまく効かなくなる…なんて自体にも陥りいにくいんです!

レボXはギア比6.7:1のいわゆるノーマルギア。撃ちモノでも巻きモノでも自然に使いこなせるはずです。手にするハードルの低いリールだからこそのノーマルギア。まずはこれひとつで色々な釣りをやってみて、不足に感じた要素をクリアしたリールを選んでいくのがオススメです!

レボ5Xはこんな人にオススメ

  • アブのロープロファイルリールに興味がある
  • ベイトリールデビューしたい
  • 釣りのスタイルが絞りきれない